スマホのセキュリティは必要?”ウイルスバスタークラウド”で何ができるのか分かりやすく解説!

過去1年間、日本では推定合計1,620万人、約7人に1人が何らかのサイバー犯罪を経験しており、被害総額は約320億円にも及ぶと推測されます。(ノートン サイバーセーフティ インサイトレポート 2022より)

主な被害内容
  • フィッシング詐欺
  • アカウント盗難
  • ウイルス感染

日本では、有名企業や金融機関を装ったメールによるフィッシング詐欺の被害が最も多く、他にもIDやパスワードの盗難、アプリやインターネット経由でのウイルス感染などがあります。

ネット詐欺が
とにかく多い!

これらのネット詐欺の手口やウイルスは年々進化・巧妙化しています。どんなに気を付けていても、人間の目だけで様々な新しいタイプの脅威からスマホを守ることは難しいでしょう。

そこで対処法として最も簡単で効果的なのは、セキュリティ対策ソフトの導入です。ソフトの機能を使うことで、未然にネット上の危険をブロックすることができます。

今回は、8つの角度から端末を守るオススメのセキュリティソフト「ウイルスバスタークラウド」をご紹介していきます。

目次

ウイルスバスタークラウドとは

「ウイルスバスタークラウド」は巧妙化する脅威からスマホやパソコンを守る、総合セキュリティソフトです。

スマホにあまり詳しくない方は、気付かずにセキュリティ上危険な操作をしてしまう恐れがあります。

逆にアプリやオンラインショッピングなどを頻繁に利用するような方は、あまりセキュリティ対策への関心が高くないことが多いのですが、ネットを使う機会が多い=脅威も多いことから、スマホをよく使う方にこそソフトの導入を推奨しています。

このような方におすすめ
  • スマホに表示されるメッセージ等の内容を理解できない
  • 製品の設定や操作方法に自信がない
  • ネット詐欺から個人情報や金銭を守りたい
  • PCもスマホもまとめてセキュリティ対策したい方
  • お子様をネット依存やトラブルから守りたい方
  • オンラインショッピングを利用する方

セキュリティ対策ソフトには様々な種類のものがあります。ソフトを選ぶ基準として、知名度・性能・価格・サポート体制などが挙げられます。

無料で利用できるあまり名前が知られていないソフトだと、検出率が低かったり、別のアプリの広告が表示されてスマホの動きに悪影響が出る場合があります。

「ウイルスバスタークラウド」は以下のように、第三者機関から数々の評価を受けており、知名度・信頼ともに実績があります。不明点を問い合わせることができる電話やLINEでのサポート窓口も設けられているので、安心して利用することができます。

BCN AWARD 2021 セキュリティソフト部門で最優秀賞を受賞し、13年連続販売数No1

AV-Comparativesのアンチフィッシングテストで1件も誤検出を出さず、最高位の評価を獲得

AV-TESTのWindows10上でのテストで検出率100%を達成し、ソフトの軽さや操作性についても満点の評価を獲得

青少年の健全育成と福祉の増進をはかる公益社団法人日本PTA全国協議会の推薦を取得

サービス内容

月額料金

マルチデバイス対応:550

好きな組み合わせで3台まで

Android/iOS/Windows/Macに対応

1デバイス対応:330

1台まで

スマホ/タブレットのみ対応(パソコンは対象外)

OS別対応機能
AndroidiOS
iPadOS
WindowsMacChromebook
ウイルス対策××
ネット詐欺対策
プライバシー保護
保護者による
使用制限
×
ファイアウォール
強化
××××
スマホ・パソコン
最適化
××
盗難・紛失対策××
決済方法
  1. キャリア決済
  2. クレジットカード
問い合わせ先

製品に関する問い合わせ

0570-005-220

9:30~17:30(年中無休)

退会に関する問い合わせ

03-6830-0231

10:00~20:00(年末年始を除く)

LINE「ウイルスバスターサポート」

http://tmqa.jp/lineから友達に追加しトーク
9:30~17:30(年中無休)

マルチデバイス対応版は、3台まで設定できて月額550なので、1台当たり約183、1か月(30日)で割ると1日当たり約6という計算になります。毎日約6円でスマホやパソコン安全が守れるのであれば、万が一被害に遭った時の損失を考えると非常にお得ですね。

それではソフトに含まれているサービスの内容を見ていきましょう。今回はモバイル端末(Androidスマホ・iPhone)に絞ってご紹介します。

パソコン向け機能一覧はコチラ

Web脅威対策

※画像は表示イメージです。
機能一覧

不正Webサイトへのアクセスブロック

Google ChromeやSafariなどのブラウザやLINE、Facebookなどのアプリ内のブラウザにおいて危険なサイトにアクセスした際に自動で警告画面を表示し、不正なWebサイトへのアクセスをブロック。AI技術により、新規のフィッシング詐欺サイトへの対策を強化。

Webサイト安全性チェック(iOSのみ対応)

Webサイトの安全性をSafariのアプリエクステンションまたは通知センターのウィジェットを使い手動で確認できる。

QRコードスキャン(iOSのみ対応)

QRコードをスキャンして読み取り先のWebサイトの安全性を判定する。

不正アプリ対策・アプリの安全性チェック

※画像は表示イメージです。
機能一覧

クラウドベースのスキャン(Androidのみ対応)

クラウド上のデータベース Mobile App Reputation Service に問い合わせることで、端末にCPU、メモリ、通信などの負荷をかけることなく最新の情報に基づいたアプリの安全性をチェック。

機械学習型スキャン(Androidのみ対応)

AI(人工知能)技術を活用し、いち早く不正なアプリなのか判別する。また、既存の技術との組み合わせにより、誤検知・過検出を抑制している。

不正アプリのインストール前ブロック(Androidのみ対応)

Google PlayやAPKファイルでアプリをインストールする前にスキャンをして、不正なアプリのインストールを未然に防ぐ。

アプリの権限チェック(Androidのみ対応)

インストールされたアプリが、端末のどのような機能や情報にアクセスし、動作するかをチェックする。

ランサムウェア感染からの復旧支援(Androidのみ対応)

ランサムウェアなどにより端末がロックされた場合に、盗難/紛失時の対策Webポータルより、パスワードのリセットやアプリの停止することで、復旧の支援をする。

ランサムウェアとは

ランサムウェアとは、悪意のあるソフトウェア(スマホを動かすプログラム)の一種です。メールの添付ファイルなどから、ランサムウェアをスマホに侵入させ、データを窃盗し、画面にロックをかけます。「ロックを解除するためには〇〇円支払え」など、脅迫文などで身代金を要求します。

プライバシー保護・SNS対策

※画像は表示イメージです。
機能一覧

SNSプライバシー設定チェック

Facebook、Twitterのプライバシー設定の安全性を判定し、より安全な設定をおすすめしてくれる。面倒な公開設定もボタンをタップするだけで簡単に変更できる。

Wi-Fi安全性チェック

公共のWi-Fiなど、端末の無線LAN接続時に通信内容が盗み見されるなどのリスクを検出し注意を促す。

決済保護モード(Androidのみ対応)

銀行アプリやショッピングアプリなどの利用時に、端末や通信環境・アプリの安全性などを確認し、オンライン取引を安全に行う。

Webサイトの閲覧追跡防止(iOSのみ対応)

Webサイト閲覧時の行動パターンや履歴などの第三者による追跡をCookieやスクリプトを削除することでブロックする。

広告ブロック(iOSのみ対応)

Safariとセーフブラウザにおいて Web ページ内に表示される広告をブロックする。

保護者による使用制限

機能一覧

Webサイトのフィルタリング

あらかじめカテゴリや個別のサイトを設定することで、Webサイトの閲覧時にコンテンツに応じたサイトをブロックする。Android では Google Chrome のみで、iOS では Safari やウイルスバスターモバイル内のブラウザ 「セーフブラウザ」をはじめ、LINE、Facebook などアプリ内のブラウザにおいて利用できる。

アプリの使用制限(Androidのみ対応)

あらかじめ使用を制限するアプリを設定することで、インストールしているアプリの起動を制御できる。

パスワード設定

保護者による使用制限の設定変更にパスワードや、PIN などを設定できる

スマホ最適化

※画像は表示イメージです。
機能一覧

セキュリティ設定チェック

パスワードなど端末の設定などがセキュリティの観点から適切に設定されているかどうかを確認する。

メモリ、バッテリーの最適化(Androidのみ対応)

端末を最適化し、利用できるメモリやバッテリーを改善する。また、不要な機能をオフにしたり、電話専用のモードなどバッテリー消費量を抑えるための設定をする。

アプリの管理(Androidのみ対応)

インストールしているアプリを一覧で管理し、アプリのアンインストールや、ダウンロード済みのファイルの確認が簡単にできる。

通信量のチェック(iOSのみ対応)

モバイルデータ通信、Wi-Fi、ローミングごとに通信量をチェックすることができる。また、指定した通信量を超える前に通知することもできる。

盗難/紛失時の対策

機能一覧

リモートロック・データ消去(Androidのみ対応)

盗難/紛失時の対策Webポータルより、端末のロックやデータを消去する。

端末の捜索・リモートアラーム

盗難/紛失時の対策Webポータルより、端末の位置を地図上に表示したり、アラームを鳴らしたりすることができる。

不正利用者撮影(Androidのみ対応)

ロック解除で指定した回数を超えて間違えた場合、フロントカメラで写真を撮影し指定のメールに送付する。

SIMカード保護(Androidのみ対応)

SIMカードを抜いた際に端末をロックし、端末を落としたり盗まれたりしたときに、端末をロックすることで悪用されることを防止する。

迷惑メッセージ対策

※画像は表示イメージです。
機能一覧

SMS スキャン

メッセージの特徴や含まれるリンクを分析し、危険なメッセージを検出する。Android版では警告を表示、iOS 版では「メッセージ」アプリで別フォルダに振り分ける。

イメージスキャン(iOSのみ対応)

URLを含むメッセージのスクリーンショットを取ることで、その URL を読み取り、ブラウザでアクセスする前に不正なリンクかどうか確認する。

その他

※画像は表示イメージです。
機能一覧

セキュリティレポート

ウイルスバスターモバイルが保護するモバイル端末の保護状況、必要な対策をまとめたセキュリティレポートをアプリ内で参照できる。

アンインストール防止(Androidのみ対応)

パスワード入力しないとウイルスバスターモバイルをアンインストールできないように設定する。

まとめ

今回は総合セキュリティソフト「ウイルスバスタークラウド」について紹介しましたが、いかがでしたか。

「ウイルスバスタークラウド」は機能の使いやすさやサポートが充実しており、初心者の方でも簡単に利用できるので、対策方法に迷っている方には非常にオススメできます。

店頭にいらっしゃるお客様には、セキュリティ=パソコンというイメージを持たれている方がまだまだ多く、スマホへのセキュリティ対策をきちんと行っていない方もいらっしゃいます。しかし世の中ではコロナ禍でネット需要が高まるのに比例し、ネットでの詐欺被害やトラブルは急激に増加しているのが現状です。取り返しのつかない被害に合う前に、対策を行いましょう。.

他にもフォンシェルジュ一押しのセキュリティソフト「WEBROOT」についても記事がありますので、是非合わせてご覧下さい。

セキュリティ対策についてはフォンシェルジュ提携店舗のTOP1でもご案内や設定のサポートをすることができます。自分でセキュリティを選ぶのが難しい・設定するのが不安だと感じる場合は、是非お気軽にご相談下さい!

記事内の表示価格は全て税込です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる