“キッズスマホ”で”LINE”は使える?おすすめ機種と設定方法を紹介!

  • URLをコピーしました!

本サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事の内容は公平中立を保って作成しておりますので安心してご利用ください。

今や連絡手段として必須と言っても過言ではない程に普及したLINE

知人友人間、職場のみならず、ご家族様同士の連絡手段としても利用をされている方は多いのではないでしょうか?

今回はその中でも、

子供との連絡手段としてLINEを利用したい!

キッズスマホではLINEが使えないという話も聞く…実際どうなんだろう?

そんなお子様のために悩める親御様へ向けて、キッズスマホでLINEを使うことができるのかお子様がLINEを使うのにおすすめの機種・設定方法を解説します。

ぜひご覧下さいませ!

目次

『LINE』が使える『キッズスマホ』はあるのか?

LINEが使えるキッズスマホは2022年現時点でもうない

まずお先にみなさまにお伝えをしなくてはいけない大切なことがあります。

LINEが使えるキッズスマホはもうありません。

厳密には、中古品等で存在はしていますが、通信会社での新規受付等は終了しています。

そのため残念ながら『LINE』が使える『キッズスマホ』はないというのが現状の回答になります。

LINEをどうしてもキッズスマホで使いたい!

という場合は、子ども用スマホ【Hamic POCKETにLINEアプリをインストールできるようです。

ただし、LINEアプリ自体にお子さんを危険から守るための万全な仕組みはありませんので、どこまで対策ができるのか事前に調べることをおすすめします。

  • 通信会社で提供している商品ではありません。

普通のスマホをお子様用に設定してLINEを利用する!

キッズスマホがないなら普通のスマホをお子様に持たせるしかありません!

今やお子様用のスマホとは『キッズスマホ』ではなくなり、親御様みなさまが利用されている『スマホ』をお子様向けにどう利用をしていくのか』という形に変わってきています。

補足として、『LINE』には年齢制限があり、利用可能になるのは12歳以上になってからです。

12歳以下のお子様はLINEが利用できませんので注意しましょう!

その上で、お子様との連絡で『LINE』を使うためにはどの方法がオススメなのか、どういった機種がオススメなのかをご紹介させて頂きます。

お子様へ用意するスマホを選ぶときのポイント

LINEを使える『キッズスマホ』がない。

そうなってくると実際にお子様にはどのスマホを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

お子様用のスマホを選ぶ際のポイントは3つあります!

  • 価格
  • 保証
  • iPhoneなのかAndroidなのか

価格

店舗にご相談にくるお客様でも

「お子様に初めて持たせるスマホだとそんなに高価なものはいらない」

という方が経験上多いです。

実際にお子様に持たせるとなると、すぐ壊してしまったり、無くしてしまったり・・。

すぐに新しいスマホが必要になってしまうこともあります。

オススメの価格帯は3万円台の機種です!

3万円台の機種であれば、LINEも問題なく使えますし、簡単なゲームのアプリやYouTubeも使えるのでオススメです!

保証

2つ目は保証に入れるかどうか?です。

お子様にスマホを持たせている方のお悩みで多いのが、スマホの故障や紛失です。

もしお子様が使っているスマホが故障したりなくしてしまったとしても、保証に加入していれば、新しいスマホを購入しなくても大丈夫です!

修理内容にもよりますが、保証加入価格で修理できたり、新品同等品と交換できたりします。

キャリアで購入したスマホであれば、購入と同時に保証に入ることをオススメします。

キャリア以外で購入するスマホは、原則保証の加入が出来ないことが多いです。

また保証はあとから加入をすることができないため、スマホの故障・紛失が不安な方は、より一層キャリアでの購入がおススメです。

iPhoneなのかAndroidなのか?

これはお子様の意見と親御様の意見で決めていただければと思います。

もしお父様とお母様がiPhoneの場合はiPhone。

もしお父様とお母様がAndroidの場合はAndroid。

という決め方でもいいと思います!

親御様と同じにしていただくと、お子様が操作や設定で分からないことがあった時に教えてあげたりすることができます

分からないことがあった時に家族内で解決できるのは非常にいいですよね!

お子様にオススメの機種

上記のことを考えてお子様用のスマホでオススメなのがこちらの3機種です。

Xperia Ace Ⅲ

価格は以下の表の通りです。

通信会社総額分割実質負担
(端末返却時)
ドコモ34,408円初回:1,166円
2~23回:1,151円
最終回:7,920円
26,488円
au33,415円初回~23回:1,145円
24回目:7,080円
26,335円
ワイモバイル31,680円36回:880円
24回:1,320円
31,680円
端末返却時割引なし
UQモバイル33,415円48回(初回):696円(703円)
36回(初回):928円(935円)
24回(初回):1,392円(1,399円)
33,415円
端末返却時割引なし

Xperia Ace IIIはSONYが出しているXperiaシリーズです!

XperiaといえばAndroidの中でも非常に人気の高いシリーズで国産メーカーならではの信頼感があります。

Xperia Ace Ⅲはサイズも非常に持ちやすく、お子様の手でも落としづらいサイズ感です!

Xperia Ace Ⅲをもっと知りたい方はこちらもお読みください!

AQUOS wish

価格は以下の表の通りです。

通信会社総額分割実質負担
(端末返却時)
au26,180円初回969円
2~23回:956円
最終回:4,179円
22,001円
ソフトバンク33,120円690円✕48回
※端末返却時、最大24回分免除
16,560円
ワイモバイル21,960円36回:610円
24回:915円
21,690円
端末返却時割引なし
UQモバイル26,180円48回:545円
36回:727円
24回:1,090円
26,180円
端末返却時割引なし
楽天モバイル29,800円24回:1,241円29,800円
端末返却時割引なし

SHARPが出しているAQUOSシリーズです!

こちらも小さくて軽く、女性やお子様でも持ちやすいデザインとなっております。

また防水防塵対応だけでなく衝撃にも強い構造になっています。

そのためお子様が落としてしまったりした際にも壊れづらいのでオススメです!

かんたんモード搭載で、初心者でも簡単に使えます。

AQUOS wishをもっと知りたい方はこちらもお読みください!

iPhoneSE(第3世代)

価格は以下の表の通りです。

64GB総額分割実質負担
(端末返却時)
ドコモ65,230円23回:1,448円
24回目:31,920円
33,304円
au65,335円23回:1,505円
最終回:30,720円
34,615円
ソフトバンク67,680円1,410円✕48回
※端末返却時、最大24回分免除
33,840円
ワイモバイル67,680円36回:1,880円
24回:2,820円
67,680円
端末返却時割引なし
UQモバイル65,335円48回(初回):1,361円(1,368円)
36回(初回):1,814円(1,845円)
24回(初回):2,722円(2,729円)
65,335円
端末返却時割引なし
楽天モバイル57,800円48回:2,408円
※25ヵ月目に機種変更した場合
残りの24回分の支払いが不要
28,896円

こちらはAppleが出しているiPhoneSE(第3世代)です。

他のiPhoneシリーズと比較すると価格が安く、サイズ感もスマホの中では小さい方です。

「iPhoneシリーズが欲しいけど、10万円程度の機種を子供に持たせるのはちょっと心配・・・」

そんな方におススメですし、お子様が手に持って使われるにも大きすぎず重たすぎず、ご利用頂き安いのかなと思います。

iPhoneSE(第3世代)をもっと知りたい方はこちらもお読みください。

安心してお子様に『LINE』を使ってもらうためには?

本来選択肢としてあったはずの『キッズスマホ』の優れたところは、インターネットの危険からお子様を守るための機能が多く搭載されていることでした。

これによってお子様のご利用に大きな心配をせずに、親御様も安心してお子様へ携帯電話を持たせることが出来ていました。

ただ『スマートフォン』はこれと同じようにはいきません。

自由に様々な機能を利用することができるため『LINE』を利用するにしても危険が伴います

お子様をインターネットの危険から守るために対策をしなくてはいけません。

その代表的な例が『フィルタリングサービス』です。

ですが『LINE』を使う上で、この『フィルタリングサービス』が皮肉にも問題になることが多いです。

『フィルタリング』があると『LINE』が使えない?

『フィルタリング』の設定をされていても『LINE』を使うことはできる

『フィルタリング』の設定をされていても『LINE』を使うことはできます。

ただし、基本的には制限がかかるようになっているため解除設定が必要になります。

『フィルタリング』は、様々なインターネットの危険からお子様を守るための設定です。

そのため『スマートフォン』で利用できる多くのサービスに対して制限が基本的にかかります。

SNSサービスである『LINE』も例外ではなく制限対象です。

ただこの制限は、各通信会社毎に用意されている管理者ページまたは管理者サイトで、個別に『LINE』の制限を解除をして頂くことで利用が可能になります。

なので、お子様を『フィルタリング』で守りながら、ご家族様同士の連絡手段として『LINE』を安心してご利用して頂くことができます!

以下に簡易的にではありますが、各通信会社の『LINE』の制限一覧を図で添付してあります。

少しでも参考になればと幸いです。

『フィルタリング』に関しては他に詳しく解説した記事があるので、合わせてチェックしてみてください!

また機種に最初からついている機能を使ってフィルタリングをかけることもできます。

気になる方はこちらも是非読んでみてくださいね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

大切なお子様のために親御様は沢山のことを考えますよね。

『フィルタリング』は制限が多いとはいえ、お子様を守るためには大切なもの。

安心してお子様と連絡を取り合うためにも欠かせないものです。

設定が複雑だったりと大変に感じる部分も出てくるかもしれませんが安心してください。

携帯ショップでの『フィルタリング』の案内は義務となっているため案内を受けることができます。

大手通信会社であれば、店舗スタッフと一緒に確認をしながら案内を受けることができるのでより安心です。

是非、フォンシェルジュ提携店舗TOP1にご相談ください!!

お近くの店舗は下記ページからご確認いただけます。

最後までお読み頂きありがとうございました!

フォンシェルジュでは、今後もスマホを便利で快適にご利用いただけるよう情報を配信して参ります。

  • ahamoahamo
  • LINEMOLINEMO
  • uq-mobileuq-mobile
  • rakuten-mobilerakuten-mobile
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次