不要なオプションは解約しよう!確認方法と解約方法をご紹介!

あなたのスマホ代、突然高くなったのはなぜ…?

どうしてこんなにスマホ代が高くなっているの〜!?

と驚いた経験はありませんか?

それは、知らず知らずのうちに付けていた不要なオプションが原因かもしれません!

例えば

キャンペーンを使用する為にオプションをつけて解約し忘れていた

1ヶ月は無料だったけどそれ以降は有料になるのを知らなかった

見覚えのないオプションがついていた

などの声を多く聞くことがあります。

そこで本記事ではau・docomo・SoftBankのオプションについての詳細と、オプションの解約方法について解説していきます!

目次

そもそもスマホのオプションって何?

あなたは自分自身や家族がどのようなオプションをつけていて、それぞれの金額がどれくらいかをきちんと把握できていますか?

もちろんオプションの中には必要なものもあります。

しかし

内容がよくわからないし、お店の人が言うから〜

と不要なオプションを付けてしまっているケースがあり、その分損をしている可能性があるのです。

少しでも節約をするために不要なオプションがどのようなものか、また不要オプションの消し方(解約方法)を一緒に見ていきましょう!

スマホのオプションの種類は大きく分けて以下の4種類があります。

  1. 端末に関するオプション
  2. 通話に関するオプション
  3. セキュリティに関するオプション
  4. キャリア独自のオプション

上記4種類を3大キャリアを例にとり、オプション名と金額を表にしてみました。

①端末に関するオプション

店舗で契約するとスマホの保証についての案内が必ずあると思います。

保証サービスに加入すると、スマホが壊れてしまった時の修理代金が安くなります

また、キャリアによって異なりますが、新品同等品と交換できるサービスなどがあります

スマホの保証が不要な場合は外すことを検討しましょう。

各キャリアの保証の料金は以下の通りです。

キャリアオプション名月額料金
au故障紛失サポート418円
〜726円
故障紛失サポート
with Apple Care Services
& iCloud+
854円
〜1,663円
docomoケータイ補償サービス363円
〜1,100円
SoftBankあんしん保証パック715円
〜1,309円
※全て税込み

②通話に関するオプション

続いては通話に関するオプションです。

通話のオプションを付けることによって、通話料金に割引が入ります

各キャリア金額の安い方は1回5分以内の電話が何回でもかけ放題で、高い方は24時間かけ放題のオプションです。

オプションに加入していない場合の通話料は22円/30秒です。

各キャリアの通話オプションは以下の通りです。

キャリアオプション名月額料金
au通話定額ライト770円
通話定額1,870円
docomo5分通話
無料オプション
770円
かけ放題
オプション
1,870円
SoftBank準定額
オプション+
880円
定額
オプション+
1,980円
※全て税込み

au、ドコモの場合

通話時間目安料金
17分748円
42分1,848円

1ヶ月で17分以上通話をする方は、5分以内の通話かけ放題オプションに加入しておいた方がお得と言えるでしょう。

また5分以上の電話が1ヶ月で42分を超える方は24時間のかけ放題オプションに加入しておいた方がお得です。

SoftBankの場合

通話時間目安料金
20分880円
45分1,980円

1ヶ月で20分以上通話をする方は、「準定額オプション+」に加入しておいた方がお得です。

また5分以上の通話が1ヶ月で45分を超える方は「定額オプション+」に加入しておいた方がお得です。

③セキュリティに関するオプション

スマホのセキュリティに関してのオプションです。

悪質なwebページに接続する際に警告を出してくれたり、危険なWi-Fiに接続した時にお知らせをしてくれます。

保証オプションや通話オプションは初月から料金がかかりますが、セキュリティに関するオプションは初月が無料です

そのため、お試しで加入して、そのままになってしまっている方も多いのではないでしょうか?

セキュリティも必要なければ解約を検討しましょう。

ただ、設定していればウイルスや迷惑メール・詐欺被害などを未然に防いでくれます。

キャリア名オプション名月額料金
au安心ネット
セキュリティ
330円
ご利用初月無料
docomoあんしん
セキュリティ
220円
初回31日間無料
SoftBankセキュリティパック
プラス
660円
初回1ヶ月無料
※全て税込み

もし、外してしまっても良いのか不安な場合はお店で相談してみましょう。

④キャリア独自のオプション

その他にもキャリアごとに独自のオプションがあります。

こちらは多くの種類があるため、各キャリアごとにお客様がよく加入されているオプションをご紹介させていただきます。

au

スクロールできます
オプション名月額料金内容
auスマートパス409円
新規受付終了
ウイルスバスターや登録されている
アプリが使い放題
auスマートパス
プレミアム
548円
初回30日間無料
スマートパスのサービスに加えて
データお預かりサービスや
パス系のサービスが利用できる
TELASA
(ビデオパス)
618円
初回2週間無料
テレビ朝日の作品や
人気アニメ・映画などが見放題
ブックパス418円〜618円
初回30日間無料
スマホやタブレット・PCで
電子書籍が読める
うたパス330円〜980円
初回30日間無料
7,000以上のプレイリストを
再生できる音楽聴き放題
使い方サポート649円初期設定のサポートや
遠隔サポートを受けられる
自転車サポート550円自転車のロードサービスや事故の際に
電話対応サポートが受けられる。
生活の電話相談も可能。
※全て税込み

パス系オプション

auはスマートパスをはじめとした「〜パス」というオプションが存在します。

パス系のサービスは初回無料があるので、お試しで加入して、解約し忘れてしまう方が多いです。

利用していなければ解約を検討しましょう。

使い方サポート

データ移行のサポートなどもしてくれるサービスです。

機種変更した際にデータ移行のサポートを受けて、解約し忘れてしまう方が多いです。

またはじめてのスマホ購入の際にご一緒にご加入される方も多いと思います。

スマホの操作に慣れて、サービス自体を利用していない場合は解約を検討しましょう。

自転車サポート

お住まいの市区町村によっては自転車保険の加入が必須と定められているところもあるかと思います。

もう自転車に乗らない場合や、引っ越しで自転車保険の加入が必要無くなった場合などは解約を検討しましょう。

ただ、1人加入していると家族全員適用になるため、ご家族が自転車を利用している場合などは解約の際に注意が必要です。

docomo

スクロールできます
オプション名月額料金内容
スゴ得コンテンツ418円200種類のアプリやお得なクーポンを
定額で使い放題
クラウド容量
オプション
110円~440円データ保管BOXおよびdフォトにおいて
お客様のデータを無料5ギガ分から
必要に応じて追加可能
いちおしパック550円
初回31日間無料
スゴ得コンテンツ・クラウド容量オプション
mydaiz/iコンシェルをまとめて利用
エンタメ
いちおしパック
660円
初回31日間無料
いちおしパックに110円追加で
映画、ドラマやアニメ、雑誌の
エンタメオプションを追加したパック
デジタル機器
補償サービス
550円
初回31日間無料
ドコモが提供しているインターネットに繋がる
ご家庭のデジタル機器が故障・破損した際
修理や代替品の提供を行うサービス
ネット
トータルサポート
550円
初回31日間無料
通信に繋がる機器のあらゆるシーンに
ドコモがサポート
ネットワーク
セキュリティ
385円
初回31日間無料
“PCセキュリティ”と”光ルーターセキュリティ”
が利用できるサービス
※全て税込み

いちおしパック/エンタメいちおしパック

ドコモは「安心・便利・お得」なオプションをそれぞれで案内しており、それらをまとめてパックでご案内もしています。

「スゴ得コンテンツ」「my daiz/iコンシェル」「クラウド容量オプション」の中で2つ以上利用するのであれば、いちおしパックに変更して頂く方がお得です。

もし1つしか利用がなければ単体でオプションを利用できるように変更することをおすすめします。

プラス110円で「dアニメストア・dTV・dマガジン」も利用可能です。

「dアニメストア」「dTV」は動画サービスです。

他社の動画サービスであるNetflixは通常月額990円〜、Amazon Prime Videoは月額500円なので、いちおしパックに追加で利用する方が、他社の動画サービスを利用するより料金を抑えられ、お得に使えます。

ただ取り扱いしている作品に差がありますので、注意が必要です。

「dアニメストア・dTV・dマガジン」自体を利用していなければ解約を検討しましょう。

SoftBank

スクロールできます
オプション名月額料金内容
とく放題(M)649円
1ヶ月無料
大特価SALEやコンビニ人気商品
抽選プレゼントと生活のお得サービス
ブック放題550円
月1ヶ月無料
雑誌・漫画・書籍などの
電子コンテンツの閲覧サービス
アニメ放題440円
月1ヶ月無料
3,400作品を超えるアニメが
見放題のサービス
AppPass407円
月1ヶ月無料
NAVITIMEなど、複数の指定有料アプリが
無料で利用できるサービス
基本パック550円
月1ヶ月無料
迷惑電話ブロックなど11個のオプションが
セットになったオプション
※全て税込み

とく放題(M)

色々な割引のクーポンや、コンビニの商品を抽選でもらえたりするサービスです。

割引されている金額が、月額料金の649円を超えていれば継続加入した方がお得になります。

ただ、特に使ってなかったり、割引金額がコンテンツの月額料金を超えていない場合は解約を検討しましょう。

AppPass

こちらはAndroid専用のオプションです。

NAVITIMEなど、通常だと月額料金がかかる機能も無料で利用できるようになるオプションです。

専用のダウンロードページからアプリをダウンロードする必要があります。

こちらも利用していない場合は解約を検討しましょう。

基本パック

こちらは2020年3月11日をもって新規受付を終了したオプションです。

迷惑電話ブロックなど、以下表中のオプションがセットになって550円で利用できるオプションです。

こちらはセットになっているので、計算が必要です。

実際に使っているオプションの合計額が550円を超える場合は継続した方がお得ですが、超えない場合は、使っているオプションだけを単体で契約しましょう。

オプション月額料金
迷惑電話ブロック330円
セキュリティチェッカー385円
スマートセキュリティー
詐欺ウォール
330円
詐欺ウォール132円
留守番電話プラス330円
位置みまもりマップ220円
一定額ストップサービス110円
グループ電話220円
割り込み通話220円
紛失ケータイ捜索サービス無料
※個別で加入不可
安心遠隔ロック無料
※個別で加入不可

不要オプションの加入状況の確認方法

  • キャリアごとにどういったオプションがあるのか
  • オプションを解約する判断基準

などは理解いただけましたでしょうか?

ですが、そもそも自分がどのようなオプションにお金を払っているのかわからない!という方もいるのではないでしょうか?

キャリアのポータルサイトで加入しているオプションを確認しましょう!

また、店舗やコールセンターでも確認ができます。

もしスマホからの確認が難しい方は実際に店舗に行くことをオススメします。

各種ポータルサイトへのアクセスはこちらからできます。

不要オプションの解約方法

3大キャリアごとに不要オプションの解約方法をまとめてあるので、こちらを参考にして手続きを行ってみてください!

au

①電話で解約

電話サービスの157を使って、現在加入しているオプションの確認と解約を行うことができます。

②My auで解約

STEP
My auへログイン
STEP
My au内の人型のマークをタップ
STEP
ご契約中のプランの確認・変更をタップ
STEP
オプションサービスをタップ
STEP
不要オプションの横にある「変更」をタップ
STEP
不要オプションの「廃止する」にチェックし「同意して次に進む」

docomo

①電話で解約

電話サービスの113を使って、現在加入しているオプションの確認と解約を行うことができます。

②My docomoで解約

STEP
My docomoログイン
STEP
「お手続き」をタップ
STEP
解約する不要オプションが決まっている場合はキーワードを入力の箇所に不要オプション名を入力する。

または下にスクロールしてカテゴリの欄から不要オプションを探す。

STEP
解約する不要オプションの右横にある黄色のボタンをタップ
STEP
お手続きするをタップ
STEP
解約するを選択し次へ進み、内容を確認し完了

SoftBank

①電話で解約

カスタマーサポート157を使って、現在加入しているオプションの確認と解約を行うことができます。

②My SoftBankで解約

STEP
My SoftBankでアプリを起動
STEP
「照会・設定」をタップ
STEP
「プラン・オプション」をタップ
STEP
「オプション」をタップ
STEP
「オプションを追加・解除する」をタップ
STEP
追加または解除したいオプションを選択し、「変更内容を確認する」をタップ
STEP
「同意して申し込む」をタップ

まとめ

本日は「オプションとは何か」「不要オプションを解約する方法について一緒に見ていきました。まずは、不要なオプションがあるかどうかの確認をしましょう!

  • auの場合は、電話サービスの「157」を使用するか、My auにログインをして確認をしましょう。
  • docomoの場合は、電話サービスの「113」を使用するか、My docomoにログインをして確認をしましょう。
  • SoftBankの場合は、電話サービスの「157」を使用するか、My SoftBankにログインをして確認をしましょう。

フォンシェルジュ提携店舗のTOP1では、加入中のオプションが本当に必要なものなのか判断が難しい場合や、オプションの解約方法が分からないなどのご相談にも対応しております

お困りの際は是非お気軽にご相談ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる