【10社検証!】速いのはどこ?格安スマホの速さ比較ランキング

格安スマホ(SIM)会社は年々増えています。

月額料金は安いものが多いけれど、通信速度が遅いと困っちゃいますよね…

今回は数ある格安スマホ(SIM)会社の中から通信スピードが早いものをランキング形式で解説していきますので、ぜひ参考にして下さい!

目次

格安スマホの通信の仕組み

格安スマホ(SIM)は通信が安定していない、通信速度が遅いと言われがちなのですが、格安スマホ(SIM)の仕組みとして大手3社(ドコモ・au・SoftBank)の回線を借り受けて通信をしており、独自の回線を持っている会社はありません

例外は楽天モバイルです。元々は格安スマホ(SIM)の楽天モバイルも上記の3社の電波を借り受けて通信をしていましたが、2020年4月8日に独自の電波を利用した通信を開始し第4のキャリアになりました

ただ電波が届くエリアを現在進行形で拡大中のため、他の3社のように電波を貸すという行為は現時点ではおこなっておりません。

では、なぜ格安スマホ(SIM)会社は(ドコモ・au・SoftBank)の回線を借り受けて通信をしているのに遅いと言われるのでしょうか?

理由は、各社の回線の一部を借りて、利用者で分け合いながら使っているという仕組みだからです。

大前提として、スマホの通信回線というのは利用者が多くなればなるほど遅くなっていきます。

道路と同じで、通信が渋滞してしまうからです。

回線を他社に貸すということは利用者が増えることにも繋がります。

回線の一部を貸しているドコモ・au・SoftBankには自社の利用者がいます。

自社の利用者の通信速度が遅くなってしまう程の、回線を貸すという事は考えづらく、この3社と比べるとどうしても劣ってしまう傾向にあります。

今回の検証方法

早速各社通信のスピードの比較・解説を行っていきたいと思います。

今回の計測方法は「みんなのネット回線速度(みんそく)」というネット回線スピード計測サイトを元にした統計に基づき解説をさせて頂きます。

この(みんそく)というサイトは一般の利用者が現在のスマホの環境でどの程度スピードが出ているかを測る事ができるのですが、最大の特徴はその結果が誰からでも見れるようになっているという点です!

今回提示をする速さの数字は”平均値”です。

日本全国の一般利用者が様々な環境下で計測をしてくれているので、私が限定された地点で計測をするよりも統計学的で信頼のおける数字かと思います。

速さの判断基準の説明

スマホの回線のスピードは「Mbps=メガバイトパーセカンド」という単位で表すのですが、これは”1秒あたり何メガバイトデータのやり取りできるか”という事を表します。

1000メガバイト=1ギガ

一般的に20Mbps〜30Mbpsの速度があれば、YouTube等の高画質(フルHD)動画を快適に視聴するには十分と言われており、ニュースサイトなどの文字がメインのサービスは5Mbps〜10Mbpsあれば快適に視聴できると言われております。

速さランキング(2022年8月4日時点)

スクロールできます
順位会社名ダウンロード
スピード
アップロード
スピード
利用回線最安プラン
1位J:COM MOBILE81.32Mbps11.94Mbpsドコモ
au
1GB
1,078円
2位ペンギンモバイル81.32Mbps 13.63Mbpsドコモ3GB
1,760円
3位LinksMate72.96Mbps12.18Mbpsドコモ100MB
(0.1GB)
517円
4位スターモバイル71.88Mbps13.33Mbpドコモ
au
30GB
5,346円
5位OCN モバイル ONE68.66Mbps 11.56Mbpsドコモ500MB
(0.5GB)
550円
6位Y!mobile65.01Mbps16.11MbpsSoftBank3GB
990円
※1
7位UQ mobile53.56Mbps10.29Mbpsau3GB
990円
※2
8位イオンモバイル53.52Mbps14.24Mbpsドコモ
au
1GB
780円
9位LINEMO49.71Mbps
13.4MbpsSoftBank3GB
990円
10位IIJmio48.3Mbps11.23Mbpドコモ
au
2GB
850円
※1 家族割またはおうち割加入時の料金
※2 自宅セット割でんきコースまたはインターネットコース加入時の料金

ダウンロード=受信の際の通信速度

アップロード=送信の際の通信速度

1位 J:COM MOBILE

  • 平均ダウンロード速度: 81.7Mbps
  • 平均アップロード速度: 11.94Mbps
  • 利用回線:ドコモ・au

映えある第1位はJ:COM MOBILEでした!

J:COM MOBILEはAプランというau回線を利用したプランとDプランというドコモ回線を利用した2つのプランから選択ができるようになっているのですが、今回はこのAとD2つのプランの合同平均値です!

なかなか速いスピードです!

通話+データ(インターネット)通信セット最安提供価格

1GB 1,078円

2位 ペンギンモバイル

  • 平均ダウンロード速度: 81.32Mbps
  • 平均アップロード速度: 13.63Mbps
  • 利用回線:ドコモ

ペンギンモバイルは現時点ではまだまだマイナーな格安スマホ(SIM)会社ですが、高水準な通信速度を誇っています。

ペンギンモバイルは「一般社団法人日本自由化事業協会」が2015年11月より提供をしている格安スマホ(SIM)会社です!

通話+データ(インターネット)通信セット最安提供価格

3GB 1,760円

3位 LinksMate(リンクスメイト)

  • 平均ダウンロード速度: 72.96Mbps
  • 平均アップロード速度: 12.18Mbps
  • 利用回線:ドコモ

LinksMate(リンクスメイト)もまたメジャーな格安スマホ(SIM)会社ではなく、初めて耳にするという方も多いかもしれません!

リンクスメイトは、大手ゲーム会社「Cygames(サイゲームズ)」の子会社である

「LogicLinks」が運営している格安スマホ(SIM)会社です。

親会社がゲーム会社なだけにプランにも特徴があり、Twitterやインスタグラムを含めた248のゲームアプリ、ゲームサイト、ネットコンテンツがギガ消費の対象外となる「カウントフリーオプション(550円/月)」というオプションを提供しています。

通話+データ(インターネット)通信セット最安提供価格

100MB(0.1GB) 517円

4位 スターモバイル

  • 平均ダウンロード速度: 71.88Mbps
  • 平均アップロード速度: 13.33Mbp
  • 利用回線:ドコモ・au・SoftBank(モバイルルータのみ)

スターモバイルの特徴はモバイルルーターながらドコモ・au・SoftBank3社全ての回線を所有している点です。

ただし、それ以外は特に目立った特徴はないように感じます。

通話+データ(インターネット)通信セット最安提供価格

30GB 5,346円

5位 OCN モバイル ONE

  • 平均ダウンロード速度: 68.66Mbps
  • 平均アップロード速度: 11.56Mbps
  • 利用回線:ドコモ

OCN モバイル ONEの最大の特徴はドコモショップで申し込みができる点です。

格安スマホ(SIM)の最大の特徴である”ネット限定”という常識を覆したサービスです。

ドコモショップにて”申し込み受付をしている”だけであり、”ドコモ”のプランというわけではないので、ドコモと全く同じサービスを受けられるということはないのでご注意ください。

通話+データ(インターネット)通信セット最安提供価格

500MB(0.5GB) 550円

6位 Y!mobile

  • 平均ダウンロード速度: 65.01Mbps
  • 平均アップロード速度: 16.11Mbps
  • 利用回線:SoftBank

ここで初めて大手3社の1つのSoftBankのサブブランドにあたるY!mobileが登場です。

最大の特徴は店舗型であることです。

低価格を提供しつつもショップで操作案内やプラン相談などといったサポートを受けることが可能です!

通話+データ(インターネット)通信セット最安提供価格

3GB 990円

1 家族割またはおうち割加入時の料金

7位 UQ mobile

  • 平均ダウンロード速度: 53.56Mbps
  • 平均アップロード速度: 10.29Mbps
  • 利用回線:au

6位のY!mobileに続きUQ mobileも大手3社の1つのauのサブブランドにあたります。

サブブランドなだけに特徴はY!mobileと似ており、格安スマホ(SIM)にも関わらず店舗型であり、スタッフのサポートを受けられます

通話+データ(インターネット)通信セット最安提供価格

3GB 990円※2

※2 自宅セット割でんきコースまたはインターネットコース加入時の料金

8位 イオンモバイル

  • 平均ダウンロード速度: 53.52Mbps
  • 平均アップロード速度: 14.24Mbps
  • 利用回線:ドコモ・au

イオンモバイルもまた店舗で申し込みができるという特徴を持っています。

携帯電話コーナーを保有する全国のイオンで申し込みが可能なので、生活圏内の中で気軽にお申し込み、相談ができます!

通話+データ(インターネット)通信セット最安提供価格

1GB 780円

9位 LINEMO

  • 平均ダウンロード速度: 49.71Mbps
  • 平均アップロード速度: 13.4Mbps
  • 利用回線:SoftBank

LINEMOは元々「LINE mobile」という社名でしたが、ドコモのahamo、auのPOVOに対抗する形でグループ会社のSoftBankに事実上の吸収をされる形で誕生しました。

最大の特徴は追加料金なしの「LINEギガフリー」で、LINEトーク・LINE通話・ビデオ通話をいくら利用してもギガが減らないというものです。

通話+データ(インターネット)通信セット最安提供価格

3GB 990円

10位 IIJmio(みおふぉん)

  • 平均ダウンロード速度: 48.3Mbps
  • 平均アップロード速度: 11.23Mbp
  • 利用回線:ドコモ・au

IIJmioは格安スマホ(SIM)の中でも古参の会社でなんと2014年3月からサービスを提供しています。

キャリアが長いというのはそれだけ満足度のあるサービスやプランを提供してきたという意味なので安心感があると思います。

通話+データ(インターネット)通信セット最安提供価格

2GB 850円

全社共通の通信速度の低速化例

ランキング内のどの格安スマホ(SIM)会社もストレスを感じない速さで利用ができるのではないかと感じます。

ただし、格安スマホ(SIM)の会社でも大手キャリアでもスマホは様々な要因から低速になってしまう可能性があるので注意が必要です。

全社共通の通信速度の低速化例

時間帯

お昼休みや、19時以降の仕事や学校が終わり、利用が集中する時間帯は通信速度が遅くなってしまいます。

エリア集中

同じ電波を利用している利用者が近い範囲で大量の通信をしている場合、通信が渋滞して速度が遅くなってしまいます

高速移動

電車や車などの高速移動時、スマホが受け取る電波を発する電波塔のエリアを都度自動的に切り替えるので、通信速度が遅くなってしまいます。

極度の利用者密集地

イベント会場などに一時的極度な密集利用があると、電波を全員で分けることが追いつかず通信速度が遅くなってしまいます。

携帯会社の利用者の数

利用者が増えると、分けられる電波が少なくなってしまい、通信が渋滞して、通信速度が遅くなってしまいます。

必ず通信速度が遅くなる訳ではありませんが、通信速度が遅くなってしまった場合は上記例を疑いましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回ランキング形式で紹介をした10社であればストレスなく利用できるのではないかと考えます。

ただやはりネット完結というのには抵抗があったり、

数字上は速いかもしれないけど、実際に使った感覚はどうなんだろう?

という疑問や不安がありましたら是非ともフォンシェルジュ提供店舗のTOP1でご相談ください!

フォンシェルジュ提携店舗では、ユーザーの皆様にピッタリのスマホや料金プランを選んでいただくためのご提案やサポートをしているだけでなく、スマホの操作やサポートをしております!

是非お気軽にお越しくださいませ。

今後もスマホをより便利に利用できるよう情報を発信していきますので、これからも宜しくお願い致します!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次