ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えるデメリット9選!乗り換え手順やタイミングも!

ワイモバイル から楽天モバイルに乗り換えるデメリット9選!乗り換え手順やタイミング
  • URLをコピーしました!

本サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事の内容は公平中立を保って作成しておりますので安心してご利用ください。

月額料金が安く、データ容量無制限で使えることで人気の楽天モバイル。

現在ワイモバイルを使っている人の中でも、楽天モバイルへの乗り換えを検討している方も多いのではないでしょうか?

でも、ワイモバイルから楽天モバイルへ乗り換えた後、後悔するのは嫌ですよね?

そこで今回は、ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換える際のデメリットを9つ紹介させていただきます。

また、ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えるデメリットの他にも、以下内容について詳しく解説しています。

  • ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えるメリット
  • ワイモバイルから楽天モバイルへの乗り換え手順
  • ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えるおすすめのタイミング
  • ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換える際に使えるキャンペーン

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えるデメリット

まずはワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えるデメリットは以下の9つです。

ワイモバイルから
天モバイルに乗り換えるデメリット
  • 通信エリアが異なるので、繋がりが悪くなる可能性がある
  • データの繰り越しができない
  • ワイモバイルよりも店舗数が少ない
  • 現在使っているワイモバイルの端末が使えない場合がある
  • 家族割引サービスの割引金額が少なくなる
  • おうち割(インターネット割)が適用されない
  • ワイモバイルのキャリアメールを引き継ぐ場合は有料
  • LYPプレミアムが特典が使えなくなる
  • iPhoneのApp Storeでキャリア決済が使えない

では、1つずつ詳しく解説していきます。

通信エリアが異なるので、繋がりが悪くなる可能性がある

ワイモバイルと楽天モバイルは、通信エリアが異なるため、利用しているエリアによっては通信速度が遅くなったり、電波が悪くなる可能性があります。

ワイモバイルは、ソフトバンクの回線を利用しているため、繋がるエリアが非常に広く、全国的に通信が安定しています。

一方、楽天モバイルは、新しくできたキャリアということもあり、エリアがワイモバイルに比べると狭いです。

楽天モバイルも47都道府県で通信が可能ですが、主要都市以外の地域などではまだ繋がりづらいという場所もあるようです。

自分が利用する場所が楽天モバイルのエリア内か確認したい場合はこちら

また、楽天モバイルはプラチナバンドを提供していません。

プラチナバンドは、障害物に強い電波なのですが、楽天モバイルでは「まだ」プラチナバンドを利用できないので、屋内や地下鉄などで繋がりづらさを感じるかもしれません。

データの繰り越しができない

楽天モバイルは、利用したデータ量によって月額料金が変動するプランのため、データの繰り越しができません。

そのため、ワイモバイルのように「来月はデータ量を多く使う予定だから、今月は節約しよう」というような賢い使い方ができなくなってしまいます。

ワイモバイルよりも店舗数が少ない

ワイモバイルは、全国に約2,400店舗ありますが、楽天モバイルは全国に約500店舗程度しかありません。

そのため、店舗ですぐに聞きたいことがあっても、ワイモバイルのように、自宅の近くや、通いやすい場所にない可能性があります。

そのため、よく携帯ショップに色々聞きに行っているという方は、事前に楽天モバイルのショップがあるか、事前に確認しておくことをおすすめします。

現在使っているワイモバイルの端末が使えない場合がある

ワイモバイルと楽天モバイルは、対応している端末が異なるため、現在ワイモバイルで利用している端末が使えない可能性があります。

もしも現在使っている端末が、楽天モバイルで利用できないという場合は、楽天モバイルに対応した端末の購入が必要です。

そのため、ワイモバイルで使っている端末をそのまま使う予定の方は、事前に楽天モバイルでも利用できるか確認しておきましょう。

楽天モバイルの対応機種はこちら

家族割引サービスの割引金額が少なくなる

ワイモバイルでは、利用している家族が2人以上いると、2回線目以降は毎月1,100円の割引が適用されます。

しかし、楽天モバイルの家族割引サービス「最強家族プログラム」は、割引額が110円/月です。

月額料金が元から安いのでこれでもお得なのですが、ワイモバイルと比較すると、ちょっと割引金額が少なく感じてしまいますよね…。

おうち割(インターネット割)が適用されない

現在ワイモバイルを使っている方で、SoftBank光やSoftBank Airを使っている方は「おうち割光セット(A)という割引が適用されています。

割引額はプランによって変動しますが、ワイモバイルを利用している家族最大10人まで、1,100円~1,650円/月の割引がされ、とてもお得です。

しかし、楽天モバイルに乗り換えをした後は、特に割引が適用されません。

ワイモバイルのキャリアメールを引き継ぐ場合は有料

現在ワイモバイルのキャリアメールを使っていて、楽天モバイルに乗り換えた後もワイモバイルのキャリアメールを使いたいという場合、月額料金が330円かかってしまいます。

そのため、楽天モバイルの月額料金にプラスして、キャリアメール引き継ぎ料金の330円も加味して、どちらの方が安いか検討しましょう。

また、楽天モバイルに乗り換えたタイミングで、「Gmail」など無料のメールサービスを利用するのもおすすめです。

LYPプレミアムが特典が使えなくなる

LYPプレミアムとは?

ワイモバイルユーザーが無料で使える、LINEやPayPayなどのサービスを、お得に便利に使えるサブスクサービスです。

LYPプレミアムの特典内容は、大きく分けると「LINE系の特典」と「PayPay・Yahoo!系の特典」の2つに分けられます。

特典内容は以下の通りです。

LINE系の特典

  • LINEアルバムに動画・写真をオリジナル画質で保存可能
  • 1つのアルバムにつき、5分以内の動画を最大100個まで追加できる
  • 追加した動画はLYPプレミアムに加入していない友達も見ることができる
  • 1,200万種類以上のスタンプが使い放題
  • LINE通話の着信音・呼び出し音に好きな音楽を設定できる
  • LINEアプリのフォントを変更できる

【PayPay・Yahoo!系の特典】

  • 会員限定のPayPayクーポン
  • Yahoo!ショッピング・LOHACOのお買い物でPayPayポイント+2%
  • 毎週日曜日はYahoo!ショッピングでのお買い物でPayPayポイント+15%
  • Yahoo!オークションのシステム利用料が1.2%お得に
  • Yahoo!かんたんバックアップで、スマホのデータを容量無制限でバックアップ可能
  • ebookjapanで、電子書籍を購入すると最大25%ポイントが貯まる
  • Yahoo!トラベル宿泊予約で最大5%ポイントが貯まる など

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換える場合、これらの特典は全て使えなくなってしまいます。

継続してLYPプレミアムを利用したい場合は、楽天モバイルに乗り換えたあと、LYPプレミアムに加入手続きをする必要があり、月額料金508円が別途でかかってしまいます。

iPhoneのApp Storeでキャリア決済が使えない

楽天モバイルはiPhoneのApp Storeでキャリア決済が利用できません。

そのため、ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えした後は、App Storeでの支払いにクレジットカードなどを登録する必要があります。

App Storeでのアプリ購入や、課金をキャリア決済していた人は注意しましょう。

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えるメリット

まずはワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えるメリットは以下の7つです。

ワイモバイルから
楽天モバイルに乗り換えるメリット
  • 割引なしでも月額料金が安い
  • データ容量無制限で使える
  • Rakuten Linkを使えば、国内通話が無料
  • 事務手数料や解約金、乗り換え手数料が無料
  • 楽天ポイントが貯まりやすくなる
  • 最新のiPhoneシリーズを購入できる
  • 海外でも無料で2GB利用できる

割引なしでも月額料金が安い

ワイモバイルは、基本月額料金が楽天モバイルと比較して高く、様々な割引を適用させることによって、楽天モバイルと同等の月額料金になります。

実際に両社の月額料金を見てみましょう。

スクロールできます
楽天モバイル
「Rakuten最強プラン」
ワイモバイル
「シンプル2」
~3GB3GB
~20GB
20GB
~無制限
4GB20GB30GB
月額
基本料金
1,078円2,178円3,278円2,365円4,015円5,115円
インターネット
割引
-1,100円-1,650円
家族割引110円-1,100円
※2回線目以上
カード割-187円
割引後
合計金額
968円2,068円3,168円1,078円2,178円

総データ利用量
1GB以下なら
1,078円
3,278円

総データ利用量
1GB以下なら

1,078円

総データ利用量
1GB以下なら
1,078円

※価格は税込
※インターネット割引と家族割引は併用不可

ワイモバイルは、各種割引を適用しない場合、最低月額料金が2,365円なのに対し、楽天モバイルは1,078円で使えます。

楽天モバイルは、利用するインターネット回線などを気にせず利用できるので、インターネット回線選択の自由度が高い点も嬉しいですね。

データ容量無制限で使える

ワイモバイルの場合、一番データ容量が多いプランで30GBですが、楽天モバイルはデータ容量無制限で使えます。

さらに、データ容量無制限で使っても、ワイモバイルの30GBプランより安いです。

ワイモバイルの30GBプランで、データが足りないという方は、楽天モバイルがおすすめです。

Rakuten Linkを使えば、国内通話が無料

ワイモバイルの場合、通話オプションを契約しないと、通話料は22円/30秒かかります。

通話オプションは2つあり、それぞれの月額料金は以下の通りです。

ワイモバイルの通話オプション

だれとでも定額+
(10分以内の通話無料)
880円
スーパーだれとでも定額+
(24時間通話無料)
1,980円

しかし、楽天モバイルでは「Rakuten Link」という専用の通話アプリから電話を発信することで、国内通話が無料になります。

ワイモバイルで通話オプションを利用している人は、楽天モバイルでは通話オプションをつけなくても国内通話が無料になるので、その分の月額料金がお得になります。

事務手数料や解約金、乗り換え手数料が無料

ワイモバイルの場合、店舗で契約すると、契約事務手数料がかかってしまいます。(オンラインショップなら無料)

しかし、楽天モバイルでは店舗で契約しても契約事務手数料がかかりません。

そのため、対面で説明を聞きながら契約したいという方でも、料金が高くならず安心です。

また、楽天モバイルを解約する際や、楽天モバイルから他社に乗り換えする際の手数料もかかりません。

楽天ポイントが貯まりやすくなる

楽天モバイルは、契約していると楽天市場での買い物ポイントが+4倍になります。

そのため、楽天市場でよくお買い物する方におすすめです。

また、貯まった楽天ポイントは、楽天モバイルの利用料金に充てることができます!

最新のiPhoneシリーズを購入できる

ワイモバイルの場合、最新のiPhoneシリーズの取り扱いがなく、型落ちモデルのみ取り扱いをしています。

2024年4月現在、最新のiPhoneシリーズはiPhone 15シリーズですが、ワイモバイルオンラインショップで取り扱っているのはiPhone 13シリーズより前のモデルです。

そのため、最新のiPhoneシリーズが欲しいという方は、楽天モバイルはおすすめです!

また、最新のiPhoneシリーズ以外にも、iPhone 14シリーズや、iPhone 13シリーズ、iPhone SE(第3世代)の取り扱いもあるため、非常に多くの選択肢から選ぶことができます。

海外でも無料で2GB利用できる

楽天モバイルは、オプションの契約や申し込み不要で、海外でそのまま利用することができます!

海外で利用できるデータ容量は月に2GBまでとなっていて、指定された67ヵ国で利用可能です。

データ容量2GBを使い切ると、通信速度が128kbpsに制限されてしまい、検索結果や地図などを表示させるのにかなり時間がかかってしまうので注意しましょう。

データ容量を使い切った後は、1GB500円でチャージすることが可能です。

海外によく行く方にも、楽天モバイルはおすすめできます。

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換える際に使えるキャンペーン

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換える際に使えるお得なキャンペーンをいくつか紹介します。

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換える際に
使えるキャンペーン
  • スマホそのまま乗り換えキャンペーン
  • iPhoneトク得乗り換えキャンペーン
  • スマホトク得乗り換えキャンペーン
  • 楽天モバイルお申し込み&対象製品ご購入で最大26,930円値引き!

では、1つずつ詳しく解説していきます。

スマホそのまま乗り換えキャンペーン

スクロールできます
キャンペーン名スマホそのまま乗り換え
キャンペーン開催期間2023年11月1日~終了日未定
適用条件①電話番号そのまま乗り換え&楽天モバイルを
初めて申し込み
②プランの利用開始
③Rakuten Linkで10秒以上通話
内容①楽天ポイント6,000ポイントプレゼント

ワイモバイルから楽天モバイルへ電話番号だけ乗り換えを考えている方は「スマホそのまま乗り換えキャンペーン」がお得です。

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えると、楽天ポイントが6,000ポイントプレゼントしてもらえます。

プレゼントされた楽天ポイントは、楽天モバイルの月額料金に充当することができます。

楽天モバイルをデータ3GB(1,078円)で利用した場合は、月額料金5ヶ月分が無料です。

iPhoneトク得乗り換えキャンペーン

スクロールできます
キャンペーン名iPhoneトク得乗り換え!
キャンペーン開催期間2024年2月21日~終了日未定
適用条件①対象iPhoneを購入
②楽天モバイルの申し込み
③プランの利用開始
④Rakuten Linkで10秒以上通話
内容①一括または24回払いの場合最大20,000円割引
②楽天モバイルを初めて申し込みで6,000ポイント
③他社から乗り換え&楽天モバイルを初めて申し込みで6,000ポイント
(乗り換え以外の場合は2,000ポイント)

 iPhoneトク得乗り換え!の対象機種

スクロールできます
機種名機種代金割引金額
iPhone 15 Pro Max210,800円~-20,000円
iPhone 15 Pro174,700円~-20.000円
iPhone 15 Plus146,800円~-20,000円
iPhone 15131,800円~-20,000円
iPhone 14 Plus135,900円~-20,000円
iPhone 14120,800円~-20,000円
iPhone 13108,700円~-20,000円
iPhone SE(第3世代)64,000円~-10,000円

 iPhoneトク得乗り換え!は、対象のiPhone購入と楽天モバイルの同時申し込みで、端末代金から最大20,000円の割引が受けられます。

また、端末からの割引とは別に、対象のiPhone購入と、楽天モバイルを初めて申し込む方に6,000ポイントの還元があります!

さらに、楽天モバイルに初めて申し込む方で、他社から楽天モバイルへの乗り換えの場合、プラス6,000ポイント還元され、計12,000ポイントの還元を受けることができます。(乗り換え以外の場合は2,000ポイント)

最新のiPhoneシリーズが安く購入できる数少ないキャンペーンなので、最新のiPhoneをお探しの方におすすめです。

iPhoneが届いたら、翌月末日23:59までに、Rakuten Linkアプリという通話アプリで、10秒以上の通話が必要になりますので、必ず行いましょう。

スマホトク得乗り換えキャンペーン

スクロールできます
キャンペーン名スマホトク得乗り換え!
キャンペーン
開催期間
2023年8月31日~終了日未定
適用条件①楽天モバイルを初めて申し込み
②対象機種購入
③プランの利用開始
④Rakuten Linkで10秒以上通話
内容①6,000ポイント還元
②楽天モバイルを初めて申し込み&他社からの乗り換えで
さらに6,000ポイント還元

スマホトク得乗り換え!の対象機種

機種名機種代金
OPPO A7933,800円
AQUOS sense863,800円
Xperia 5 V152,400円
Galaxy S23147,700円
AQUOS sense744,000円
Galaxy Z Flip499,000円
Redmi Note 11 Pro 5G38,280円

スマホトク得乗り換え!は機種代金からの割引はなく、楽天ポイントの還元のみのキャンペーンです。

そのため、スマホが安く買えるという訳ではありません。

還元されたポイントを、楽天モバイルの月額料金などに充当することで、実質安く購入できるというキャンペーンです。

楽天モバイルを初めて契約&対象機種の購入で6,000ポイントの還元が受けられます!

楽天モバイルを初めて契約する方のうち、他社から楽天モバイルへの乗り換え&対象機種の購入でさらに6,000ポイントの還元が受けられるので、12,000ポイントもの楽天ポイントがもらえます!

購入した機種が届いたら、翌月末日23:59までに、Rakuten Linkアプリという通話アプリで、10秒以上の通話が必要になりますので、必ず行いましょう。

楽天モバイルお申し込み&対象製品ご購入で最大26,930円値引き!

スクロールできます
キャンペーン名楽天モバイルお申し込み&対象製品ご購入で
最大26,930円値引き!
キャンペーン
開催期間
2024年2月16日~終了日未定
適用条件①楽天モバイルの申し込み
②対象機種の購入
内容機種代金から最大26,930円割引

楽天モバイルお申し込み&対象製品ご購入で
最大26,930円値引き!の対象機種

スクロールできます
機種名機種代金割引金額割引後価格
Xperia 10 V59,290円-26,930円32,360円
AQUOS wish329,700円-20,000円9,700円
Galaxy A23 5G26,400円-20,000円6,400円
OPPO Reno9 A40,700円-20,000円20,700円

こちらのキャンペーンは、楽天モバイルの申し込みと、対象機種の購入で、機種代金から最大26,930円割引されるキャンペーンです。

対象機種は少し前に発売されたモデルが多いものの、Androidスマホをかなりお手頃な価格で手に入れられます。

AQUOS wish3とGalaxy A23 5Gに関しては、1万円以内で購入できます!

そのため、高機能なスマホが必要ない方や、お子様のデビュースマホを探している方におすすめのキャンペーンです。

また、他のキャンペーンのように、楽天モバイルへ初めて申し込みなどの条件がないため、どなたでも適用できるキャンペーンというところも嬉しいですね。

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えるベストなタイミングは?

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えるベストなタイミングは「月末」です。

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換える場合、ワイモバイルの月額料金は日割り計算になりません。

そのため、1日に乗り換えしても、月末に乗り換えしても1ヶ月分の月額料金がかかります。

一方、乗り換え先である楽天モバイルの月額料金は日割り計算になります。

月末に近ければ近いほど、楽天モバイルの月額料金は安くなるということです。

費用を一番安く抑えるのであれば、月末付近を狙って乗り換え手続きをしましょう。

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換える方法は?

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換える方法は2つあります。

ワイモバイルから楽天モバイルに
乗り換える方法
  • 楽天モバイルの店舗で乗り換える
  • 楽天モバイルの公式サイトで乗り換える

では1つずつ解説していきます。

楽天モバイルの店舗で乗り換える

1つ目は楽天モバイルの店舗で乗り換える方法です。

全国にある楽天モバイルの店舗に行き、最短20分で契約することができます。

ただ、店舗が混雑している場合などは待ち時間が発生してしまうので、時間がかかってしまう可能性があります。

事前に来店予約をしておけば、待ち時間なしで対応してもらうことが可能です。

楽天モバイルの公式サイトで乗り換える

2つ目は楽天モバイルの公式サイトで乗り換える方法です。

楽天モバイルの公式サイトで乗り換える場合は、店舗のように営業時間を気にしたり、来店予約をする必要がありません。

24時間待ち時間なしで申し込むことが可能です。

ただし、店舗のようにスタッフに相談しながら申し込むことができない点は注意しましょう。

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換える手順と必要なものは?

ここからはワイモバイルから楽天モバイルに乗り換える手順と、必要なものについて詳しく解説していきます。

ワイモバイルで利用している端末をそのまま使う時は、楽天モバイルで利用可能か確認する

端末をそのまま楽天モバイルに乗り換える場合、必ず使っている端末が楽天モバイルで利用できるか確認しておきましょう。

また、楽天モバイルへの乗り換えと同時に、自分で端末を購入する際も必ず確認してください。

楽天モバイルの対応機種はこちら

楽天モバイルで新しい端末を購入する場合、確認は不要です。

必要に応じて、ワイモバイルでSIMロック解除する

ワイモバイルの端末をそのまま利用する場合、SIMロック解除が必要な場合があります。

2021年5月12日以前に発売された機種はSIMロック解除しないと、楽天モバイルで利用できません。

そのため、必ずSIMロック解除をしてから、楽天モバイルに申し込みをしましょう。

SIMロック解除はワイモバイルショップか、My Y!mobileからできます。

ワイモバイルショップでSIMロック解除する場合は3,300円手数料がかかりますが、My Y!mobileなら無料です。

ワイモバイルでMNP予約番号を取得する

続いて、ワイモバイルでMNP予約番号を取得しましょう。

ワイモバイルのMNP予約番号取得はこちら

24時間申し込みできますが、20時以降にMNP予約番号発行申し込みをした場合、翌朝9時以降に順次SMSで通知されるので、注意しましょう。

予約番号発行
ワイモバイルの携帯電話から151
ワイモバイル以外の電話から0570-039-151
受付時間9:00~20:00

電話でのMNP予約番号を発行する場合は、ワイモバイルの携帯電話であれば151、ワイモバイル以外の電話であれば0570-039-151に電話することで、MNP予約番号を発行できます。

電話の場合、受付時間は、9:00~ 20:00です。

発行したMNP予約番号の有効期限は15日なので、有効期限が切れる前に楽天モバイルに乗り換えをしましょう。

楽天モバイルの店舗や楽天モバイルの公式サイトで乗り換え申し込みをする

続いて、楽天モバイルの店舗や、楽天モバイルの公式サイトで乗り換えの申し込みをしましょう。

乗り換え手続きをする際に必要なものは以下の通りです。

  • 本人確認書類(免許証やマイナンバーカードなど)
  • 楽天会員ユーザIDとパスワード
  • クレジットカードまたは銀行口座情報
  • MNP予約番号

楽天モバイルの店舗で乗り換える場合は、楽天モバイルの店舗に行って「ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えたい」とスタッフに伝えましょう。

楽天モバイルの公式HPから申し込みをする場合はこちらから、画面の指示に従いプランの選択や個人情報の入力をしてください。

楽天モバイルのMNP開通手続きをする

楽天モバイルの公式サイトで乗り換えした場合は、自宅に楽天モバイルのSIMカードが届きます。

SIMカードが届いたら、開通手続きをしないと、楽天モバイルは利用できません。

開通手続きは以下の手順で行います。

  • my 楽天モバイルに手持ちのスマホやパソコンなどからアクセスする
  • my 楽天モバイルのメニュー内の「お申し込み履歴」を選択する
  • 該当する申し込み番号を選択する
  • 「MNP転入する」ボタンを選択する

21:01~翌8:59に開通手続きをした場合は、完了するのが翌9:00以降になってしまうので注意しましょう。

端末の初期設定などを行う

開通手続きが終わったら、後は利用する端末の初期設定を行いましょう。

初期設定は機種ごとに異なります。

こちらから利用する端末の初期設定方法を確認しましょう。

初期設定が正常に完了すると、画面のアンテナマークに「4G」や「5G」と表示されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えるデメリットを中心に、乗り換える手順やおすすめのタイミングについて解説させていただきました。

では本記事のまとめです。

ワイモバイルから楽天モバイルに
乗り換えるデメリット

  • 通信エリアが異なるので、繋がりが悪くなる可能性がある
  • データの繰り越しができない
  • ワイモバイルよりも店舗数が少ない
  • 現在使っているワイモバイルの端末が使えない場合がある
  • 家族割引サービスの割引金額が少なくなる
  • おうち割(インターネット割)が適用されない
  • ワイモバイルのキャリアメールを引き継ぐ場合は有料
  • LYPプレミアムが特典が使えなくなる
  • iPhoneのApp Storeでキャリア決済が使えない

ワイモバイルから楽天モバイルに
乗り換えるメリット

  • 割引なしでも月額料金が安い
  • データ容量無制限で使える
  • Rakuten Linkを使えば、国内通話が無料
  • 事務手数料や解約金、乗り換え手数料が無料
  • 楽天ポイントが貯まりやすくなる
  • 最新のiPhoneシリーズを購入できる
  • 海外でも無料で2GB利用できる
スマホの無料料金診断

結局どのプランが一番安いかわからない

自分にあったプランって結局どれなの?

そんな方は、フォンシェルジュの無料料金診断がおススメ!

最短1分、選択肢を選ぶだけの簡単診断で自分にあったプランが分かります。

診断費用は一切発生致しませんのでぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

  • rakutenmobilerakutenmobile
  • LINEMOLINEMO
  • ymobileymobile
  • biglobebiglobe
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次