おすすめのポケットWi-Fi5選!それぞれの特徴や違いを解説!

  • URLをコピーしました!

本サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事の内容は公平中立を保って作成しておりますので安心してご利用ください。

インターネットを契約する場合、申し込みをしてから工事日を決めたり、工事の立ち合いをしたり、結構手間がかかります。

ですが、ポケット型Wi-Fiなら工事不要で最短当日からWi-Fiの利用ができます!

ポケット型Wi-Fiといっても、取り扱いしている会社が多く、どのポケット型Wi-Fiを選んでいいか分からないですよね・・。

今回はポケット型Wi-Fiの選び方や、私がおすすめするポケット型Wi-Fiを5つご紹介させていただきます!

ポケット型Wi-Fiが全く分からない方でも分かりやすいように用語解説などもしておりますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

目次

ポケット型Wi-Fiとは?

ポケット型Wi-Fiは持ち運びが可能な手のひらサイズのWi-Fi通信機器です。

自宅の光回線の代わりや、外出先でパソコンやスマホを利用する際に、大容量のインターネット通信を行いたい方が契約していることが多いです。

ポケット型Wi-Fiを持ち運びすることで、毎月の携帯料金の節約にも繋がります。

スマホの月額料金は、月々利用できる通信量で料金が変わることがほとんどです。

例えばauの料金プランは1GB/月の場合は2,178円/月、使い放題の場合は7,238円/月料金がかかります。

ポケット型Wi-Fiを接続してスマホを利用すれば、スマホ側の通信量は消費しません。

結果的に、スマホの契約通信量を抑えることができるので、毎月の携帯料金の節約にも繋がるという仕組みです。

外出先でも映画やYouTubeを楽しみたい方や、スマホ以外にノートパソコンもインターネット接続をしたい方におすすめです。

ポケットWi-Fiはソフトバンクの商標登録です。

持ち運び可能なWi-Fi機器のことをポケットWi-Fiと呼ぶことが一般化していますが、実はソフトバンクが商標登録をしています。

そのため本記事では、持ち運び可能なWi-Fi通信機器をポケット型Wi-Fiとして記載させていただきます。

3種類のポケット型Wi-Fi

ポケット型Wi-Fiは大きく分けて以下の3種類あります。

  1. 大手キャリアが出しているポケット型Wi-Fi
  2. クラウドSIM Wi-Fi
  3. WiMAX

大手キャリアが出しているポケット型Wi-Fi

スマホを契約している方が多い大手キャリアでもポケット型Wi-Fiを提供しています。(auのポケット型Wi-FiはWiMAXと同じ)

大手キャリアの回線を使ったポケット型Wi-Fiは、対応エリアが広く、安定した通信ができます。

理由はスマホと同じ基地局から電波を受信するため、どこにいても基地局が近くにあるからです。

またサポートに関しても分からないことがあった時に、近くのショップへ行けばいつでも対応してもらえます。

対面でのサポートが欲しいという方におすすめです。

その代わり月額料金は少し高めです。

ただし、スマホとセットで利用していると、スマホの月額料金から割引が入ることもあります。

今使っているスマホキャリアで、こういった割引がある場合は検討してもいいかもしれません。

スマホで人気な「楽天モバイル」のポケット型Wi-Fiは、au・ドコモ・ソフトバンクと比較して、スマホ同様に「まだ」対応エリアが狭いです。

今後基地局が増えていけば対応エリアは広がっていきます。

また楽天モバイルのポケット型Wi-Fiは5Gに対応していません。

その代わり、au・ドコモ・ソフトバンクと比較して月額料金が安いです。

楽天モバイルの対応エリアで、そこまで速い通信速度を求めていない方は楽天モバイルがおすすめです。

大手キャリアが出しているポケット型Wi-Fiがおすすめの人
  • サポートを対面で受けたい人
  • スマホとセットで割引を受けたい人

クラウドSIM Wi-Fi

クラウドSIMはエリアや電波状況によって最適な回線を自動で選んでくれるポケット型Wi-Fiです。

au・ドコモ・ソフトバンク回線に対応しているクラウドSIM Wi-Fiは、1つの回線を使うポケット型Wi-Fiと比較しても、広いエリアで安定した通信を行うことが可能です。

ポケット型Wi-Fiはデータ容量無制限のものが多いですが、クラウドSIM Wi-Fiはデータ容量無制限ではなく20GB~100GBのプランが多いです。

利用できるデータ容量が決まっているので、月額料金も大手キャリアやWiMAXと比較しても安いです。

クラウドSIM Wi-Fiがおすすめの人
  • 通信量が100GB程度で充分な人
  • 月額料金が安いポケット型Wi-Fiを探している人

WiMAX

ポケット型Wi-Fiと言えばWiMAXを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

WiMAXはポケット型Wi-Fiの中でも一番人気です。

理由としては、通信量が無制限で利用が出来るからです。

ですので、残りの通信量を気にすることなく動画や映画、ビデオ通話を楽しむことができます。

2022年2月1日に3日間で使用できるデータ容量が15GBから上限がなくなりました。(一定期間内に大量のデータ通信の利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。)

他のポケット型Wi-Fiでも、3日間で利用できる通信量に上限がない会社はありますが、月の通信量に制限がある場合が多いです。

大手キャリアで通信量が無制限なのはauだけです。

auがなぜ通信量が無制限なのかというとWiMAXを利用しているからなんです。

このように、WiMAXは「プロバイダ」を選ぶことができます

簡単にいうとプロバイダは販売代理店です。

UQコミュニケーションズが保有しているWiMAXのネットワークを他の会社にも解放しているんです。

そのため、様々な会社が自社ならではのサービスを合わせて、WiMAXを提供しています。

会社によって、契約時にキャッシュバックがあったり、契約から数か月間はお試しで利用出来たりと、様々な特典があります

特典に違いはありますが、どこで契約しても通信の品質は変わりません。

WiMAXがおすすめな人
  • 通信量を気にせず、無制限で利用したい人
  • キャンペーンでお得にポケット型Wi-Fiを契約したい人

自分に合ったポケット型Wi-Fiの選び方

利用する場所は対応エリアに入っているか?

どんなに月額料金が安くて、通信量が無制限で使えて、通信速度が速くても、自分が利用する場所が、対応エリアに入っていないとポケット型Wi-Fiは通信を行えません

必ず確認しておきましょう。

確認方法は契約を検討しているポケット型Wi-FiのHPに記載されています。

今回紹介するポケット型Wi-Fiについては、対応エリアの確認ページに飛べるリンクがあるので、そちらからご確認ください。

月額料金は安いか?

まずは月額料金を比較してみましょう!

ポケット型Wi-Fiを利用するためには、月々のプラン料金の他に、ポケット型Wi-Fiの本体代金などがかかります。

プラン料金は安くても、ポケット型Wi-Fiの本体代金が高いと、トータルの月額料金は高くなってしまいます。

総合的に見て、固定費が安いポケット型Wi-Fiを選びましょう。

通信量はどのくらい使えるか?

トータルの月額料金が安くても、使えるデータ通信量が少ないと、満足にポケット型Wi-Fiを利用できません・・・。

通信量無制限のポケット型Wi-Fiを選べば、通信制限にかかる心配もなくなります。

逆に通信量無制限でなくても大丈夫という方は、無制限のプランを選んでしまうと割高になってしまうかもしれません。

自分にあった通信量のポケット型Wi-Fiを選びましょう。

自分に合った通信量を選ぶポイントは「スマホの使用通信量を確認する」ことです。

使用通信量はスマホの設定から確認することができます。

詳しくはこちらの記事で解説していますので、確認してみてください!

もし記事を読んでみてもよく分からないという方は、フォンシェルジュ提携店舗までお越しください。

おすすめの通信量だけではなく、お客様にピッタリなポケット型Wi-Fiを提案させていただきます。

店舗来店予約

通信速度は速いか?

通信量が無制限で使えても、通信速度が遅いと検索結果がすぐ表示されなかったり、動画が途中で止まってしまったりストレスを感じてしまいます。

最近は5G対応のポケット型Wi-Fiも登場して、通信速度が速いポケット型Wi-Fiが多いです。

自分の使用用途に適した通信速度のポケット型Wi-Fiを選びましょう。

今回紹介するポケット型Wi-Fiの通信速度は以下の通りです。

①下り最大速度:2.7Gbps・上り最大速度:440Mbps

この速度であれば、NetflixやYouTubeを高画質モードにしても止まることなく楽しむことができます。

また、上り最大速度も440Mbpsと非常に高速なのでおすすめです。

動画を出来るだけ綺麗な画質で楽しみたい方や、動画のアップロードを頻繁に行う方におすすめです。

②下り最大速度:150Mbps・上り最大速度:50Mbps

この速度の場合はNetflixやYouTubeの高画質モードは少し読み込みが長かったり、止まってしまうかもしれません。

ですが、中程度の画質であれば問題なく視聴ができます。

ネットサーフィンやメールの送受信は問題なく利用できます。

上り最大速度が50Mbpsなので、動画のアップロードは凄く時間がかかってしまいます。

動画の画質を気にしていない方や、動画のアップロードはしない方におすすめです。

おすすめのポケット型Wi-Fi

先ほど紹介したポケット型Wi-Fiを選ぶポイントを抑えたおすすめのポケット型Wi-Fiを紹介いたします!

まずは紹介するポケット型Wi-Fiを一覧でまとめてみました!

カシモWiMAXWD WiMAX楽天モバイルAiR-WiFiTHE WiFi
対応エリア
端末代金実質無料お1人様
名義1台限定で無料
実質無料無料レンタル無料レンタル
実質月額4,378円4,268円3,278円3,278円3,828円
最大データ容量無制限
※「プラスエリアモード」
利用通信量が15GBを超えた場合
当月末までの通信速度を制限
無制限
※「プラスエリアモード」
利用通信量が15GBを超えた場合
当月末までの通信速度を制限
無制限
※パートナー回線エリア内の通信は
月あたりのデータ容量が5GB以上になると
通信速度が最大1Mbpsに制限
100GB100GB
通信速度下り最大速度
2.7Gbps

上り最大速度
440Mbps
下り最大速度
2.7Gbps

上り最大速度
440Mbps
下り最大速度
150Mbps

上り最大速度
50Mbps
下り最大速度
150Mbps

上り最大速度
50Mbps
下り最大速度
150Mbps

上り最大速度
50Mbps
※プラスエリアモードとは:WiMAX+5Gで使用できる電波を広げるオプション。オンにすることでau回線の「プラチナバンド」での通信も可能になるため、WiMAX+5Gが繋がりにくい地下や屋内でも高速通信が可能になる。

カシモWiMAX

月額料金初月:1,408円
2ヶ月目~:4,378円
事務手数料3,300円
端末代金21,780円実質無料※605円×36回の割引
最大データ容量無制限※3日間の通信量が合計15GB以上の場合は、
ネットワーク混雑時間帯に1Mbpsに制限
最大通信速度下り最大速度2.7Gbps上り最大速度138Mbps
最低利用期間なし
解約時の違約金なし
キャンペーン端末を36回払いで購入すると実質無料

カシモWiMAXは株式会社MEモバイルが運営しているポケット型Wi-Fiです。

対応エリアはこちら

月額料金は4,378円で利用できます。

初月はお得になっており、-2,970円割引が入り、1,408円で始めることができます!

初期費用を出来るだけ抑えたい方におすすめです!

通信量は無制限で利用できます。

  • 一定期間内に大量のデータ通信の利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

通信速度も下り最大速度2.7Gbps・上り最大速度138Mbpsなので、高画質で映像を楽しんだり、動画をアップロードする方にも向いています。

カシモWiMAXのおすすめポイントは、3年間利用すると、端末代金が無料で利用できます!

本来カシモWiMAXのポケット型Wi-Fiは端末代金21,780円がかかります。

36回払いで支払いをした場合は605円/月の支払いです。

ですが、キャンペーンで毎月605円分の割引が36ヵ月間入り、3年間利用すると端末代金は実質無料で利用できます。

しかし、カシモWiMAXを36ヵ月以内に解約してしまうと、端末代金の残債のお支払いが必要です。

WD WiMAX

月額料金初月~25ヵ月目:4,268円
25ヶ月目~:4,950円
事務手数料3,300円
端末代金21,780円
お1人様名義1台限定で無料
最大データ容量無制限※3日間の通信量が合計15GB以上の場合は、ネットワーク混雑時間帯に1Mbpsに制限
最大通信速度下り最大速度2.7Gbps上り最大速度138Mbps
最低利用期間なし
解約時の違約金なし
キャンペーン端末を36回払いで購入すると実質無料

「WD WiMAX」はUQコミュニケーションズの電波を、「ワイヤレスゲート」が借りて提供しているブランドで、通信品質はUQコミュニケーションズと全く同じです。

そのため対応しているエリアもWiMAX同様になっています。

月額料金は通常4,950円ですが、契約から25ヵ月目までは4,268円で利用できます!

端末代金は2023年2月20日時点で21,780円ですが、フォンシェルジュ提携店舗のTOP1ではお1人様名義1台限定で、端末代金が一括0円になります!!

そのため、月々お支払いする月額料金に、端末代金が含まれないので、25ヵ月間は4,268円で利用できます!

4,268円は今回ご紹介するWiMAX系のポケット型Wi-Fiの中では最安です!

カシモWiMAXも端末代金が実質無料になりますが、36ヵ月以内に解約すると、端末代金の残債の支払いが必要になるとお伝えしました。

WD WiMAXの場合は、契約時に端末代金を割引しているので、解約時に端末代金を支払う必要がありません

万が一解約することになってしまっても、負担金が少ないのは嬉しいですね!

通信量も無制限で利用できます。

  • 一定期間内に大量のデータ通信の利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

通信速度も下り最大速度2.7Gbps・上り最大速度138Mbpsなので、高画質な動画の視聴や動画のアップロードにも向いています。

WD WiMAXが契約できるフォンシェルジュ提携店舗一覧はコチラ

楽天モバイル

月額料金~3GBまで:1,078円3GB~20GBまで:2,178円20GB以上:3,278円
事務手数料0円
端末代金4,401円初めての申し込みで実質0円(楽天ポイントでの還元)
最大データ容量無制限※パートナー回線エリア内の通信は、月あたりのデータ容量が5GB以上になると、通信速度が最大1Mbpsに制限
最大通信速度下り最大速度150Mbps上り最大速度50Mbps
最低利用期間なし
解約時の違約金なし
キャンペーン初めての申し込みで本体代4,401円分の楽天ポイント還元

続いてのおすすめは、楽天モバイルのRakuten Wi-Fi Pocketです。

こちらは月額料金が最大でも3,278円と、今回紹介するポケット型Wi-Fiの中でも最安です。

楽天モバイルは提供開始からまだ日が浅く、他のポケット型Wi-Fiに比べて、提供エリアがまだ狭いです。

楽天サービスエリアを確認して、利用場所がエリア内であれば、契約を検討してもいいと思います。

ただし月額料金は非常に安く、最大でも3,278円です。

楽天モバイルの特徴は使った通信量で、月額料金が変わるという点です。

0GB~3GBまで1,078円
3GB~20GBまで2,178円
20GB以上3,278円

このように月額料金が変動します。

月によってポケット型Wi-Fiを使わない月があったとしても、通信量が3GBまでであれば、1,078円に抑えることができるので、無駄な支払いが発生しません。

また、事務手数料もかからないですし、端末代金も楽天ポイント還元によって実質無料になるので、とにかく初期費用の負担が小さいのがウリです。

使ってみたいけど繋がるか心配な方は、一度お住まいの環境で使って確かめてみて、継続するか判断していただくのも良いでしょう。

通信量は楽天サービスエリア内であれば、無制限で利用ができます。

楽天サービスエリア外でもauやドコモの回線を借りて通信を行うことができますが、その場合は月5GBを超えると速度制限がかかってしまいます・・。

楽天サービスエリア外の方は、すぐに速度制限がかかってしまうので、おすすめできません。

通信速度は下り最大速度150Mbps・上り最大速度50Mbpsなので、中画質の動画視聴や、メールの送受信、インターネットサーフィンにおすすめです。

AiR-WiFi

月額料金3,278円
事務手数料3,300円
端末代金実質0円レンタル(解約時に要返却)
最大データ容量100GB
最大通信速度下り最大速度150Mbps上り最大速度50Mbps
最低利用期間なし
解約時の違約金2,970円1年毎に無料で解約できる期間あり
キャンペーンなし

AiR-WiFiは株式会社FREEDiVEが運営するクラウドSIM Wi-Fiです。

クラウドSIM Wi-Fiなので、ドコモ・au・ソフトバンクの回線を利用することができ、自動的に電波が強いキャリアに繋がります。

そのためサービスエリアも非常に広いです。

楽天モバイル同様、月額料金が最安値で3,278円です。

初期費用は0円で、本体も無料レンタルなので、端末代金もかかりません。

ただし、レンタル品なので、紛失してしまった場合は端末再発行費用が22,000円かかってしまいますので注意が必要です。

また、初月の料金は日割りではなく、1ヵ月分かかってしまいます。

月末付近に契約すると1日しか使ってないのに、1か月分の料金が請求されてしまいますので、契約する場合は月初をおすすめします。

他のポケット型Wi-Fiと比べて注意が必要なのは、データ容量の制限があることです。

無制限と同じ感覚で動画を視聴し続けてしまったりすると、速度制限にかかってしまうかもしれません。

100GBで利用できるサービスの目安は以下の通りです。

通信速度は下り最大速度150Mbps・上り最大速度50Mbpsなので、中画質の動画視聴や、メールの送受信、インターネットサーフィンにおすすめです。

THE WiFi

月額料金(100GBプラン)3,828円
事務手数料3,300円
端末代金実質0円レンタル(解約時に要返却)
最大データ容量100GB
最大通信速度下り最大速度150Mbps上り最大速度50Mbps
最低利用期間なし
解約時の違約金なし
端末レンタル解約手数料24ヵ月目まで:10,780円25か月目以降:0円
キャンペーン100GBプラン4ヵ月無料キャンペーン

THE WiFiはスマートモバイルコミュニケーションズ株式会社が運営するクラウドSIM Wi-Fiです。

クラウドSIM Wi-Fiなので、ドコモ・au・ソフトバンクの回線を利用することができ、自動的に電波が強いキャリアに繋がります。

そのためサービスエリアも非常に広いです。

最大のメリットは4ヵ月無料という点でしょう。

月額料金3,828円が4ヵ月無料でお得になる金額は15,312円です!

このお得になる金額を入れると、今回紹介するクラウドSIMの中では最安の月額料金になります。

同じクラウドSIMで100GB利用ができる「AiR-WiFi」と比較してみましょう。

「AiR-WiFi」を2年間利用した場合は3,278円×24ヵ月=78,672円です。

THE WiFiを2年間利用した場合は3,828円×24ヵ月=91,872円です。

ですが4ヵ月無料になるので、91,872円-15,312円=76,560円が実質の負担金額です!

2年間利用する場合はTHE WiFiの方がお得ですが、2年以上利用すると、月額料金自体は「AiR-WiFi」の方が550円安いので、2年4か月以上利用する場合はAiR-WiFiを選択しましょう。

デメリットは2年以内に解約すると、端末レンタルの解約料金がかかってしまうという点です・・。

2年以内に解約すると、端末レンタル解約手数料が10,780円かかってしまいます。

また、レンタル品なので、壊してしまったり、レンタル品を1つでも紛失してしまった場合は13,200円の賠償金が発生してしまいますので、注意して利用する必要があります。

2年以上ポケット型Wi-Fiを利用するという方はおすすめできますが、いつ解約するか分からないという方にはおすすめできません。

通信量は100GBまで利用できます。

100GBで利用できる使用目安をまとめましたので、自分のスマホの使い方だと100GBで足りるか確認してみてください。

通信速度は下り最大速度150Mbps・上り最大速度50Mbpsなので、中画質の動画視聴や、メールの送受信、インターネットサーフィンにおすすめです。

よくある質問

完全無制限のポケットWi-Fiはある?

現状は完全無制限のポケットWi-Fiはありません

無制限のポケット型Wi-Fiでも、一定期間内に大容量の通信を行うと速度制限がかかってしまいます

詳しくは各ポケット型Wi-Fiのホームページに記載されているので、確認しておきましょう。

ポケット型Wi-Fiの平均月額はいくら?

ポケット型Wi-Fiの平均月額は3,500円~4,800円程度です。

ただしこの金額には端末代金は入っていません。

また、キャンペーン等の割引も入ってない金額なので、キャンペーン等がある場合は平均月額よりも安くお得に契約することができます

口座振替できるポケット型Wi-Fiはある?

今回紹介したポケット型Wi-Fiの中で利用料金を口座振替出来るものは楽天モバイルのみです。

ただし、手数料が110円/月かかってしまいます。

口座振替ができるポケット型Wi-Fiを取り扱っているのは

  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク

などの大手キャリアであれば対応しています。また、

  • UQ WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • Broad WiMAX

などのプロバイダも口座振替に対応しています。

どうしても口座振替で支払いたいという方は検討しても良いでしょう。

ですが、携帯料金などの固定費はポイントが貯まるクレジットカードでの支払いがおすすめです。

光回線とポケット型Wi-Fiを比較してどちらがおすすめ?

利用用途にもよりますが、自宅で多くポケット型Wi-Fiを利用しようと思っている方は、ポケット型Wi-Fiではなく光回線がおすすめです。

通信量は正真正銘の無制限ですし、通信もポケット型Wi-Fiに比べて安定しています。

ポケット型Wi-Fiは下の画像のように、基地局から電波を受信して、その電波をスマホやパソコンに送っています。

基地局からの距離や、家の壁などの障害物があるため、すこし電波が弱くなってしまうんです。

ですが、光回線は電柱から、回線を引き込むので、電波が弱くなりません

家の中に基地局が建つイメージです。

ただし、建物によっては工事ができないマンションやアパートもあるので、そういった事情がある場合は、ポケット型Wi-Fiでもいいと思います。

自分に合ったインターネット回線の選び方はこちらの記事で詳しく解説しています。

度のインターネット回線を選んでいいか分からないという方はぜひ参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はおすすめのポケット型Wi-Fiについて解説させていただきました。

では今回のまとめです。

  • ポケット型Wi-Fiは持ち運び可能な手のひらサイズのWi-Fi機器
  • ポケット型Wi-Fiは大きく分けて3種類
  • WD WiMAXはフォンシェルジュ提携店舗であれば、お1人様名義1台限定で端末代金が無料になり、月額料金に端末代金がかからない!
  • カシモWiMAXは36ヵ月利用すれば、ポケット型Wi-Fiの端末代金21,780円が実質無料になる
  • 楽天モバイルは月額料金が3,278円で無制限の利用が可能!事務手数料や違約金もかからない!
  • AiR-WiFiはクラウドSIMのポケット型Wi-Fiで、100GBが3,278円で利用できる
  • THE WiFiはクラウドSIMのポケット型Wi-Fiで、最初の4ヵ月の料金が無料で利用できる

本記事を読んでいただいて、自分にぴったりなポケット型Wi-Fiを見つけていただければ幸いです。

どのポケット型Wi-Fiが自分に合っているか分からない・・

ポケット型Wi-Fiではなく、光回線を契約する場合の料金などが知りたい

という場合はぜひフォンシェルジュ提携店舗までお越しください!

スタッフがお客様にぴったりなインターネット回線をご提案させていただきます。

フォンシェルジュ提携店舗はコチラ

店舗来店予約

今後もスマホに関する情報を発信して参りますので、よろしくお願いいたします。

  • ahamoahamo
  • LINEMOLINEMO
  • uq-mobileuq-mobile
  • rakuten-mobilerakuten-mobile
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次