BIC SIM(ビックシム)の評判と料金プラン・キャンペーンを総まとめ!

大手家電量販店ビックカメラに行った時に

安くなるのでBIC SIM(ビックシム)に変えませんか?

と言われた経験はありませんか?

実際にBIC SIM(ビックシム)を利用している方って周りにあまりいないですよね。

そこで現役で家電量販店に勤務している私が、現場の生の声を元に、BIC SIM(ビックシム)の評判と料金プラン・キャンペーンを徹底解説させていただきます。

家電量販店の格安SIMってどうなの?大丈夫なの?そう思われる方は多いかもしれません。

BIC SIMがどのような方に向いているのか一緒にみていきましょう。

目次

BIC SIM(ビックシム)とは?

BIC SIMはビックカメラで提供しているの格安SIMのこと

BIC SIM(ビックシム)はビックカメラで提供している格安SIMの名称です。

ビックカメラの店頭インターネットからお申し込みができます。

格安SIMについてよくわからない方はこちらの関連記事をチェックしてみてください!

BIC SIMの中身はIIJ mio 

「BIC SIM(ビックシム)」のプラン等の中身の部分は全て“IIJ mio”と同じなのです。

え、ビックカメラが提供しているんじゃないの?

なんでわざわざ、BIC SIM(ビックシム)って言ってるの?IIJ mioのままでいいんじゃ?

と思う方もいるんじゃないでしょうか…。

それぞれの分野でトップクラスに有名なビックカメラとIIJ mioがタッグを組み、登場した格安SIMが「BIC SIM(ビックシム)」です。

両社のブランド力と格安SIMという価格の二刀流でお客様に広く知ってもらい、満足していただこうという考えで生まれた格安SIMブランドということなのです。

IIJ mio

格安SIMの通信速度ランキングで常にトップ10入りをしています。

その上で4〜5位の常連でもあります。

数ある格安SIMの中でも特に人気の高いブランドです。

ビックカメラ

日本で知らない人はほとんどいない有名な家電量販店です。

このように、どちらもそれぞれの分野で有名なブランドです。

“IIJ mio”に関してはこちらの記事で詳しくご紹介しております。

BIC SIM(ビックシム)の評判

さて、大手家電量販店のビックカメラと、大手格安SIM会社のIIJmioがタッグを組んだBIC SIM(ビックシム)ですが、実際に使っている方の評判はどうなのでしょうか?

BIC SIM(ビックシム)の良い評判

BIC SIM(ビックシム)の良い評判
  • 月額料金が安い
  • 公衆Wi-Fiのギガぞうが無料で使える
  • ビックポイントで携帯料金が支払える
  • 端末をセットで買うと安い
  • 店頭でサポートしてもらえる
良いところ沢山

月額料金が安い

BIG SIM(ビックシム)を契約した方の多くは料金の安さを実感しています!

この後詳しく解説いたしますが、音声通話機能付きのプランで月額料金850円〜利用が出来るんです!

月額料金850円〜使えるのはすごく魅力的ですよね!

公衆Wi-Fiのギガぞうが無料使える

公衆Wi-Fiの「ギガぞう」が無料で利用できます!

BIC SIMは公衆Wi-Fiが無料で使えるのが良い!

と言われる方が多いので、ここは重要なポイントだと思います。

ギガぞうとは

飲食店やカフェチェーン店など、全国10万以上のスポットで利用可能な公衆Wi-Fiです。

通常は月額料金200円(税込)ですが、BIC SIM利用者は月額無料で利用可能です!

Wi-Fi事業者が提供しているのでセキュリティも高く、安心の公衆Wi-Fiです!

ビックポイントで携帯料金が支払える

月々の携帯料金の支払いにビックカメラのポイント「ビックポイント」を使うことができます!

ポイントは1ポイント=1円で換算されます。

毎月21日〜翌月20日の期間に手続きすると、翌々月の請求(翌月分のご利用料金)に使えます!

よくビックカメラでお買い物をする方にオススメです!

端末をセットで買うと安い

BIG SIMと同時に端末を購入すると、端末から割引が入ります!

端末も他社より安く購入できた!

という声も多いです。

BIG SIM(ビックシム)を検討している方で機種変更も同時に検討している方はオススメです!

条件はありますが、端末が最大37%OFFになります!

機種ごとに割引金額が異なりますので、注意が必要です。

店頭でサポートしてもらえる

契約した場所を問わず「BIG SIMカウンター」でサポートを受けることができます。

格安SIMだと店頭サポートのサービスを行っている会社は少ないです。

格安SIMでも店頭サポートが受けられるのは安心ですね!

BIC SIM(ビックシム)の悪い評判

やはりいい評判だけではなく、悪い評判もいくつかあります・・・。

BIC SIM(ビックシム)の悪い評判
  • 昼間の通信速度が遅い
  • 通話アプリ「みおふぉんダイアル」の使い勝手が悪い
  • 手続きに時間がかかる
3つの難点…

昼間や夕方の通信速度が遅い

この声が一番多いです!

BIG SIM(ビックシム)とタッグを組んでいるIIJmioですが、ドコモやauなどの大手キャリアと違い、独自の基地局を持っていません。

そのためドコモやauに電波を借りて、通信を行っているという仕組みになっています。

企業が借りている回線の量が多いほど、通信速度が速くなるんです。

朝や夜など、利用者が比較的少ない時間帯は、回線はスムーズに利用できます。

ただ、昼間や夕方など、利用者が増えると、回線が渋滞して通信速度が遅くなってしまいます

混雑する昼間はインターネットのページを開くのにも時間がかかってしまうようです・・・。

通話アプリ「みおふぉんダイアル」の使い勝手が悪い

これは電話をよくする方は注意が必要です。

「BIC SIM(ビックシム)」では通話オプションが何種類かあります。

“1回5分以内の通話無料”“1回10分以内の通話無料”あとは“24時間かけ放題”の通話オプションがあります。

通話オプションの利用には「みおふぉんダイヤルアプリ」という専用の通話アプリからの発信が必須になります。

この「みおふぉんダイヤルアプリ」の使い勝手があまり良くないです・・。

アプリの評価コメントを見ると

通話履歴を押したら勝手に発信されてしまった・・・

誤発信が多い・・・

緊急電話(119など)に対応していない・・

などの口コミが多いです。

アプリのダウンロードができるApp StoreGoogle Playストアではアプリの評価が★2.1です・・。

また、「みおふぉんダイアルアプリ」利用時は国際通話ができないのでこちらもご注意ください。

BIC SIMの基本料金   

画像引用元:https://bicsim.com/plan/gigaplan/

ギガプラン(基本プラン)

回線タイプA、タイプD
プラン2GB4GB8GB15GB20GB
音声通話機能付き
SIM
850円990円1,500円1,800円2,000円
SMS機能付き
SIM
820円970円1,470円1,780円1,980円
データ通信専用
SIM
740円900円1,400円1,730円1,950円
※タイプA=au回線
※タイプD=ドコモ回線
※全て月額税込表記

BIC SIMの基本プランはギガプランです。

この中で通話機能が付いているのは「音声通話機能付きSIM」のみです。

細かくデータ容量の設定がされており、自分の使い方によって選択ができるプラン構成になっているので、最近よくある使いすぎた月は料金が上がってしまうというようなことはありません!

使う分だけのプランを選択して、お得に利用することができます

eSIM(ギガプラン)

回線タイプDのみ
プラン2GB4GB8GB15GB20GB
月額440円660円1,100円1,430円1,650円
※データ通信専用eSIM
※全て税込表記

こちらのプランもギガプランです。

最初に解説したギガプランとの違いはスマホに入れるSIMカードが物理的なものか、形のないデータ上のものかの違いです。

また、こちらのプランはデータ通信専用のプランになっています。

スマホを2回線組み合わせて安く使いたいという方には魅力的な価格帯ですね!

eSIMや2回線組み合わせた料金見直し方法が気になる方はこちらを参考にしてみてください。

ここまでで説明した2つのギガプランはSIMカードの種類によってできることが変わってくるので、こちらの表も参考にしてみてください。

音声通話データ通信SMS
音声通話
機能付き
SIM
⚪︎⚪︎⚪︎
SMS
機能付き
SIM
✖️⚪︎⚪︎
データ通信
専用SIM
✖️⚪︎✖️
eSIM  ✖️⚪︎✖️

通話オプション

 

通話定額
かけ放題+
通話定額10分+通話定額5分+
1,400円700円500円
無制限1通話10分以内の
通話無料
1通話5分以内の
通話無料
通話料金国内通話
11円 / 30秒
ファミリー通話割引
(同一mioID間の通話)
国内通話
8.8円 / 30秒
国際通話
(海外にかける)
✖️
国際ローミング
(海外でかける)
✖️
通話オプション
日割り可否
✖️
(利用開始月、解約月、共に1月分の料金が発生)

 

「BIC SIM(ビックシム)」では通話オプションも充実しております。

通常の大手通信会社の場合は“1回につき5分通話無料”か“24時間かけ放題”のオプションの2種類のみとなっていますが、中間の“1回につき10分通話無料”のオプションも選択できるようになっているので、自分の通話の仕方に併せて毎月の料金を調整することができます!

通話オプションの利用には「みおふぉんダイヤルアプリ」という専用の通話アプリからの発信が必須になります。

また、「みおふぉんダイアルアプリ」利用時は国際通話ができないのでこちらもご注意ください。

ファミリー通話割引もありますが、家族間の通話が無料になるのではなく同一mioID間の通話が少し割引されますよーというものです。

mioID…IIJmio会員専用のIDです。BIC SIMではIIJmioのSIMカードを利用しているため、mioIDが必須となります。mioIDをお持ちでない場合はBIC SIMの新規申込の際に会員登録をし、mioIDが発行されます。

みおふぉんダイヤルアプリ

みおふぉんダイヤルアプリはIIJmioと共通のものです。

みおふぉんダイヤルアプリを利用すると通話料金がお得になります

早速メリット、デメリットは以下です。

メリット
デメリット
  • 通話料金が半額になる
  • かけ放題などの通話定額オプションを利用できる
  • みおふぉんダイヤルアプリを利用しないと通話定額オプションが利用できない
  • アプリを利用しないと通話料金が半額にならない
  • 通話が途切れることがある
  • アプリを利用すると国際通話ができない

BIC SIM(ビックシム)の悪い評判でも記載しましたが、使い勝手が悪い、音声が途切れるといった評判を聞くことが多いように感じます。

ただし、アプリをうまく利用することで通話料金が安くなるのと、アプリを利用せずとも通話自体は利用可能なのでうまく使い分けるといいかもしれません。

ある程度LINEで通話をまかなえてしまう気はしますが、LINEでやり取りしていない相手にはまさにみおふぉんダイヤルアプリの出番でしょう。

その他初期費用や利用できる機能

初期費用

3,300円

別途SIMカード発行手数料
タイプDタイプAeSIM
433.4円466.6円220円
その他

データの繰り越しや、テザリングが無料で利用できるのは嬉しいですね!

ギガぴた(従量制プラン)

料金プラン、最後にご紹介させていただきますのは「ギガぴた」

こちらは従量制プランとなっていて、内容はかなり特殊かと思います。

povoと同じような、使いたい分だけデータ容量を追加していくスタイルのプランとなっています。

povoについて確認されたい方はこちらを参考にしてみてください。

料金は以下の通りです。

回線タイプA
※タイプA=au回線
バンドルクーポン音声通話機能
付きSIM
SMS機能
付きSIM
〜1GB1,298円528円
〜2GB1,548円770円
〜3GB1,760円990円
〜4GB1,980円1,210円
〜5GB2,200円1,430円
〜6GB2,420円1,650円
〜7GB2,640円1,870円
〜8GB2,860円2,090円
〜9GB3,080円2,310円
〜10GB3,300円2,530円
〜11GB3,520円2,750円
〜12GB3,740円2,970円
〜13GB3,960円3,190円
〜14GB4,180円3,410円
〜15GB4,400円3,630円
〜16GB4,620円3,850円
〜17GB4,840円4,070円
〜18GB5,060円4,290円
〜19GB5,280円4,510円
〜20GB5,500円4,730円
※表示価格は税込み

ギガぴた(従量制プラン)を利用する流れとしては

  1. バンドルクーポンを購入する(1GBから20GBまでの20種類)
  2. クーポンのON/OFFを選ぶ(IIJmioホームページ、または専用アプリから操作)

この2ステップで利用できます!

クーポンのON/OFFについて簡単に説明すると、購入したクーポンを利用して通信を行うか、通信速度に制限をかけて通信を行うか選択できます。

通信速度が速くなくても大丈夫な時はクーポンOFFにして利用すると、通信量が節約できます!

バンドルクーポン適用時・非適用時の通信速度、速度規制対象となるデータ量は以下の通りです。

通信速度クーポン適用時下り最大958Mbps
上り最大112.5Mbps
クーポン非適用時最大200kbps
速度規制
対象となる
データ量
クーポン適用時3日あたり6GB
クーポン非適用時3日あたり366MB

バンドルクーポン有効期限は購入月の月末までです。

翌月にくりこしが出来ませんのでご注意ください。

「ギガぴた(従量制プラン)」に関しては、SMS機能付きSIMをうまく活用できる方であれば、お得に利用できるかもしれません。

通信量が足りなくなった時に、バンドルクーポンを自分で購入する必要があるため、スマホの操作などに慣れていない方や、通信量がどのくらい必要か分からない方ですと、扱いが少し難しい特殊なプランだと私は感じます。

BIC SIM(ビックシム)はキャンペーンでお得に!

家電量販店といえば、最大の強みは何だと思いますか?

キャンペーンでの割引やキャッシュバック!!

BIC SIMの本領発揮はここからです。

初期費用1円、6ヶ月間500円〜キャンペーン

早速インパクトの大きいキャンペーンがやってまいりました。

具体的な内容としては主に3点

  1. 月額料金 6ヶ月間 440円割引
  2. 初期費用 1円
  3. 通話定額 7ヶ月間 410円割引

例)音声通話SIM 2GB+5分通話定額 → 初期費用1円、6ヶ月間 月500円

初期費用1円
音声通話機能
付きSIM
2GB4GB8GB15GB20GB
月額410円550円1,060円1,360円1,560円
通話定額
かけ放題+
通話定額10分+通話定額5分+
990円290円90円

初期費用1円、6ヶ月間500円〜キャンペーンを適用した後の金額は、上記の表の内容になってきます。

特典内容そのもののインパクトは大きくないかもしれませんが、もともとの金額が安い為、値引きが入ることで非常に低価格な料金体系となります。(6ヶ月間限定)

破格の6ヶ月、スマホ+光回線セットで1,350円?!

いかがでしょう、、スマホと光回線で月1,350円

詳細、気になりませんか?早速みていきましょう。

BIC SIM(ビックシム)とセットで利用してお得になる光回線はビック光という事業者です!

IIJ mio同様にIIJ mioひかりをビック光として提供しています。

ビック光の月額料金は以下の通りです。

タイプマンション
タイプ
ファミリー
タイプ
(戸建)
月額料金4,356円5,456円
mio割
(スマホセット割)
−660円
(永年)
−660円
(永年)
キャンペーン割引−3,196円
(6ヶ月)
−3,196円
(6ヶ月)
合計500円1,600円
※価格は全て税込

1,350円の内訳は以下の表の通りです。

サービス名音声通話
機能付きSIM
(2GB)
ビック光料金
(キャンペーン適用後)
合計
月額料金
月額料金850円500円1,350円
※価格は全て税込

音声機能付きSIMの通信量によって料金が変動しますのでご注意ください。

最低の2GBの契約だった場合は1,350円で利用できます!

それではキャンペーンの内容について解説していきます!

①光回線 6ヶ月間  毎月3,196円割引

マンションタイプであれば毎月3,196円割引が入ります。

戸建て向けのプランの場合も割引は3,196円入りますが、通常の月額料金がマンションプランに比べ1,100円料金が高いのでご注意ください。

mio割(永年) 毎月660円割引

mio割とはBIC SIM(ビックシム)とビック光を契約している間は永年料金が割引されるサービスです。

こちらは先ほどの毎月3,196円の割引と併用が出来ますので

 月額料金4,356円−3,196円−660円=500円

で利用できるという仕組みです!

さらに!!

③新規or転用※115,000円キャッシュバック

もしくは事業者変更※238,300円キャッシュバック

※1 転用とはフレッツ光を利用している方が新たに工事をすることなく、光コラボレーションに乗り換えることです。光コラボレーションはフレッツ光の回線を使った光回線業者のことです。例えばBIGLOBE光やドコモ光などです。

※2 光コラボレーションから光コラボレーションへの乗り換えのことです。

MNP(他社から乗り換え)で10,000ポイントキャンペーン

こちらの内容は非常にシンプルで、スマホをBIC SIM(ビックシム)にMNP(他社から乗り換え)することでビックカメラのポイント、ビックポイントが10,000円分もらえるということです。

ビックポイントで月々の携帯料金に充てるもよし、欲しい家電があったら家電に使っても良し!非常に嬉しいですよね!

ビックポイントで月々のスマホ料金を支払うことができます。

もし仮に月額料金が1,000円前後のプランを選択したとします。

キャンペーンでもらった10,000ポイントを利用し

月1,000円月1,000円月1,000円月1,000円月1,000円月1,000円
−1,000
ポイント
−1,000
ポイント
−1,000
ポイント
−1,000
ポイント
−1,000
ポイント
−1,000
ポイント

このようなイメージで毎月の料金をポイントで支払っていけば、半年間以上 実質0円が狙えそうですよね

ビックカメラ常連の方ならポイントで月々の料金をまかなえる?!

ビックカメラ常連の方であれば、キャンペーンのポイントを使い切ってもまた新たにポイントが貯まると思うので、そのポイントで支払い続けるということも、人によってはできるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

BIC SIMの評判をもとにオススメの方
  • 昼や夕方に通信速度が遅くなっても大丈夫な方
  • 電話をあまり使わない方
  • ビックカメラでよくお買い物をする方
  • キャンペーンを利用してお得に契約をしたい方

このような方にオススメです!

ビックカメラでよくお買い物をする方でしたらBIC SIM(ビックシム)を検討する価値は十分あるかと思います!

昼や夕方に繋がりづらくなると困る方や電話を安定して利用したい方は、ワイモバイルやUQなどの大手キャリアのサブブランドもあるので、そこも併せてご検討されることをおすすめします。

気になった方はこちらも参考にしてみてください。

どのキャリアを選ぶか、情報が沢山あり、わかりづらくて大変ですよね。

フォンシェルジュ提携店舗のTOP1では、いくつかのキャリアを比較して、皆様にピッタリのスマホや料金プランを選んでいただくためのご提案やサポートをしております。

是非お気軽にお越しくださいませ。

今後もスマホをより便利に利用できるよう情報を発信していきます。これからも宜しくお願い致します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次