MENU

iPhone15 Pro|スペック・特徴・価格

iPhone15 Proのスペック・価格
  • URLをコピーしました!

本サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事の内容は公平中立を保って作成しておりますので安心してご利用ください。

9月21日に発売が決定!最新のiPhone15 Pro」のスペックと特徴を解説!!

この記事では、iPhone15 Pro(アイフォーンフィフティーンプロ)のスペック(性能)や代表的な特徴についてまとめました。

前モデル「iPhone14 Pro」と比較して、変更・追加されている項目は赤字で記載しております。

購入検討中の方は是非参考にして下さい!

iPhone15シリーズのご予約はWebから24時間受付中です。

  • 新型iPhoneの予約は、2023年9月15日の21時より予約開始します

新型iPhoneの購入

最新のiPhoneは、ソフトバンク・au・ドコモ・楽天モバイル・アップルストアでのみ販売しています。

目次

iPhone15 Proの主なスペック/価格

iPhone15 Pro|機種情報

メーカーAPPLE(アップル)
ホワイトチタニウム
ナチュラルチタニウム
ブルーチタニウム
ブラックチタニウム

iPhone15 Pro|予約開始・発売日

予約開始日2023年9月15日
21:00~
発売日2023年9月22日

iPhone15 Pro|販売価格

Apple公式ストアの販売価格

本体容量一括分割
128GB159,800円4,438円/月
36回払い
256GB174,800円4,855円/月
36回払い
512GB204,800円5,688円/月
36回払い
1TB234,800円6,522円/月
36回払い
※表示金額は税込み

iPhone15 Proには128GBモデルがありますが、iPhone15 Pro Maxには128GBモデルはありません。

128GB

キャリア一括総額サポート適用時
実質負担
ドコモ192,060円97,020円
au185,860円99,705円
ソフトバンク185,760円96,120円
楽天モバイル179,800円89,880円
※表示金額は税込み/2023年12月27日時点

256GB

キャリア一括総額サポート適用時
実質負担
ドコモ218,790円110,550円
au211,930円112,930円
ソフトバンク211,680円109,200円
楽天モバイル205,800円102,888円
※表示金額は税込み/2023年12月27日時点

512GB

キャリア一括総額サポート適用時
実質負担
ドコモ255,090円131,010円
au248,560円131,560円
ソフトバンク248,400円130,680円
楽天モバイル240,900円120,432円
※表示金額は税込み/2023年12月27日時点

1TBGB

キャリア一括総額サポート適用時
実質負担
ドコモ291,830円158,510円
au285,420円150,420円
ソフトバンク285,120円150,360円
楽天モバイル276,800円138,384円
※表示金額は税込み/2023年12月1日時点

機種の変更と同時にキャリアの変更も考えている方は、各社のプランや条件と併せて比較してみましょう。

\スマホを買うなら買い替えサポートの利用がお得/

ドコモauソフトバンクでは2年でスマホを返却する買い換えサポートを適用することで負担金を減らすことができます。

買い換えサポートについて詳しくは以下の記事をご覧下さい。

新型iPhoneの購入

最新のiPhoneは、ソフトバンク・au・ドコモ・楽天モバイル・アップルストアでのみ販売しています。

iPhone15 Pro|本体サイズ/ディスプレイ(画面)

ディスプレイ
画面サイズ
約6.1インチ
画面の種類有機EL
Super Retina XDRディスプレイ
解像度2,556 x 1,179
リフレッシュレート最大120Hz
最大輝度最大2,000nits
本体サイズ約W70.6×H146.6×D8.25mm
重さ約187g

iPhone14 Proの重量は206gでしたが、ボディ素材がステンレスから「チタニウム(チタン)」になったことで軽量化に成功!19g軽くなりました!

iPhone15 Pro|基本スペック

バッテリー容量測定中
ワイヤレス充電対応
外部メモリ
SIMnano SIM/eSIM
OS
(初期搭載)
iOS17
CPUA17 Proチップ
ROM128GB
256GB
512GB
1TB
RAM測定中
8GBと言われています
充電端子USB-C
USB3に対応

iPhone15・iPhone15 Plusは「A16 BIonic」チップですが、iPhone 15 Pro・iPhone 15 Pro Maxでは、最新の『A17 Proチップ』を搭載しているので、iPhone 14 Proシリーズや、iPhone 15・iPhone 15 Plusと比べ、より処理性能が向上しています。

重たいゲームやアプリなどを快適に使いたいならiPhone 15 Proシリーズがお勧めです。

iPhone15 Pro|便利機能

防水防塵
IP68
耐衝撃
おサイフケータイ
生体認証顔認証
イヤホンジャック
ワンセグ
赤外線
緊急速報メール
衛星経由の緊急SOS
衝突事故検出

便利機能は、iPhone14シリーズからの追加機能は特にありません。

iPhone14より衛星通信対応のアンテナが内臓され、衛星経由での緊急SOSが可能になりました。

スマホの電波が繋がらない場所からでも緊急通報するだけで現在位置を共有することができるので、災害などの緊急時には非常に役に立つ機能です。

但し、2023年9月13日時点ではオーストラリア・オーストリア・ベルギー・イタリア・ルクセンブルク・オランダ・ニュージーランド・ポルトガルのみ対応で、日本では未実装となっているので注意しましょう。

また、衝突事故検出にも対応したので、自動車で衝突事故を起こして意識を失ってしまったり、iPhoneが手の届かない位置に行ってしまった場合にも自動的に緊急通報をすることができます。

追加機能自体はありませんが、ボディ素材がチタニウム製になったことで、耐久性は向上しています!

iPhone15 Proのカメラ性能/機能

カメラ性能

メインカメラ広角:約4,800画素(F値1.78)
超広角:約1,200万画素(F値2.2)

超広角:約1,200万画素(F値2.8)
サブカメラ広角:約1,200万画素(F値1.9)
ズーム3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
6倍の光学ズームレンジ
デジタル:最大15倍
光学ズーム
オプション
0.5倍・1倍・2倍・3倍

iPhone15 ProとiPhone15 Pro Maxはほぼ性能に違いがありませんが、「ズーム」機能において差があります。

iPhone15 Proの光学ズームオプションが最大3倍なのに対し、iPhone15 Pro Maxは最大5倍なので、その分遠くまで高画質な写真を撮影することができます。

カメラ機能(画像)

アウトカメラナイトモード
ナイトモードの
ポートレート
ポートレートモード
ポートレート
ライティング
スマートHDR
スマートHDR5
Photonic Engine
Deep Fusion 
フォトグラフスタイル
マクロ写真撮影
センサーシフト式
光学式手ブレ補正

第2世代
True Toneフラッシュ
アダプティブ
True Toneフラッシュ
Apple ProRAW
インカメラナイトモード
ポートレートモード
ポートレート
ライティング
シネマティックモード
スマートHDR
スマートHDR5
Photonic Engine
Deep Fusion
フォトグラフスタイル
Retina Flash
HDビデオ撮影
ProResビデオ撮影

iPhone14 Proから追加になったカメラ機能はありませんが、「スマートHDR4」が「スマートHDR5」になったので、よりクオリティの高い写真撮影ができるようになったようです!

機能解説

アダプティブTrue Toneフラッシュ

フラッシュ撮影時に、焦点の距離に合わせてフラッシュの光の明度とパターンを自動で調整してくれる機能。

被写体に合わせてベストな光を当てることが可能

ポートレートライティング

ポートレート撮影時に、5種類の照明効果を加えることができる機能。

より被写体に焦点を当てて引き立たせてくれる。

Deep Fusion(ディープフュージョン)

合計9枚の画像(短時間露光:4枚/標準:4枚/長時間露光:1枚)を合成することで1枚の高画質な写真を生成する機能。

  • iPhone11以降(iOS13.2)の対象機種で使用可能
スマートHDR

明暗差が大きいシーンを撮影した際の白飛びや黒つぶれを、できるだけ小さくする機能。

明るいところは色鮮やかに、暗いところはより細かく表示され、人の目で見る画像に違い状態で撮影できる。

Photonic Engine

Photonic Engine(フォトジェニック エンジン)」は、「Deep Fusion(ディープ フュージョン)」を画像情報を圧縮する前の早い段階で適用させる機能。

それにより、より色合いや質感の美しい写真を撮影することができる。

明るさの足りないところで撮影した時、フロントカメラでは最大2倍、メインカメラでは最大2.5倍明るさが向上。

  • Deep Fusion(ディープ フュージョン)…iOS 13.2で追加された画像処理機能。高速シャッターで撮影した複数の写真を合成で組み合わせ、より高画質な1枚の写真を生成する。
フォトグラフスタイル

カメラアプリで撮影する際に、エフェクトをかけられる機能で、写真の色味やトーンを変更できる。

マクロ写真撮影

近い距離の小さな被写体を、大きく鮮明に撮影できる機能。

通常は、近づきすぎるとぼやけてしまいますが、マクロ写真撮影が可能なスマホなら、ぼやけることなく鮮明に写真撮影できます。

Apple ProRAW

iOS14.3以降の一部モデルで使える写真機能で、写真データフォーマットの一つ。

標準のRAWデータとiPhoneの画像処理を組み合わせて利用できるので、色・ホワイトバランスなどを柔軟に調整できる。

カメラ機能(動画)

画像/動画対応可否
4Kビデオ撮影
HD撮影
シネマティックモード
アクションモード
ドルビービジョン対応
HDR撮影
ProResビデオ撮影
(最大4K)
Logビデオ撮影
アカデミーカラー
エンコーディングシステム
マクロビデオ撮影
スローモーション
タイムラプス
スローモーション
ビデオ
タイムラプス
ビデオ
ナイトモードの
タイムラプス
QuickTakeビデオ
センサーシフト
光学式手ぶれ補正
ズーム3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大9倍のデジタルズーム
オーディオズーム
ステレオ録音

機能解説

Logビデオ撮影

通常の撮影時に、暗いところで撮影する際に起きる「黒つぶれ」や、明るいところで白っぽく写ってし合う「白飛び」を起こしがちな被写体でも、カラーデータが失われることなく記録され、よりイメージに近い映像を編集により作り出すことができる、編集時の自由度を高める撮影方法です。

Logビデオ撮影の特徴は、ダイナミックレンジ(明暗差)が広いので、明るい屋外での撮影などでも濃淡をハッキリとキレイに再現できます。また、実物に近い色を再現することも可能です。

アカデミーカラーエンコーディングシステム

映画製作業界におけるカラー管理の標準を目指す、無料でオープンなカラーマネジメントおよび画像交換システムのことです。

「アカデミーカラーエンコーディングシステム(ACES)」は、映画やテレビ、ゲーム、ウェブなど、さまざまなメディアで使用されており、異なるソース間(カメラ、VFXなど)の色空間を標準化することができます。

これにより、画像の色が、さまざまなデバイスや環境で正しく表示されるようになります。

メリット

  • 異なるソース間(カメラ、VFXなど)の色空間を標準化できるため、画像の色が、さまざまなデバイスや環境で正しく表示される。
  • 広い色域と高精度な色再現を実現するため、より自然で美しい画像を作成することができる。
シネマティックモード

ビデオ撮影時の被写体をくっきり移しながら、前景と背景を美しくぼかす機能。

自動で被写体にピントを合わせてくれ、他の被写体へも自動でフォーカスしてくれるので、誰にでも映画のような動画を撮影することができます。

アクションモード

動き回って撮影しても、手ブレを抑えて滑らかな動画がとれる機能。走りながら、歩きながら、乗り物に乗りながら、等の大きな動きがある時でも、ブレの少ない動画を取ることができます。

ProResビデオ撮影(プロレズ)

高画質で映像を圧縮できるコーデック(プログラム)の名称。

高画質な映像をスムーズに編集することができます。

マクロビデオ撮影

小さな被写体へ、カメラを極限まで近づけて、拡大しながら撮影できる機能。

昆虫や花など、小さな世界を拡大して撮影することができます。

タイムラプスビデオ

一定間隔で撮影された静止画を繋げ、早回し再生されているような動画を撮影できる機能。

同じ場所で固定して撮影すると、コマ送りのような幻想的な動画を撮影することができます。

ステレオ録音

音が左右に分離され、実際に音が鳴っている場所の位置や奥行きがわかりやすくなる機能。

iPhone15 Pro|対応バンド(周波数帯)

iPhone15 Pro|5G通信対応バンド

Sub-6とミリ派のメリット・デメリット

種類メリットデメリット
Sub-6
n3/28/77/78/79
対応機種が多い
障害物に強い
提供範囲が広い
同時接続台数が少ない
ミリ波より遅い
ミリ波
n257
超低遅延
超高速通信
対応機種が少ない
端末代が高額
障害物に弱い
提供範囲が狭い
※Sub-6:国際的に主要な5G通信の周波数帯
※ミリ波:5Gで高速通信を実現する周波数帯
スクロールできます
ドコモau
UQモバイル
povo
ソフトバンク
ワイモバイル
楽天モバイル
n3
1.7GHz帯
n28
700MHz帯
n77
3.8GHz帯
3.7GHz帯
n78
3.7GHz帯
3.6GHz帯
3.5GHz帯
3.4GHz帯
n79
4.5GHz帯
4.7GHz帯
※ご購入されたキャリア以外で利用する場合、動作保証はされていません。端末の状態によっては利用できない場合があります

iPhone14シリーズまでと同じく、日本版のiPhone14シリーズは5Gの対応バンドはsub‑6のみとなっており、ミリ派は非対応です。

iPhone15 Pro|4G/LTE通信対応バンド

スクロールできます
ドコモau
UQモバイル
povo
ソフトバンク
ワイモバイル
楽天
モバイル
バンド1
2.1GHz帯
2.0GHz帯
バンド3
1.8GHz帯
1.7GHz帯
バンド8
900MHz帯
バンド11
1.5GHz帯
  
バンド18
800MHz帯
バンド19
900MHz帯
800MHz帯
バンド21
1.5GHz帯
バンド26
800MHz帯
バンド28
700MHz帯
バンド41
2.5GHz帯

WiMAX2+

SoftBank Airなど
バンド42
3.5GHz帯
3.4GHz帯
※ご購入されたキャリア以外で利用する場合、動作保証はされていません。端末の状態によっては利用できない場合があります

日本で快適に利用するための5つのバンド(Band1・Band3・Band8・Band18/26・Band19/26)に対応しているので、基本的にどのキャリアも利用できます。

iPhone15 Pro|まとめ

今回は、「iPhone15 Pro」の機種情報やスペック(性能)について解説してきましたが、いかがでしたか?

前モデル「iPhone14 Pro」と比較して新しく追加された機能をまとめると以下の通りです。

  1. ボディ素材がチタンになり軽量化&高耐久に
  2. コネクタがLightningから高速な『USB-C(Type-C)』に
  3. カメラ・ビデオ撮影が進化
    • Logビデオ撮影』に対応
    • アカデミーカラーエンコーディングシステム(ACES)』採用
  4. 最新のA17 Proチップ搭載
  5. ミュートスイッチが『アクションボタン』へ変更
  6. Threadネットワークテクノロジー』対応でネットワーク強化

iPhone15とiPhone15 Plusの違いは「大きさ」と「ズーム機能」です。性能面ではほぼ違いがありませんので、どちらにしようか迷っている方は、大きさとズーム機能で判断してみてください。

フォンシェルジュ提携店舗のTOP1各キャリアショップでは、実際にお試しいただける実機もご用意しておりますので、是非とも実機を手に取ってみて下さい♪

  • 実機はiPhone発売日以降に展示されます。

その他にも機種やプラン選びでお悩みがある方は、是非店頭にてご相談ください。


新型iPhoneは、発売してから数カ月は、フリーの在庫はほぼありませんので、欲しい機種が決まっている場合は、予約することをお勧めします。

店舗で、予約がキャンセルになった場合、飛び込みのお客様の手に渡ることはほとんどなく、ご予約いただいている方へ順番に回っていくイメージです。予約をしておいた方が確実に手に入ります。

iPhone15シリーズのご予約はWebから24時間受付中です。

  • 新型iPhoneの予約は、2023年9月15日の21時より予約開始します

新型iPhoneの購入

最新のiPhoneは、ソフトバンク・au・ドコモ・楽天モバイル・アップルストアでのみ販売しています。

フォンシェルジュのLINE公式アカウントでは、自分に合う性能や機能をもった機種を簡単に見つけることができます。最新機種の情報も随時更新しているので、ぜひご活用下さい

端末性能・スマホの選び方
  • rakutenmobilerakutenmobile
  • docomodocomo
  • softbanksoftbank
  • auau
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
スマホの無料料金診断はこちら