【徹底比較!】国産スマホのおすすめは?日本製を選ぶメリット・デメリット

  • URLをコピーしました!

本サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事の内容は公平中立を保って作成しておりますので安心してご利用ください。

日本人だから出来れば日本製スマホを応援したい!

日本製はiPhoneやPixelシリーズには劣るって聞くけど、実際はどう?

スマホを選ぶ際に、皆さんは何を重視して選びますか?

見た目、スペック、価格…色々ありますが、好きなメーカーだから!という方もいらっしゃいますよね。

そこで今回は、日本の技術が詰め込まれていて、日本人の使い方に合わせて作られた国産スマホをご紹介します。

日本製のスマホでおすすめしたい機種5選と合わせて、国産スマホのメリット・デメリットも解説していきます。

「日本メーカーのスマホが気になる!」という方はぜひ参考にしてみてください。

目次

人気のある国産メーカーは?

2023年9月に40,000人を対象に行われたMMD研究所のインターネット調査によると、メインで利用しているスマートフォンの機種は?という質問に対してAndroidユーザーは、「AQUOS」が最も多く28.0%、次いで「Xperia」が21.2%、「Galaxy」が14.1%となった。

日本スマホの代表的なメーカーとしては他に、

  • FCNT(旧富士通):arrowsシリーズ
  • 京セラ:シニア・キッズスマホ

などが有名ですが、FCNT(旧富士通)は経営破綻、京セラは撤退を発表しています。

もちろん撤退するメーカーのスマホも購入できますが、今後の国産スマホはSONY(ソニー)・SHARP(シャープ)の2社になると予想されます。

そこで今回は、SONY(ソニー)Xperiaシリーズ、SHARP(シャープ)AQUOSシリーズに絞っておすすめしていきたいと思います。

国産スマホのおすすめ5選

高価格帯のハイスペックなスマホ~コストパフォーマンス抜群な機種まで、おすすめの機種を5つ紹介します。

AQUOS sense8

AQUOS sense8のスペック表

発売日2023年11月9日
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ幅:71mm
高さ:153mm
厚さ:8.4mm
重さ159g
アウトカメラ標準:5,030万画素
広角:800万画素
インカメラ800万画素
バッテリー5,000mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 6 Gen 1
認証指紋認証・顔認証
防水・防塵性能IPX5/IPX8・IP6X
カラー
※ブルーはドコモオンラインショップのみ

AQUOS sense8の価格

キャリアごとに割引対象プランがございますので、詳しくは公式サイトをご覧下さい。

ドコモ62,150円公式サイトを見る
au59,800円公式サイトを見る
楽天モバイル63,800円公式サイトを見る
UQモバイル59,800円公式サイトを見る

メリット・デメリット

メリット
  • 大容量5000mAhのバッテリーを内蔵
  • 重さは159gで軽く、薄く、持ちやすい
  • 片手撮りUIと優れた手ぶれ補正機能
  • ロック解除は指紋センサーと顔認証に対応
デメリット
  • ステレオスピーカーは非搭載なので音質は期待できない
  • 広角カメラの画質はいまいち
  • 指紋センターが物理ボタンになったことで意図しないタイミングで解除されてしまう
  • 重たいゲームは出来なくはないが、快適ではない

この値段でこれだけの機能性あれば十分過ぎると思います。

性能と価格のバランスは素晴らしいです。

正直、高機能性を期待している方は、もう少し値段も高いハイスペックな機種を購入すると良いと思います。

例えば、デメリットでも挙げていますがスピーカーから出る音を最重要視する方には物足りなさを感じてしまうでしょう。

イヤホンをして音楽や動画を楽しむ方なら問題ありません。

高機能性求めてない人ならばこの値段でこの機能性であれば納得できると思います。

AQUOS R8 pro

AQUOS R8 proのスペック表

発売日2023年7月20日
画面サイズ6.6インチ
本体サイズ幅:77mm
高さ:161mm
厚さ:9.3mm
重さ約203g
アウトカメラ4,720万画素
インカメラ1,260万画素
バッテリー5,000mAh
RAM12GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 8 Gen 2
認証指紋、顔
防水・防塵性能IPX6/8・IP6X
カラーブラック

AQUOS R8 proの価格

ドコモ209,000円公式サイトを見る
ソフトバンク191,520円公式サイトを見る

メリット・デメリット

メリット
  • ライカカメラ社監修の高性能カメラ搭載
  • 室内でも正確な色合いの撮影が可能な「14chスペクトルセンサー」搭載
  • 発熱対策「サーモマネジメントシステム」搭載
  • 指紋認証は超高速「Qualcomm 3D Sonic Max」に対応
デメリット
  • 同じSHARP製テレビとのスマホミラーリング機能は非搭載
  • 分厚くて大きいので片手で操作したい人には不向き
  • ハイエンドモデルなので値段が高い

「AQUOS R8 pro」のカメラはボケ味の強い単焦点レンズで、カメラの撮り方に詳しくなくても切れ味のある綺麗な写真が撮れて楽しいハイエンドモデルの端末です。

夜景や人物もプロ並みに撮影できるカメラ性能」に特化した機種です。

本体価格が約20万するので、あとはお財布との相談になるかと思います。

AQUOS wish3

AQUOS wish3のスペック表

発売日2023年7月6日
画面サイズ5.7インチ
本体サイズ幅:70mm
高さ:147mm
厚さ:8.9mm
重さ約161g
アウトカメラ1,300万画素
インカメラ500万画素
バッテリー3,730mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUMediaTek Dimensity 700
認証指紋、顔
防水・防塵性能IPX5/7・IP6X
カラーグリーン
ホワイト
ブラック

※ピンクはワイモバイル限定色

AQUOS wish3の価格

ドコモ37,863円公式サイトを見る
ソフトバンク25,920円公式サイトを見る
楽天モバイル29,700 円公式サイトを見る
ワイモバイル25,920円公式サイトを見る
イオンモバイル36,080円公式サイトを見る
mineo32,472円公式サイトを見る
QTmobile36,960円公式サイトを見る

メリット・デメリット

メリット
  • 耐衝撃性能
  • 「かんたんモード」や「ジュニアモード」に設定可能。子供に持たせやすい。
  • 薄くて軽くて持ちやすい
  • 値段が非常に安くキャンペーンを適用すると1万円台で購入できる場合もある
デメリット
  • スペックやカメラ性能は普通レベル
  • バッテリーの持ちも5,000mAhの機種と比べると弱い
  • ゲームや動画をたくさん観る方には不向き

「AQUOS wish3」は、コストパフォーマンスに優れた機種です。

初めてスマホを持つお子様やご年配の方、業務用のスマホ、2台目のスマホとして使ってる方が多いです。

wishシリーズはタッチ感度が悪いという印象でしたが、レビューを確認するとこちらの「AQUOS wish3」は、

タッチ感度が良くなってる!

と嬉しい声もあがっていました。

スマホの利用は最低限なので、とにかく安い国産スマホを探している方におすすめの機種です。

Xperia 1 V

Xperia 1 Vのスペック表

発売日2023年6月16日
画面サイズ6.5インチ
本体サイズ幅:71mm
高さ:165mm
厚さ:8.3mm
重さ187g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
バッテリー5,000mAh
RAM12GB/16GB
ROM256GB/512GB
CPUSnapdragon 8 Gen 2
認証指紋
防水・防塵性能IPX5/8・IP6X
カラーブラック
プラチナシルバー
※カーキグリーン(SIMフリー特別色)

Xperia 1 Vの価格

ドコモ218,680円公式サイトを見る
au210,240円公式サイトを見る
ソフトバンク198,000円公式サイトを見る
ソニーストア194,700円公式サイトを見る

メリット・デメリット

メリット
  • ゲーム専用機能が多数搭載。ゲームする人には最適
  • 大容量5,000mAhバッテリー
  • 21:9の縦長デザイン
  • ハイエンドモデルなのに、薄くて軽量
デメリット
  • 画面の最大輝度は従来のモデルと変わらない
  • 本体価格が高い

Xperia史上最高のスペックになっている「Xperia 1 V」。

これだけ沢山の機能が詰まっていてカメラの性能が良いと本体はすごく重たくなってしまうのが普通ですが、

このモデルは重さ187gでとっても軽い!

という口コミが多くありました。

Xperia 1 Vはすべての機能が高性能ですが、人によってはオーバースペックになる可能性があります。

本体価格も約20万しますので、購入の際はよくご検討下さい。

ただ、こだわってカメラ撮影がしたい方、高音質を求める方、ゲームも快適にしたい方にはベストな機種になっています。

Xperia 5 V

Xperia 5 V

※画像引用 SONY公式サイト

Xperia 5 Vのスペック表

発売日2023年10月27日
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ幅:68mm
高さ:154mm
厚さ:8.6mm
重さ182g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
バッテリー5,000mAh
RAM8GB
ROM128/256GB
CPUSnapdragon 8 Gen2
認証指紋認証
防水IPX5/IPX8
カラーブラック
プラチナシルバー
ブルー

Xperia 5 Vの価格

ドコモ151,690円公式サイトを見る
au143,000円公式サイトを見る
楽天モバイル152,400円公式サイトを見る
ソニーストア139,700円公式サイトを見る

メリット・デメリット

メリット
  • 縦長のスリムなデザインで持ちやすい
  • 大容量5,000mAhバッテリー
  • イヤホンジャック搭載、microSDカードスロット搭載
デメリット
  • 重たいゲームや長時間の動画視聴で多少の発熱は感じられる
  • 望遠レンズは非搭載
  • 画面表示がピンクかかって見える場合がある

口コミでも多かったのは、ディスプレイガラスの色味問題。

白い色がピンクかかって見えたり、虹色に見えたりする現象ですが、個人差があり気になる方もいれば気にならない方もいるのが現状です。

色の変化に敏感で頭痛を感じる方もいるので、普段から気にならない方は問題ないでしょう。

それ以外は好評な口コミが多く、特にカメラアプリ「Photo Pro」を使うと、よりSONYのミラーレスカメラのような操作感で写真撮影が可能になりますので、写真を良く撮る方におすすめです。

国産スマホのメリット・デメリット

国産スマホのメリット

  • 国内メーカーが手がける安心感
  • 日本人が好きなおサイフケータイや防水・防塵に対応しているスマホが多い
  • スマホ初心者にも優しい

国産スマホの良いところは、海外製と違い日本人の使い方や、ライフスタイルを考えてスマホを作っているので、「あったらいいな!」と思う機能がしっかり搭載されています。

たとえば、

  • 海外製のスマホでは、防水・防塵機能も搭載されていないモデルも多いです。
    日本製のスマホは防水・防塵機能に対応し、中には「お風呂対応」や「丸洗いOK」のスマホもあります。
  • スマホに慣れていない方でも使いやすいように、かんたんモードにホーム画面を切り替えることも可能です。シニア向けのスマホでは無料の電話サポートがついている機種もあります。

カメラ性能は人気のiPhoneよりも綺麗に撮れる機種も多いので、一度携帯ショップや量販店などで実機を試してみると良いでしょう。

国産スマホのデメリット

  • 機種代金が海外製と比べて高い傾向にある
  • 選べる端末は限られる、スマホアクセサリが少ない

国産スマホのデメリットとしては、廉価版のスマホでも海外製のスマホに比べて機種代金は高い傾向にあります。

たとえば、Xiaomi(シャオミ)のRedmiシリーズやOPPOなど、中華系のメーカーは新品で約1万円台で購入できるスマホもあります。

またスマホケースにこだわりたい方にとっては、国産スマホのケースはiPhoneに比べて少ないです。

筆者が某携帯ショップで働いていた頃は、国産スマホのケースは1機種で大体3種類ほどしか置いていなかったです。

よくある質問

今回紹介した5機種の中でもどの機種が良いか迷ってしまう方もいると思います。

ゲームをするのに高い処理能力が必要だから国産スマホでどれがおすすめ?

など、ご自身の使い方に合ったスマホ選びの参考にしてほしいと思います。

バッテリーの持ちはどの機種がおすすめ?

  • AQUOS sense8
  • AQUOS R8 pro
  • Xperia 5 V
  • Xperia 1 V

上記の機種は、バッテリー容量5,000mAhなので丸2日充電しなくても問題ないでしょう。

その中でも「Xperia 5 V」はバッテリーの満足度が高いスマートフォンランキング(価格.com)で1位になっています。

コストパフォーマンスで考えるのであれば、「AQUOS sense8」は本体価格も安く、バッテリー持ちも優秀な機種になります。

ゲームをするならどの機種がおすすめ?

ハイエンドモデルの機種であれば、どの機種でもゲームは比較的快適に出来ます。

その中でも「Xperia 1 V」はゲーム専用機能を多数搭載してますので、非常におすすめです!

  • プレイに集中出来るフォーカス設定
  • 21:9のゲームに有利なワイド画面
  • 120Hz駆動ディスプレイ搭載
  • 240Hz残像低減技術
  • HSパワーコントロール
  • 本体のシャッターボタンでスクリーンショットが撮れる

など、他の機種にはないゲームをする方向けの機能を多く搭載してます。詳しくはXperia公式サイトで確認してください。

AQUOS sense8とAQUOS wish3はどっちがいい?

大きな違いは5つです。

  • カメラ
    AQUOS wish3 がシングルレンズ(1,300万画素)となっているのに対し、AQUOS sense8はデュアルレンズを採用。(5030万画素 (標準) +1300万画素 (広角))
  • ディスプレイ
    AQUOS wish3はHD+ (1520×720) 解像度の5.7インチ 液晶ディスプレイですが、AQUOS sense8では高画質なフルHD+ (2432×1080) 解像度の6.1インチ IGZO 有機ELディスプレイを採用。
  • メインメモリ (RAM)
    AQUOS wish3は4GBメモリー、AQUOS sense8は6GBメモリーを搭載。
  • バッテリー
    AQUOS wish3は3730mAhバッテリーですが、AQUOS sense8では5000mAhバッテリーを搭載。
  • 生体認証
    AQUOS wish3は顔認証のみ (ドコモ版は指紋認証にも対応) ですが、AQUOS sense8は指紋認証と顔認証に対応しています。

10万円以上するスマホが主流の今、スマホとしては格安で購入出来るので比較されやすい「AQUOS sense8」と「AQUOS wish3」ですが、全体的な性能はやはり「AQUOS sense8」の方が優れています。

  • とにかく安いスマホがいい
  • 子供にスマホを持たせたい
  • ゲームはしない
  • カメラの性能にこだわりはない

このようにお考えの方は、非常にコストパフォーマンスが高いAQUOS wish3をおすすめします! 

まとめ

今回は、「出来れば国産にこだわりたい」「日本企業を応援したい」と思っている方向けに国産スマホを紹介しました。

まとめ

国産スマホのおすすめ5選

  • コストパフォーマンス最高なAQUOS sense8
  • ライカカメラ社監修のカメラ性能が優れているAQUOS R8 pro
  • 初心者向け、子供にも持たせやすいAQUOS wish3
  • ゲーム専用機能満載なXperia 1 V
  • バッテリーの持ち、カメラ、パフォーマンスでバランスの良いXperia 5 V

国産スマホのメリット・デメリット

  • 国内メーカーが手がける安心感
  • 日本人が好きなおサイフケータイや防水・防塵に対応しているスマホが多い
  • スマホ初心者にも優しい
  • 機種代金が海外製と比べて高い傾向にある
  • 選べる端末は限られる、スマホアクセサリが少ない

スマホは実機で触ってみてから購入しましょう!

インターネットの情報だけだと思っていたものと違っていた…と後悔する場合も。

実機を触ってみたい方は、お気軽にフォンシェルジュ提携店舗にお越しください!

下のボタンからご予約いただければ、待ち時間もなくスムーズにスタッフと機種のご相談をすることが可能です。

店舗来店予約
  • ahamoahamo
  • LINEMOLINEMO
  • uq-mobileuq-mobile
  • rakuten-mobilerakuten-mobile
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次