【店員レビュー】iPhone14ProMaxの実機を使ってデザインやカメラ性能を評価してみた!

2022年9月16日にdocomo・au・ソフトバンク・楽天モバイルで取り扱いが開始されたAppleの「iPhone14 Pro Max」。

今回はiPhone14 Pro Maxのデザインカメラ性能について、解説を交えつつ実機を使ってご紹介!

iPhoneデビューの方にも分かりやすいように解説していきますので、是非購入の際の参考にして下さい。

基本的なスペックや特徴については、まず以下の記事をご覧下さい。

その他、iPhone14シリーズに関する記事はコチラから!

目次

iPhone14ProMaxのデザインをレビュー

カラー(新色ディープパープル)

今回フォンシェルジュが入手したカラーはディープパープルです!

iPhone14ProMax
iPhone14ProMax

紺色に近い紫色で、大人っぽくて高級感があります!

iPhone14ProMax

カメラレンズのフレームもメタリック調のパープルになっています。

同梱物

iPhone14ProMax
付属品
USB-C-Lightningケーブル
SIMピン
マニュアル
Appleロゴステッカー

2020年頃からiPhoneには電源アダプタ(ACアダプタ)が同梱されていないため、USB-C端子対応のアダプタをお持ちでない場合は別途購入が必要になります。

以前の同梱品と異なっているので、久しぶりにiPhoneに機種変更する方は注意しましょう。

iPhone14ProMax
USB-C端子対応のアダプタ

iPhone14を高速充電するために必要な出力は20Wです。

高速充電を利用したい場合は20W出力のアダプタを購入しましょう

前面デザイン

iPhone14ProMax
W77.6H160.7D7.85
※幅(W)✕高さ(H)✕厚さ(D)

画面サイズ6.7インチ、重さ約240gです。

iPhone13 Pro Maxより重さは2グラム増えているようですが、正直体感では全く分かりませんでした。

iPhone14ProMax

iPhone11Pro以降で採用されているSuper Retina XDRディスプレイは、スマートフォンに搭載されたOLEDディスプレイ(有機ELディスプレイ)としては史上最高の仕上がりと言われており、色の再現鮮度・コントラスト・鮮度どれを取っても最高水準と言えます。

更に、iPhone13 Pro Maxと画面サイズは変わらないにも関わらず、解像度は上がっているので、よりきめ細やかな画質を楽しむことができます。

iPhone14ProMax
画面の明るさ最大で撮影

iPhone14 Pro Maxは屋外で最大輝度2,000ニトに対応しているので、今までよりも直射日光下での画面が明るく見やすくなっています。

体感ではそこまで変化はわかりませんでした!

新機能常時表示ディスプレイ

iPhoneでは初の常時表示ディスプレイに対応しました。

画面をタップしなくても時計や通知などロック画面の確認が可能になります。

iPhone14ProMax
常時表示ディスプレイ

常時表示中は1Hzのリフレッシュレートを適用することで、消費電力を最小限に抑えています。また、iPhoneの画面を下にして置いたり、ポケットに入れている時は、節約のために画面が暗くなります

リフレッシュレート…ディスプレイを1 秒間に何回更新した(書き換えた)かの回数。リフレッシュレートが低い状態ほど電池の消耗は少ない。

常時表示ディスプレイの設定方法

  1. 「設定」
  2. 「画面表示と明るさ」
  3. 「常にオン」がになっていれば常時表示オン

新機能Dynamic island

iPhone14 Proシリーズではノッチが廃止され、通知を表示する「Dynamic island(ダイナミック アイランド)」というパンチホールに変更されました。

iPhone14ProMax
左:iPhone14、右:iPhone14 Pro Max

Dynamic island」とは?

Dynamic island(ダイナミック アイランド)」は、パンチホール部分をタップすることで通知やアプリを開いたり、長押しすることで操作ができる機能。

パンチホール部分の形が広がったり縮んだりと自由自在に変動する。

マップアプリのルート案内利用時

時計アプリのタイマー利用時

画面録画撮影時

背面・側面デザイン

iPhone14ProMax
iPhone14ProMax

背面素材はパールがかったようなサラサラな触り心地で、指紋は目立ちづらい印象です。

iPhone14ProMax
iPhone14ProMax

側面はアルミニウム採用なので指紋は付きやすい印象です。

メタリック調のパープルがアクセントになっていてかっこいいデザインです。

iPhone14ProMax

コネクタの形状は相変わらずLightning採用です。

iPhone14ProMax

カメラが改良され、センサーが大きくなった影響でレンズが分厚くなった!と話題になっていましたが…本当に、かなり大きくて分厚いです。

iPhone14と比較してみるとこの通り。

iPhone14ProMax
左:iPhone14 右:iPhone14 Pro Max
iPhone14ProMax
左:iPhone14 右:iPhone14 Pro Max
iPhone14ProMax
左:iPhone14 右:iPhone14 Pro Max

カメラ性能に違いがあるので比較しても仕方が無い部分ではありますが、写真で見るより実物の方がインパクトがあったので、ここは1度実物を見てからチェックするべきポイントかなと思います!

iPhone14ProMaxのカメラ機能をレビュー

メインカメラ広角:約4,800万画素(F値1.78)
超広角:約1,400万画素(F値2.2)
望遠:約1,200万画素(F値2.8)
サブカメラ約1,200万画素(F値:1.9)

iPhone13 Pro Maxと比較すると、メインカメラは広角・超広角レンズのF値が上がり、多少暗くなっているものの、広角レンズの画素数は4,800万画素へと大幅に向上しています!

サブカメラのF値は下がり、より明るく綺麗な写真が撮れるように向上しています。

F値って何?

「F値」、別名「絞り値(しぼりち)」は、カメラの明るさシャッターを切る速度を決める数値

F値が小さいほどカメラを絞っている部分が少ないので、その分光が入り明るい撮影ができ、シャッターを切る速度も速くなるため、ブレを抑えることもできる。

特に夜間などの暗いシーンでは差が生まれるので、F値が小さい機種を選ぶのがおすすめ!

iPhone14ProMax

また、4つの画素を1つにまとめることで4倍の光を取り込むクアッドピクセルセンサーを取り入れ、暗めの場所での撮影時、iPhone13 Pro Maxよりも画質が最大2倍向上します。

メインカメラで撮影

iPhone14ProMax
iPhone14ProMax
iPhone14ProMax
iPhone14ProMax
iPhone14ProMax
iPhone14ProMax

iPhone14シリーズの新機能として「Photonic Engine」が搭載されました。

Photonic Engine(フォトジェニック エンジン)」は、「Deep Fusion(ディープ フュージョン)」を画像情報を圧縮する前の早い段階で適用させる機能で、より色合いや質感の美しい写真を撮影することができる。

明るさの足りないところで撮影した時、フロントカメラでは最大2倍、メインカメラでは最大2.5倍明るさが向上。

 Deep Fusion(ディープ フュージョン)…iOS 13.2で追加された画像処理機能。高速シャッターで撮影した複数の写真を合成で組み合わせ、より高画質な1枚の写真を生成する。

Photonic Engineは自動適用なので、どのタイミングで適用されているのかは、撮影者側には全くわかりません

デジタルズームで撮影

iPhone14ProMax
通常時
iPhone14ProMax
デジタルズーム撮影時(15倍)
iPhone14ProMax
通常時
iPhone14ProMax
デジタルズーム撮影時(15倍)

最大15倍のデジタルズームはiPhone13 Proシリーズから付いている機能ではありますが、細部までかなり綺麗に撮影できます!

新機能「アクションモード」で撮影

iPhone14シリーズで新しく追加された機能は「アクションモード」ですので、アクションモードのみ試していきます!

アクションモードでは強力な手ブレ補正をすることができ、走りながらなど激しい動きをしながらの撮影でも滑らかな映像を撮ることができます。

スマホ用のジンバルが不要になるレベルとのことで、動画撮影を行う方には嬉しい機能ですね。

ジンバル…スマホを手で持って撮影する時に生じる揺れを吸収し、手ブレを防ぐことができる装置。

では実際に使っていきましょう。

まず動画撮影画面を起動し、左上の人が走っているマークをタップすると作動します。

iPhone14ProMax

階段を走って下りながら撮影していきます。

これは凄い!!

相当激しく上下に振りながら駆け下りましたが、驚くほどに手ブレ補正されています…!

これなら走ったり、マウンテンバイクに乗りながらの撮影でも本当にジンバル不要だと思います!!

iPhone14ProMaxについてのまとめ

iPhone14ProMax

今回はiPhone14 Pro Maxのデザインカメラ性能について、解説を交えつつ実機を使ってご紹介してみましたが、いかがでしたか。

iPhone14 Pro Maxで新しく追加された機能をまとめると以下の通りです。

  1. 解像度が上がりきめ細やかな画質に
  2. 最大輝度2,000ニトで屋外でも明るい画面
  3. 常時表示ディスプレイで簡単に画面確認
  4. Dynamic islandで動くパンチホール
  5. メインカメラのクアッドピクセルセンサーで画素数向上
  6. アクティブTrue Toneフラッシュで明るく均一なフラッシュ
  7. インカメラのF値向上でより明るくブレない写真撮影
  8. インカメラのオートフォーカスでより美しい写真撮影
  9. Photonic Engineでより明るい写真撮影
  10. アクションモードでジンバルが不要に
  11. バッテリー性能向上
  12. 最新チップのA16 Bionicに対応
  13. Bluetooth Ver.5.3に対応
  14. 衛星経由の緊急SOSで緊急時も安心
  15. 衝突事故検出で事故の際も安心

衝突事故検出など事前に試してみることができない機能もありますが、基本的にiPhone14 Proシリーズはカメラ性能が進化ポイントであり、売りになっています。

何よりiPhoneは毎年進化する高級感溢れるデザインが魅力的で、注目している方も多いのではないでしょうか。

価格は安くはないですが、今回のiPhone14 Pro Maxも所有感が十分に満たされる1台でした!!

機種変更を検討されている方は、是非一度実機を見てみて下さい。

フォンシェルジュ提携店舗のTOP1各キャリアショップでは、お客様も実際に実機をお試しいただけます。

また、1人1人に合わせた機種のご案内を行っているので、機種でお悩みの方は是非とも店舗にご相談下さい♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次