GoogleとGoogle Chromeの違いって?実際に使ってみて感じた違いを解説!

GoogleとGoogle Chromeの違いって?実際に使ってみて感じた違いを解説!
  • URLをコピーしました!

本サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事の内容は公平中立を保って作成しておりますので安心してご利用ください。

Androidスマホには最初からGoogleアプリとGoogle Chromeアプリの2つがインストールされていて

この2つのアプリの違いって何なの?

2つとも必要なの?

と思っている方も多いのではないでしょうか?

本記事では、実際にGoogleアプリとGoogle Chromeを使っている私が、2つのアプリの違いについて解説させていただきます。

GoogleアプリGoogle Chromeアプリそれぞれのアプリでしかできないことも解説しているので、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

目次

【結論】GoogleとGoogle Chromeの違いはほとんどない

結論からお伝えするとGoogleアプリとGoogle Chromeアプリに違いはほとんどありません。

Googleアプリ

Google Chromeアプリ

以前までは画像で検索するなら「Googleアプリ」しか使えないなどがありましたが、最近では「Google Chromeアプリ」でも画像検索機能が使えます。

もちろん何かを検索したときの検索結果も、どちらの方がいい情報が表示されるということもなく、全く同じ検索結果が表示されます。

GoogleとGoogle Chromeのホーム画面を比較

GoogleとGoogle Chromeにほとんど違いはないとお伝えしましたが、本当にほとんど違いがないのか気になる方もいると思うので、まずはホーム画面を比較してみましょう。

iPhoneのGoogleとGoogle Chromeホーム画面

Google

Google Chrome

このようにGoogle 、Google Chromeともに、似たようなホーム画面になっていますね。

Googleアプリの方は、画像検索やカメラを使った翻訳機能など「Googleレンズ」を使った検索機能が直感的に使えるようになっています。

また、お気に入り登録しているスポーツチームの試合結果も表示されていますね。

Google Chromeアプリの方は、ブックマークやリーディングリスト、履歴へのアクセスがホーム画面からすることができるようになっていますね。

AndroidのGoogleとGoogle Chromeホーム画面

Google

Google Chrome

続いてはAndroidのGoogleアプリとGoogle Chromeアプリのホーム画面をみてみましょう。

AndroidもiPhone同様に、Googleアプリの方は、画像検索やカメラを使った翻訳機能など「Googleレンズ」を使った検索機能が直感的に使えるようになっています。

また、お気に入り登録しているスポーツチームの試合結果も表示されていますね。

Google Chromeアプリの方は、検索したワード履歴が表示され、ワンタッチでもう一度同じワードが検索できるようになっているのが特徴的です。

GoogleとGoogle Chromeの検索画面を比較

続いてはGoogleとGoogle Chromeの検索画面を比較してみましょう。

iPhoneのGoogleとGoogle Chrome

Google

Google Chrome

検索結果が表示される画面はほとんど同じです。

また、画面には載っていませんが、検索結果で表示されるサイトも同じでした。

しかし、検索結果のサイトをタップした後は、GoogleとGoogle Chromeに違いがあることが分かりました。

Googleアプリは、画面の下部に「i」というアイコンが表示されるようになります。

Google

Google Chrome

この「i」アイコンをタップしてみると、以下画像のように、そのサイトに訪れた人が興味がありそうなWebページを表示してくれます。

この機能はGoogle Chromeには搭載されておらず、Googleアプリでしか使えませんでした。

続いてはAndroidのGoogleとGoogle Chromeを比較してみましょう。

AndroidのGoogleとGoogle Chrome

Google

Google Chrome

Androidも検索結果が表示される画面については、ほとんど同じですね。

また、iPhoneのように、検索結果のサイトをタップした後に違いがあるということもありませんでした。

Googleアプリでしかできないこと

GoogleとGoogle Chrome、2つのアプリを使ってみて、Googleアプリでしかできないことについてまとめてみました!

Googleアプリでしかできないこと
  • 「保存済み」機能でWebサイトや画像、場所をお気に入り登録できる
  • 気になる歌を鼻歌で歌えば曲名が分かる
  • Search Labsで新機能を試せる
  • Gemini(AI機能)が使える
    (iPhoneのみ)
  • 画面のスクリーンショットをすると、そのまま友達に共有できる
    (iPhoneのみ)

では、1つずつ詳しく解説していきます。

「保存済み」機能でWebサイトや画像、場所をお気に入り登録できる

Googleアプリは、訪れたWebサイトや、検索した画像を「保存済み」に登録することができます。

「保存済み」に登録しておくことで、ブックマーク的な役割になり、「保存済み」に登録したコンテンツにすぐアクセスすることが可能です。

また、Google Mapを使って「行ってみたい」に登録しているスポットもこちらに表示され、そのスポットの情報をすぐに検索できる点も表示に便利です。

気になる歌を鼻歌で歌えば曲名が分かる

Google Chromeアプリでも音声検索はできますが、鼻歌や曲を聞かせて何の曲か検索できるのはGoogleアプリのみです。

そのため、気になる歌や、曲名が分からない曲がある場合はGoogleアプリで検索しましょう。

Search Labsで新機能を試せる

Googleアプリには「Seach Labs」という実装前の新機能をお試しで使えるサービスがあります。

新しい機能に興味がある人や、時代の最先端の技術を試しておきたい!という人はGoogleアプリを使いましょう!

Gemini(AI機能)が使える(iPhoneのみ)

こちらはiPhoneのみの機能です。

Androidの場合、「Gemini」自体を利用することはできるのですが、Googleアシスタントが「Gemini」に切り替わっているため、Googleアプリから「Gemini」の利用はできません。

「Geminiアプリ」があるので、そちらのアプリから同様の機能を使うことができます。

iPhoneでGoogleアプリを起動すると、画面の上部に星のようなマークがあります。

こちらをタップするとGoogleが開発したAIの「Gemini」が利用できます。

「Chat-GPT」が登場したときに、試しに利用してみた方も多いと思いますが、GeminiはChat-GPTのGoogle版だと思ってもらえれば大丈夫です。

例えば今回の記事のように「GoogleとGoogle Chromeの違いは?」など、気になることをGeminiに聞いてみましょう。

そうすると、GeminiはGoogle上にあるあらゆる記事を網羅して、要約してくれます。

また、要約してくれた内容が難しいと感じた時には「もっと簡単に説明して」などと指示すると、その指示に合わせた回答をしてくれます。

画面のスクリーンショットをすると、そのまま友達に共有できる(iPhoneのみ)

Googleアプリで画面をスクリーンショットを撮影すると、画面の下部に共有ボタンが表示され、そのまま友達などに共有することが可能です。

Google Chromeアプリの画面をスクリーンショットしても、共有ボタンは表示されません。

Google Chromeアプリでしかできないこと

GoogleとGoogle Chrome、2つのアプリを使ってみて、Google Chromeアプリでしかできないことについてまとめてみました!

Google Chromeアプリでしか
できないこと
  • タブ機能で、気になるページ保存しておける
  • PCと連動したブックマーク機能が使える

では、1つずつ詳しく解説していきます。

タブ機能で、気になるページ保存しておける

Google Chromeはタブ機能を使えば、気になるページをそのまま保存しておくことが可能です。

そのため、複数のサイトを同時に表示させたり、複数のサイトにまたがって調べものをするのに便利です。

例えば、北海道に旅行をする際、宿の情報や、観光するスポットの情報を検索すると思います。

検索する際、1個検索した後は、そのページを閉じて、もう一回別のことを検索する。ということをしていると非常に効率が悪いです。

タブ機能を使えば、気になるページは保存しておき、後ですぐに見返すことができるので、効率が良くなります。

ネットサーフィンをしていて、
気になるものは次から次へと検索できる

ちなみにiPhoneの場合は、Googleアプリでもタブ機能を使うことができます。

パソコンと連動したブックマーク機能が使える

Google Chromeのブックマーク機能は、パソコンのGoogle Chromeと連動しています。

そのため、普段からよくパソコンのブックマーク機能を使うという人は、Google Chromeアプリを使えば、パソコンのブックマークをそのまま使えるので、Google Chromeがおすすめです。

GoogleアプリとGoogle Chromeアプリ結局どっちを使えばいいの?

結論

自分が使いやすい方を使う

というのが一番いいと思います。

筆者はタブ機能を使って検索することがかなり多いので、Google Chromeアプリを使っていますが、ニュースを見たい人や、Googleレンズをよく使うという人はGoogleアプリの方がいいと思います。

2つのアプリを使い比べてみて、自分が使いやすい方を使いましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はGoogleアプリGoogle Chromeアプリの違いについて解説させていただきました。

では、本記事のまとめです。

  • GoogleとGoogle Chromeの違いはほとんどない

Googleアプリでしかできないこと

  • 「保存済み」機能でWebサイトや画像、場所をお気に入り登録できる
  • 気になる歌を鼻歌で歌えば曲名が分かる
  • Search Labsで新機能を試せる
  • Gemini(AI機能)が使える(iPhoneのみ)
  • 画面のスクリーンショットをすると、そのまま友達に共有できる(iPhoneのみ)

Google Chromeアプリでしかできないこと

  • タブ機能で、気になるページ保存しておける
  • パソコンと連動したブックマーク機能が使える
スマホの無料料金診断

結局どのプランが一番安いかわからない

自分にあったプランって結局どれなの?

そんな方は、フォンシェルジュの無料料金診断がおススメ!

最短1分、選択肢を選ぶだけの簡単診断で自分にあったプランが分かります。

診断費用は一切発生致しませんのでぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

  • rakutenmobilerakutenmobile
  • docomodocomo
  • softbanksoftbank
  • auau
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次