【テザリング無制限】ドコモ「5Gギガホプレミア」のメリットや「ギガホ」との違い

大手通信会社のau・ドコモ・ソフトバンク・楽天モバイルには、月間データ通信量が「無制限」で利用できるプランがあります。

この記事では、ドコモのデータ通信量無制限プランの「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」について、旧プランの「ギガホ」のプラン料金や割引サービスを比較しながら「ギガホプレミア」プランが向いている人について解説します。

目次

「5Gギガホプレミア」プランとは?

2年縛りなく利用できる

2022年4月より、全プランで2年縛りが廃止されました!

ですから、以前は2年の定期契約があることで割引されるプランが存在しましたが、利用期間問わず同じ料金で利用することができます。

国内で利用できる月間データ通信量が無制限で7,315円

月額料金7,315円/月
月間データ容量無制限

データ通信量3GB/月以下の場合-1,650円割引が自動適用

月額料金7,315円/月
3GB以下時割引-1,650円/月
月額料金5,665円/月

追加料金なしでテザリングを利用できる

テザリング
データ上限
無制限
申込不要

5Gギガホプレミアではテザリングを無料で利用することができます。

また、テザリングを利用するための申込も不要です。

ソフトバンクやauのように、テザリングの上限もないので、テザリングを上限なく利用した場合にお得なプランです。

選べる通話プラン

通話定額
サービス
月額料金プラン内容
なし22円/30秒の通話料発生
5分通話無料
オプション
770円/月1回5分以内の国内通話であれば
24時間いつでも無料
超過時は22円/30秒の通話料発生
※有料ダイアル除く
かけ放題
オプション
1,870円/月国内通話が24時間いつでも無料
※有料ダイアル除く

5Gギガホプレミアの「7,315円」の中には、通話代金は含まれていません

家族割引を組んでいる場合は、国内通話代金が無料となりますが、家族割引を組んでいない場合は、22円/30秒の通話料が別途発生します。

月間の通話頻度に合わせて、通話定額サービスを追加することができます。

通話料金目安

通話時間目安料金
18分792円
43分1,892円

1回あたりの通話が5分以内と短い場合は、合計18分を超えるなら「5分通話無料オプションにご加入いただくことをお勧めします。

また、1回の通話が長く、超過時間が43分を超える場合は「かけ放題オプションにご加入いただく方が通話での追加料金を抑えられます。

「5Gデータプラス」追加でデータをシェアできる

「5Gギガホプレミア」のデータ量をタブレットやモバイルWi-Fiルーター等の端末にシェアしてデータを使うことができるサービスです。

「テザリング」は近くに5Gギガホプレミアに加入中のドコモ契約端末がないと利用できませんが、5Gデータプラスの場合は、シェアする端末SIMカードを差し込んで利用するため、端末同士が離れていても利用することができます。

月額料金1,100円
データプラス側
利用可能データ量
30GB

ただし「データプラス」でシェアされている端末で利用できるデータ容量の上限は30GBまでです。

「5Gデータプラス」のメリット
  • スマホを利用する人とタブレットやモバイルWi-Fiルーターを利用する人が異なる場合に便利
  • テザリングのようにスマホ側の電池の心配不要

「5Gギガホプレミア」で受けられる特典/割引サービス

みんなドコモ割

ドコモを契約中の、ファミリー割引グループ内で条件を満たした回線の数に応じて、月額料金から回線ごとに割引を受けられるサービスです。

ドコモ利用
人数
割引額
1名
2名-550円/月
3名-1,100円/月

ドコモ光セット割/home 5G セット割

ドコモのスマホとドコモ光もしくはホームルーター「home 5G」をセットでご契約いただいている場合に、スマホの対象プラン月額料金より割引になるサービスです。

割引額-1,100円/月

ご加入対象の固定通信サービスは、以下のページをご覧ください。

home 5G セット割

ドコモのスマホと置き型Wi-Fiルーター「home 5G」をセットでご契約いただいている場合に、スマホの対象プラン月額料金より割引になるサービスです。

割引額-1,100円/月

dカードお支払い割

ドコモを対象プランでご契約で、ご利用料金のお支払い方法をdカードもしくはdカード GOLD(家族カード含む)に設定している場合、割引を受けられるサービスです。

割引額-187円/月

子育てサポート割引

ひとり親世帯の方を対象に、携帯電話の毎月のご利用料金を割引するサービスです。

お子様が18歳になるまで毎月割引が入ります。

料金プラン
割引額
-1,100円/月
音声オプション-770円/月

割引適用時料金一覧

3GB~無制限利用(7,315円/月)

割引適用2回線3回線
みんなドコモ割のみ6,765円
-550円割引
6,215円
-1,100円割引
みんなドコモ割
ドコモ光セット割
5,588円
-1650円割引
5,115円
-2,200円割引
みんなドコモ割
ドコモ光セット割
dカード払い
5,478円
-1,837円割引
4,928円
-2,387円割引

ご家族や固定通信サービス、お支払いカードをまとめると、最大「-2,387円割引」されます。

割引を最大限適用させた場合、無制限で4,928円で利用できるので、サブブランドや格安SIM(MVNO)で利用するよりも、データ容量によっては安く利用することができます。

3GB以内の利用(5,665円/月)

割引適用2回線3回線
みんなドコモ割のみ5,115円
-550円割引
4,565円
-1,100円割引
みんなドコモ割
ドコモ光セット割
4,015円
-1650円割引
3,465円
-2,200円割引
みんなドコモ割
ドコモ光セット割
dカード払い
3,828円
-1,837円割引
3,278円
-2,387円割引

ご家族や固定通信サービス、お支払いカードをまとめると、最大「-2,387円割引」されます。

また、3GB以下の利用の場合の割引「-1,650円」を加味すると、3GBまでは3,278円で利用することが可能です。

旧プラン「5Gギガホ」との違い

「5Gギガホ」プランは2021年3月31日に新規受付を終了している旧プランです。

「5Gギガホプレミア」「ギガホプラン」との違いを比較します。

月額料金/サービスの違い

プランの違い5Gギガホプレミアギガホプレミア5Gギガホギガホ2
月額料金7,315円7,205円8,415円7,865円
3GB以下
利用時
5,665円
-1,650円割引
5,555円
-1,650円割引
8,415円
割引なし
7,865円
割引なし
データ容量無制限60GB
超過後1Mbps
無制限
※1
60GB※2
超過後1Mbps
テザリング
上限
無制限60GB無制限
※1
60GB※2
国内通話1回5分
までの通話定額
770円770円770円770円
国内通話
24時間無料
1,870円1,870円1,870円1,870円
  1. 「5Gギガホ」のデータ容量は100GBですが、「データ量無制限キャンペーン」が適用されている場合は無制限で利用できます。
  2. 「ギガホ2」のデータ容量は30GBですが、「ギガホ増量キャンペーン2」が適用されている場合は60GBまで利用できます。

旧プランと比べ、4G LTE・5G用プラン共に、新プランの方が安く利用できます。

「5Gギガホプレミア」と「ギガホプレミア」の差は5G通信・4G通信両方使えるか、4G通信のみしか利用できないかの差で、「ギガホプレミア」の方が110円安く利用できます。

現在旧プランの「5Gギガホ」および「ギガホ2」にご加入中の方は、ご利用中の端末、もしくはご購入予定の端末に合わせて「5Gギガホプレミア」もしくは「ギガホプレミア」にプランを変更していただくことをオススメします。

家族割引の違い

ドコモ加入
家族人数
ギガホプレミアギガホ
2人-550円-550円
3人-1,100円-1,100円

現行プランの「ギガホプレミア」も旧プランの「ギガホ」も、家族割引の金額は同額です。

ですから、元値が安い「ギガホプレミア」「5Gギガホプレミア」にプラン変更した方がお得に利用できるといえます。

ドコモ加入
家族人数
5G
ギガホプレミア
5G
ギガホ
1人7,315円8,415円
2人6,765円
-550円割引
7,865円
-550円割引
3人6,215円
-1,100円割引
7,315円
-1,100円割引

5Gギガホプレミアの注意点

家のインターネットとしての代用にはならない

「5Gギガホプレミア」はテザリングが無料で無制限利用できることが特徴ですが、この使い方はオススメしません

  • 充電しながらテザリングを利用するとスマホのバッテリーの劣化が早まる
  • テザリングを長時間利用すると、端末が発熱しやすい為、故障の原因となる
  • ネットワーク混雑時や大量通信時に通信制限がかかる場合がある
  • Wi-Fi環境が他にない場合、テザリングしているスマホ自体のアップデートができない

以上の事からリスクが高い為、おうちのインターネットの代用に利用することは避けたほうがいいといえます。

新しい料金プラン向けの割引サービス情報は下記をご覧くださいませ。

まとめ

この記事では、ドコモの料金プラン「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」の料金・サービスの詳細と、旧プランの「ギガホ」との違いについて解説しました。

上記全て加味しても、旧プラン「ギガホ」「ギガホ2」を利用している方は、新プランの「5Gギガホプレミア」にプラン変更をしていただいた方が、お得になります。

ここで言えることは

旧プラン「ギガホ」を利用している場合は新プランにプラン変更した方がお得!!

ということです。

他社の使い放題(無制限)プランより「5Gギガホプレミア」がオススメの人

  • 家族がドコモを利用している方
  • テザリングを無制限で利用したい方
  • ひとり親世帯の方
  • ドコモの家族と電話番号を利用して長時間通話する場合

更に安くしたいならサブブランド

ここまで、ドコモの「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」について解説しました。

無制限で利用できる点とご家族や固定通信サービス、dカードでのお支払いをまとめると、サブブランド並みに安く利用できます。

またひとり親世帯には嬉しい「子育てサポート割引」が適用できる場合は、さらにお安く利用することができます。

しかしながら、無制限は必要なく、もっと通信費を安くしたい場合は、auとソフトバンクの「サブブランド」も検討してみると、今よりもさらに安く利用できる可能性があります。

サブブランドに乗り換える目安

  • もっと費用を抑えたい
  • 家族もしくは固定通信サービスのどちらか一方しか割引が適用されていない
  • ドコモ同士の家族間通話をほとんどしないもしくはLINEでの通話がメイン
  • データ容量は無制限は不要/30GB以下に収まる場合
  • 通信品質を今より落としたくない

ワイモバイル

  • 固定通信サービスのセット利用がなくても、どなたかご家族が一緒なら最大割引適用可能
  • 家族割による家族間通話無料は対象外になる
  • メールアドレスをそのまま利用する場合は、月額330円発生
  • ソフトバンクと全く同じ電波・通信品質
  • PayPayアプリとの連携でPayPayポイント還元が受けられる

UQモバイル

  • 家族割による家族間通話無料は対象外になる
  • LINEのID検索が使えなくなる
  • メールアドレスをそのまま利用する場合は、月額330円発生
  • auと全く同じ電波・通信品質

月間データ容量が「無制限」で利用できるのは、今回説明した「ドコモ」と「au」「ソフトバンク」「楽天モバイル」の4社のみです。

最適な料金プランを選ぶための参考になりましたら幸いです。

プラン変更のご相談はドコモショップ、他社と比較した料金のご相談は、フォンシェルジュ提携店舗の「TOP1」へご相談くださいませ。

フォンシェルジュ提携店舗では、料金プランの変更に限らず、ユーザーにピッタリのスマホや料金プランを選んでいただくためのサポートをしております。

是非お気軽にお越しくださいませ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる