【4/1~民法改正】朗報!!18歳からスマホ契約できます!!~親権者同意不要に~

2022年4月1日より、「18歳」から保護者の同意がなくてもスマホ(携帯電話)を契約可能に!!

民法改正により、2022年4月1日以降、成年年齢が「20歳から18歳へ」変わったことをご存じですか?

今まで、スマホを契約したり、携帯に関するお手続きをする際、未成年様のご利用時には「親権者」の同意が必要であったり、「フィルタリングサービス」の加入が原則義務付けられていました。

大学生になって、親御さんなど親権者様と離れた場所で一人暮らしをする方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今までは親権者を書いてもらい、書類を送ってもらったりする必要がありましたが、4月1日以降は必要ありません。

成年年齢が18歳になったことで、18歳以上の方は、スマホの契約や携帯に関するお手続きも親権者の同意なくできます。

それでは、スマホ(携帯電話)の契約にかかわる影響について、具体的に説明します。

目次

民法改正による変更点

民法改正内容(成年年齢関係)

成年年齢の引き下げ(民法第4条)

以下のいずれも20歳から18歳に引き下げ

  1. 1人で有効な契約をすることができる年齢
  2. 親権に服することがなくなる年齢
女性の婚姻年齢の引き上げ(民法第731条)

女性の婚姻年齢を16歳から18歳に引き上げ。

個人開始年齢は、男女共に18歳に統一されました。

【18歳/19歳】スマホ(携帯電話)契約への影響/変更点

「親権者同意書」が不要

未成年の場合は、スマホの契約時に必ず「親権者同意書」が必要です。

成年年齢が18歳に変わったことで、今まで親権者同意書が必要だった「18歳」「19歳」の方も、親権者同意書なく契約することができるようになります。

つまり、親権者の同意なく自由に契約することができます

「フィルタリングサービス」の加入不要

親権者の同意がいらないので、スマホや携帯電話の利用を制限する「フィルタリングサービス」も加入不要となりました。

フィルタリングサービスは、お子様が安心して安全にスマホ(携帯電話)を利用するためのサービスですが、設定によってレベルの強弱があります。初期設定のままになっており、中には使いづらい思いをしていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その分、何かネットに関するトラブルがあった場合も自己責任となりますので、初めてご自身でスマホを変える場合には、店頭でスタッフに相談しながら契約することをお勧めします

親権者の同伴不要

18歳から一人で契約できるようになりますので、もちろん親権者様のご来店も不要です。

クレジットカードの契約も可能

未成年の場合はクレジットカードを契約することができませんでしたが、成年になることでクレジットカードの契約が可能です。

おサイフケータイキャッシュレス決済オンラインショッピングなどでも何かと便利なクレジットカードを、ご自身の名義で契約することができます。

格安SIMカードの契約も可能

格安SIMカード提供会社は、「未成年」名義の契約ができず、支払方法は「クレジットカード決済」のみです。

上記の条件に変更はありませんが、「未成年」「成年」の定義が変わったことで、18歳~19歳の方でも格安SIMカードを契約できるようになりました。

ただし、格安SIMカードや大手通信会社のオンラインプランは、銀行口座振替(口座払い)ができませんので、クレジットカードを発行するまでは、大手通信会社(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)もしくはサブブラン(ワイモバイル・UQモバイル)のいずれかで契約する必要があります。

契約できる通信会社

上記の「スマホ契約への影響」でご説明したように、成年年齢が18歳からとなったことにより、18歳でも格安SIMカードを契約することができるようになりました!

また、スマホ(携帯電話)にかかわらず、おうちのネット(固定通信サービス)契約も上記と同様に手続きできます。

ただし、BIGLOBEモバイルやIIJ mio等の格安SIM提供会社は、お支払い方法がクレジットカード決済のみですので、クレジットカードの発行がまだお済みでない場合は、大手通信会社(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)もしくはサブブランド(ワイモバイル・UQモバイル)のいずれかを選ぶ必要があります。

通信会社【改正前】
契約可否
【改正後】
契約可否
支払方法
口座振替可否
ドコモ
親権者同意書必須
au
親権者同意書必須
ソフトバンク
親権者同意書必須
ワイモバイル
親権者同意書必須
UQモバイル
親権者同意書必須
楽天モバイル
親権者同意書必須

SIMのみ/店頭契約時のみ
BIGLOBE
モバイル
IIJ mio
ahamo
使用者のみ可
povo
使用者のみ可
LINEMO
使用者のみ可

早くに一人暮らしを始めた方や、保護者様と離れて暮らしている場合など、今まで手続きをするにも契約するにも、何かと「同意」が必要でしたが、民法改正により自分ひとりで契約できるようになったのは嬉しい点なのではないでしょうか。

注意事項

18歳から「成年」となるということは、自由度が上がる一方で、責任も増します。

今まで保護者に守られていた点について、全て自己責任となりますので、特に「契約」に関してはスマホにかかわらず以下の点に気を付けましょう。

契約書は必ず全て読んでから署名しましょう

スマホやクレジットカードの契約をする際、動画・WEB・書面のいずれかで「契約内容」「注意事項」を読んだ後、ご署名の上手続きが進められます。

契約が終わって、後から「これ聞いてない!」となった場合も、署名した時点で「全て読んだ上で同意した」事が証明されていますので、ご自身の意思とは違う契約になっていても、自己都合でのキャンセルはできません。

今までは、親権者様が確認した上で判断されていた事が、全てご自身で判断する必要があります。

ご自身で契約する時に、疑問点や不安な点がありましたら、逐一店頭のスタッフへお尋ねください。

オンラインの場合、その場で問い合わせることができませんので、契約内容を確認するためにも、店頭でお手続きいただくことをお勧めします。

携帯料金のお支払い日を確認しましょう

各通信会社によって、携帯料金のお支払日が異なります。

お支払いに遅れてしまうと、スマホ以外の契約審査にも影響が出ます。

場合によってはしばらく携帯電話の契約手続きができなくなってしまう可能性があります。

また、何らかの特典等の目的で、短期間に何度も契約を繰り返すと、「実際に利用する回線ではない」と判断され、いざ実際にご自身で利用したい時に、契約できなくなってしまいますので気を付けましょう。

迷惑メールや不正サイトへのアクセス注意

今まで迷惑メールや不正サイト・有害サイトへのアクセスから守ってくれていた「フィルタリングサービス」がなくなります。

その分、自分で判断する必要があるということです。

iPhone〇〇が当たりました!!」「〇〇当選!!」「おめでとうございます!」「アカウントをロックしました」など、あらゆる手で不正サイトへアクセスさせるような広告が出てきたり、突然「お支払いが確認できません。いつまでに〇〇万お支払いください」といった、架空請求メールが届く可能性もあります。

上記の場合、必ず「無視」して下さい!!

狙われる情報は主に以下の通りです。

  • クレジットカード情報
  • メールアドレス
  • ユーザーID
  • パスワード(暗証番号)
  • 住所・氏名・電話番号
  • SMS認証コード

詳しくは以下の記事をご覧ください。

また、届いた内容に不安がある場合は、一度携帯ショップへご相談くださいませ。

オンライン契約より店頭での契約がお勧めです

上記のように、今まで自分で確認しなくても、親権者が確認してくれていたことで、不利益が生じなかった可能性があります。

18歳から「成年」となることは、自由になる一方で、思いがけず危険にさらされる場合もあります。

ですから、最初のうちはオンラインでの契約は避け、店頭で説明を聞きながらご契約いただくことをお勧めします

まとめ

2022年4月1日以降の変更点についてはご理解いただけましたでしょうか?

携帯電話契約にかかわる変更点や注意事項についてまとめます。

民法改正により変わる事
  • 「親権者同意書」なくスマホ(携帯電話)を契約できる
  • 「フィルタリングサービス」の加入不要
  • スマホ契約時に親権者の同伴不要
  • クレジットカードの契約可能
  • 格安SIMの契約可能(クレジットカード必須)
注意した方がいい点
  • 契約書類を必ず読んでから署名する事
  • 携帯料金のお支払日を確認する事
  • 迷惑メールや不正サイトへのアクセス注意
  • オンライン契約より店頭での手続きがお勧めです

この記事では、民法改正により変わった点について解説しました。

フォンシェルジュ提携店舗のTOP1では、多くの通信会社を取り扱っており、公平公正に比較しながらご利用用途に合った通信会社をご提案しています。ご契約時の疑問点などございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

また、各専門ショップ(キャリアショップ)では、ご契約内容の変更等のお手続きも可能です。

フォンシェルジュでは、今後もスマホに関する情報を配信して参ります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2009年よりモバイル業界で勤務しております。専門ショップや併売店の勤務経験を活かし、料金見直しだけでなく、スマホの操作方法やその他スマホに関するお困りごとについて解決できるよう情報発信して参ります。

目次
閉じる