MENU

【iOS18】新機能まとめ!いつから使える?対応機種は?

  • URLをコピーしました!

本サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事の内容は公平中立を保って作成しておりますので安心してご利用ください。

2024年6月11日午前2時に新しいiOS「iOS18」が発表されました。

明確なリリース時期は未定となっており、2024年秋ごろリリース予定です。

iOS17からiOS18へのアップデートということもあり、かなり沢山の新機能が追加されます。

iOS18の新機能
  • ホーム画面のアプリ配置・色をカスタマイズ可能に
  • コントロールセンターの新機能
  • アプリにロックをかけたり非表示にできるように
  • ロック画面に表示されているショートカットを好きなアプリに
  • 写真アプリが進化
  • メッセージアプリの新機能
  • メールアプリに自動フォルダ分け機能などが追加
  • Safariの新機能
  • パスワードアプリが追加
  • ゲームモードが追加
  • 電話に録音機能と文字起こし機能が追加
  • メモアプリでライブ文字起こしが可能に
  • Apple Intelligence(AI機能)が追加

本記事では、筆者が気になったiOS18の新機能について1つずつ解説していきます。

新しいiOS18が気になる方はぜひ読んでみてください。

目次

iOS18は2024年秋ごろリリース予定

iOS18は2024年秋ごろリリース予定とされており、明確な日付は決まっていません。

筆者としては、おそらく2024年9月のiPhone新シリーズの発売に合わせてリリースされるのではないかと予想しています。

\ちなみにiOS17の時は…?こちらの記事で確認!/

iOS18の対応機種は?

iOS18の対応機種は以下の通りです。

対応機種はこちらです!
iOS18対応機種
  • iPhone 15、iPhone 15 Plus、iPhone 15 Pro、iPhone 15 Pro Max
  • iPhone 14、iPhone 14 Plus、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Max
  • iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR
  • iPhone SE(第2世代以降)

※「Apple Intelligence」は「iPhone 15 Pro」「iPhone 15 Pro Max」のみ対応

ホーム画面のアプリ配置・色をカスタマイズ可能に

ついにiPhoneでもホーム画面のアプリ配置が自由にできるようになりました。

今までのiOSでは、ホーム画面のアプリ配置は上から順番に配置することしかできず、壁紙を隠してしまったり、カスタマイズ性に欠けている部分がありました。

しかしiOS18からは、自分の好きな所にアプリを配置できるようになります!

さらに、純正アプリのみ(最初からインストールされているアプリ)ですが、アイコンの色も変更可能になり、自分だけのホーム画面を作ることが可能です。※サードパーティ製のアプリも対応する可能性があります。

\純正アプリといえば!こちらもお試し下さい/

コントロールセンターの新機能

コントロールセンターが進化して、今まで以上に便利な機能になりました。

今まで1つのページだったコントロールセンターが4ページに増え、レイアウトなども自由に変更できるようになります。

また、ホームコントロール(家の鍵や家電のコントロール)もできるようになり、自宅をIoT化している方には嬉しい機能です。

今までのコントロールセンターは、アラームやカメラ、電卓などの簡易的なアプリしか起動できませんでしたが、よく利用するアプリも起動できるようになるようです。

そのため、コントロールセンターによく利用するアプリを追加しておけば、別のアプリを利用していてもホーム画面に戻ることなく簡単にアプリの切り替えができるようになります。

アプリにロックをかけたり非表示にできるように

iOS18からは、アプリにロックをかけられるようになり、アプリを起動する際にFace IDやTouch ID、パスコードの入力が必要になります。

今までは友達などに「iPhone貸して!」と言われた際、他のアプリなどを起動される恐れがありましたが、この機能をオンにしておけば、他のアプリを起動される心配が減ります。

また、アプリを非表示にすることができるようになり、非表示にしたアプリはホーム画面や、アプリの一覧にも表示されなくなります。

また、通知やSiriの提案にも表示されなくなるので、非表示にしたアプリを他の人に見られる心配がなくなります。

\ロックといえば、こちらも要チェック!/

ロック画面に表示されているショートカットを好きなアプリに

iOS17までは、ロック画面に表示されているショートカットはカメラとフラッシュライトの2つで固定されていますが、iOS18からは、ショートカットに好きなアプリなどを配置できるようになるようです。

カメラのショートカットは使う人も多いと思いますが、フラッシュライトのショートカットは中々使う機会がなかったので、ロック画面に表示されているショートカットに好きなアプリを配置できるのは嬉しいですね。

写真アプリが進化

iPhoneを長年使っていると、写真の数は増えていく一方で、目的の写真を探すのにも一苦労ですよね。

iOS18からの写真アプリでは、最近の日、旅行、人々とペットなど、トピックごとにアルバムを自動的に整理してくれる機能が追加されます。

また、写真をピン留めしておくこともでき、重要な写真やよく見る写真はピン留めしておくと、すぐに見つけることが可能です。

メッセージアプリの新機能

メッセージを送る際にフォントを変更したり、アニメーションを追加できるようになります。

さらに、そのほとんどは入力時に自動的に提案してくれるため、簡単に遊び心あるメッセージを送れるようになります。

また、送信予約もできるようになったので、指定した時間にメッセージを送信できるようになりました。

メールアプリに自動フォルダ分け機能などが追加

メールアプリに自動フォルダ分け機能が追加され、今までよりも重要なメールや探しているメールを見つけやすくなりました。

上記画像のようにプライマリカテゴリが追加され、早く返信などをしなければならないメールや、家族、友人、同僚からのメールをまとめてくれます。

また、プライマリカテゴリ以外にも、ECサイトからの注文履歴のメールや、ニュースレター、不要な迷惑メールをカテゴリ分けしてくれます。

さらに、メールを一覧で見ている時に表示されている最初の文章ですが、メール本文を要約してくれ、一目でどんな内容のメールなのかが分かるようになります!

Safariの新機能

iOS18からのSafariは、検索しているページの関連情報を自動的に検出し、ページ閲覧中にハイライトを表示してくれるようになります。

例えば、どこか行きたい場所を検索したとしましょう。

Safariでは、行きたい場所の情報を検索することができますが、そこまでの道のりはマップで検索したり、電話番号などは検索したページから探さないといけませんでした。

iOS18からは、Safariが自動的に情報をまとめてくれるので、いちいちマップで住所を入力したり、電話番号を探したりする手間が省けます。

また、ページの要約機能が追加されます。

パスワードアプリが追加

iOS17までは「本体設定」から「パスワード」という操作をしないと、iPhoneに登録しているパスワードを見ることはできませんでした。

しかしiOS18からは、パスワードアプリが追加されるので、パスワードを管理するのが今までよりもさらに簡単になりそうですね!

ゲームモードが追加

ついにiPhoneにもゲームモードが追加されました。

ゲームモードをオンにするとどうなる?

  • 起動しているゲーム以外のアプリを最小限に抑えて、iPhoneへかかる負担を軽くしてくれます。
    これによって、バッテリーの減りが遅くなったりゲームがカクつくことなくプレイすることが可能です。
  • 音ゲーでAirPodsを使っていると、流れてくる音とスマホの画面に遅延が発生してしまい、ミスをしてしまうという欠点がありました。
    しかしゲームモードをオンにすれば、AirPodsでも遅延が大幅に短縮され、音が遅れて聞こえるという違和感もなくなりそうです。AirPodsだけではなく、ワイヤレスゲームコントローラーの応答性も向上するみたいです。

電話に録音機能と文字起こし機能が追加

電話アプリに録音機能と文字起こし機能が追加されました。

これによって、重要な電話でも、内容を忘れずに後から確認することが可能です。

しかし、1つだけ注意しなければならないのは、録音をしていることは相手にも通知されるという点でしょう。

そのため、録音機能を利用する際は、あらかじめ相手の方に「電話を録音します」と伝えておくのがベターです。

メモアプリでライブ文字起こしが可能に

iOS18からは、メモアプリで録音機能を使うことで、ライブ文字起こしが可能になります。

ライブ文字起こしとは?

録音している内容をそのまま文字に起こしてくれる機能です。

重要な商談の際や、議事録を取る際に役立ちます。

また、メモアプリ内に計算式を入力すると、即座に解を求めてくれる機能も追加されます。

Apple Intelligence(AI機能)が追加

iOS18からiPhoneにAI機能「Apple Intelligence」が追加されます。

Apple IntelligenceはiPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxのみ対応なので、他のシリーズでは利用できません。

他にもiPhoneにAI機能が追加されることによってできることは以下の通りです。

  • メールなどを入力する場面で文章の書き直しや校正、要約ができる
  • 優先順位の高い通知を一番上に表示する
  • 撮影した写真の背景にある不要なものを削除
  • Siriがさらに進化し、さらに便利に
  • Chat GPTが利用できるように

Siriが進化するという点はかなり便利になりそうです。

例えば「土曜日のバーベキューで撮った写真を〇〇に送って」などと話しかけるだけで、Siriが自動的にしてくれます。

iOS18は気になる新機能がたくさん!

いかがでしょうか?

今回はiOS18の新機能や対応機種、いつからリリースされるのかについて解説させていただきました。

本記事を作成するにあたって、筆者もiOS18について色々と調べていたのですが、iPhoneがさらに使いやすく、便利になりそうな機能がたくさんあり、非常に楽しみです。

リリースは2024年秋ごろということなので、リリースを待ちましょう!

iOS関連
  • rakutenmobilerakutenmobile
  • docomodocomo
  • softbanksoftbank
  • auau
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次