【画像付解説】AirDrop(エアドロップ)の設定方法と使い方~上手く送受信できない時の対処法~

iPhone同士で簡単に写真や動画などを共有できる「AirDrop」の設定方法や使い方について解説します!!

友達に写真を共有したい!

海外旅行中にデータ通信を使わずに情報を共有したい!

iPhoneを使用している中で、このように何か情報を「共有したい」という場合はありませんか?

iPhone同士(Apple製品同士)なら簡単にデータを送受信できる「AirDrop(エアドロップ)」という機能があります。

この記事では「AirDrop(エアドロップ)」の初期設定使い方うまく共有できない場合の対処方法について解説します。

目次

AirDrop(エアドロップ)とは?

「AirDrop」は、iPhoneなどのApple製品同士で、写真や動画等の様々なデータをワイヤレスで送受信できる機能です。

AirDropはこんな時に便利!!

AirDropではこんな時に便利に使える機能です。

  • みんなで撮った写真を共有したい
  • 以前使っていたiPhoneから画像を転送したい
  • お勧めのお店の情報を共有したい
  • iPhoneからパソコン(Mac)に画像を転送したい
  • サイトで見つけた面白い情報を共有したい
  • 海外旅行中でデータ通信を使わないで情報を共有したい

データ通信を使わずに、情報を簡単に共有できる点がAirDropの便利なポイントです。

AirDropで共有できるデータ

AirDropでは多くのデータを簡単に共有することができます。

  1. 写真
  2. 動画
  3. 位置情報
  4. 連絡先
    • iCloudへサインインしている場合
  5. Safariで開いているサイトURL
  6. App Storeのアプリ

AirDrop対応デバイス/OS(バージョン)

AirDropを利用するためには、以下の対応モデルである必要があります。

デバイス機種名対応OS
iPhoneiPhone5以降iOS7以降
iPadiPad Pro
iPad(第4世代以降)
iPad mini以降
iOS7以降
iPodiPod touch(第5世代以降)
MacMacOS X Yosemite以降

AirDrop初期設定

「Wi-Fi」機能がONになっているか

「コントロールセンター」から設定

STEP
「コントロールセンター」を開く

画面右上から左下に向かって画面をなぞる(スワイプ)

STEP
「Wi-Fi」がONになっていることを確認

「設定」から設定

STEP
「設定」を開く
STEP
「Wi-Fi」をタップ(開く)
STEP
「Wi-Fi」がONになっていることを確認

「Bluetooth」機能がONになっているか

「コントロールセンター」から設定

STEP
「コントロールセンター」を開く

画面右上から左下に向かって画面をなぞる(スワイプ)

STEP
「Bluetooth」がONになっていることを確認

「設定」から設定

STEP
「設定」を開く
STEP
「Bluetooth」をタップ(開く)
STEP
「Bluetooth」がONになっていることを確認

「インターネット共有(テザリング)」設定がOFFになっているか

「コントロールセンター」から設定

STEP
「コントロールセンター」を開く

画面右上から左下に向かって画面をなぞる(スワイプ)

STEP
画像枠内を長押しして「インターネット共有」を表示
STEP
「インターネット共有」がOFFになっていることを確認

「設定」から設定

STEP
「設定」を開く
STEP
「インターネット共有」をタップ(開く)
STEP
「インターネット共有」がOFFになっていることを確認

AirDrop機能がONになっているか

「コントロールセンター」から設定

STEP
「コントロールセンター」を開く

画面右上から左下に向かって画面をなぞる(スワイプ)

STEP
画像枠内を長押しして「インターネット共有」を表示
STEP
「AirDrop」がONになっていることを確認

「設定」から設定

STEP
「設定」を開く
STEP
「一般」をタップ(開く)
STEP
「AirDrop」をタップ(開く)
STEP
AirDropの受信方法を設定
受信しないAirDropを利用しない
連絡先のみiCloudの連絡先に保存されている人のみ
すべての人AirDropをONにしている全ての人

AirDropで「連絡先のみ」利用する場合は「iCloud」にログインする必要があります。

万が一ログインするAppleIDやパスワードがわからない場合は、下記をご覧下さい。

共有時の表示名設定

AirDropの送受信の際に、端末で設定している名前が表示されます。

AirDropの受信設定時に「すべての人」を設定している場合、近くにいるAirDropをオンにしている人に名前が表示される可能性があります。

STEP
「設定」を開く
STEP
「一般」をタップ(開く)
STEP
「情報」をタップ(開く)
STEP
「名前」をタップ(開く)
STEP
「名前」を入力

AirDropの操作方法/手順

AirDropでデータを送信する方法

AirDropで送信する方法は、共通しています。

共有マーク」が表示されるものは共有することができます。

STEP
送りたいデータを開く
STEP
「共有」マークをタップ(押す)
STEP
データを送る相手を選択する

AirDropでデータを受信する方法

送られてきたデータを受信する

送られてきたデータの受信を辞退する

AirDrop痴漢に要注意!!

AirDropの受信設定で「すべての人」を選択している場合、すべての人から受信可能な状態となります。

この機能を悪用し、一方的に悪意ある画像や動画を送りつけてくる人が稀にいます。

覚えのない人から送られてきた場合は「辞退」を押しましょう。

AirDropでうまく送受信できない場合の対処法

AirDropでデータを共有しようとした際に、うまく送受信できない場合は、再度以下について確認してみてください。

設定の確認

まずは所定の設定どおりになっているかを再度ご確認下さい。

Wi-Fi設定オン
Bluetooth設定オン
インターネット共有オフ
AirDrop
エアドロップ
オン

スクリーンタイムの「コンテンツとプライバシーの設定」を確認

お子様が利用している端末の場合など、「スクリーンタイム」を設定していると、AirDropの使用が制限されている可能性があります。

STEP
「設定」を開く
STEP
「スクリーンタイム」をタップ(開く)

「スクリーンタイムをオンにする」と表示されている場合は、スクリーンタイムはオフになっているため、AirDropを利用できない原因ではありません。

STEP
「コンテンツとプライバシーの制限」をタップ(開く)
STEP
「パスコード」を入力
STEP
「許可されたApp」をタップ(開く)
STEP
「AirDrop」がONになっていることを確認

デバイス(端末の再起動)

端末の一時的な不具合で利用できない場合があります。その場合は、端末を再起動することで改善する可能性があります。

端末のOS(バージョン)確認

AirDropを利用するためには、送信側も受信側も共に対応している端末・対応しているOS(バージョン)である必要があります。

再度、バージョンをご確認下さい。

デバイス機種名対応OS
iPhoneiPhone5以降iOS7以降
iPadiPad Pro
iPad(第4世代以降)
iPad mini以降
iOS7以降
iPodiPod touch(第5世代以降)
MacMacOS X Yosemite以降

バージョンが古い場合は、OSを最新版にアップデートする必要があります。

その他の要因

基本的に上記を確認できていれば送受信は可能な状態です。

それでも送受信ができない場合は、下記についても確認してみてください。

  1. 送受信する相手の端末との距離が離れすぎていないか
  2. 端末の本体容量が不足していないか
  3. iCloudにサインインしているか
  4. スクリーンタイムの「コンテンツとプライバシーの設定」でAirDropがオンになっているか

この記事では、AirDrop(エアドロップ)の設定方法、使い方、うまく利用できない場合の対処法についてまとめました。

iPhoneに限らず、スマホの操作方法についてご不明点がございましたら、フォンシェルジュ提携店舗の「TOP1」店頭にてご案内可能です。

フォンシェルジュでは、今後もスマホを便利に利用するための情報を配信してまいります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2009年よりモバイル業界で勤務しております。専門ショップや併売店の勤務経験を活かし、料金見直しだけでなく、スマホの操作方法やその他スマホに関するお困りごとについて解決できるよう情報発信して参ります。

目次
閉じる