【店員直伝】スマホの選び方|UQモバイルスマホ徹底比較(2021年4月時点販売モデル版)

スマホを機種変更したり、乗り換えたりしたい。でもスマホの違いがわからなくって、どのスマホを選べばよいかわからない?こんな方の為のスマホの選び方シリーズ。今回は第3回として、UQモバイルのスマホの違いを徹底比較いたします。

スマホの選び方ということで、これから専門用語がいくつか出て参ります。
別途記事の解説(スマホの選び方)に詳しく説明してありますのでまだお読みでない方は是非ご覧ください。

別途記事は全体的な視点から見たスマホの選び方でしたが、今回は機種毎の具体的スペックの違いからUQモバイルのスマホの違いを、2021年4月時点に販売している主力の6モデルにつき解説させていただきます。

目次

スマホのモデルを整理する

UQモバイルでは格安スマートフォン、iPhoneという形で2つにスマホを分類して整理していますが、今回は6モデル全ての販売価格とスペックをまとめて、その中での比較を見ていきたいと思います。

まずは販売価格から

まずは販売価格一覧です。UQモバイルにはauでいうかえトクプラグラムの様な、スマホを後から下取ることを前提にした値引きがありませんので非常にわかりやすいです。

  • MNPの割引特典等、契約条件に絡む割引は加味されておりません。
機種名メーカー価格
iPhone SE
64GB
Apple55,270
iPhone SE
128GB
Apple61,250
Galaxy
A21
SAMSUNG22,000
Galaxy
A41
SAMSUNG33,045
OPPO
Reno3 A
OPPO27,720
Xperia 8
Lite
SONY36,540
AQUOS
sense3 basic
SHARP22,000

値段だけをみると、一番高いiPhone SEとGalaxy A21と比較較すると4万円くらいの差があります。

この違い何か?比較検討すべきポイントはたくさんあると思いますが、以下順を追ってみてみたいと思います。

CPUとRAM

まずは、スマホのサクサクした動きに直結するCPUとRAMから見てみたいと思います。

スクロールできます
機種名CPURAM
iPhone SE
64GB
A13 Bionicチップ3GB
iPhone SE
128GB
A13 Bionicチップ3GB
Galaxy
A21
Exynos 7884B
1.6GHz+1.3GHz オクタコア
3GB
Galaxy
A41
Helio P65
2.0GHz+1.7GHz オクタコア
4GB
OPPO
Reno3 A
Snapdragon 665
2.0GHz+1.8GHz オクタコア
6GB
Xperia 8
Lite
Snapdragon 630
2.0GHz+1.8GHz オクタコア
4GB
AQUOS
sense3 basic
Snapdragon 630
2.0GHz+1.8GHz オクタコア
3GB

ただCPUの型番だけ見てもなんだか全くわかりませんので、UQモバイルの比較でも、CPUとRAMの性能を見るのによく使う、ベンチマークという性能を総合的に測定し数値化するアプリを使って比較しています。

  • 今回もAntntnというアプリを使っています、あくまでも性能の目安としてご理解ください。

結果ですが、iPhone SEが大体45万点くらい、OPPO Reno3 Aが18万点くらい、Galaxy A41が15万点くらい、Xperia 8 Lite、AQUOS sence3 basic、Galaxy A21が11万点くらいの結果でした。

一般的にはこのAntntnというアプリで20万点以下だとスタンダードクラスに位置するレベル、40万点以上あるとハイエンドのスマホに位置するレベルといわれており、スマホのサクサク感としての比較では、UQモバイルの中では高額機種に当たりますが圧倒的にiPhone SEに軍配が上がります。

iPhone SEのスマホのサクサク感は、ドコモやAUで販売されている10万円位するスマホと遜色がありません。逆にスマホのサクサク感としては、Xperia 8 Lite、AQUOS sence3 basic、Galaxy A21の3機種は現状いろいろなキャリアから発売されているスマホの中でも最低限のレベルとご理解いただければと思います。

  • iPhoneのRAMは公表されておりませんが、いろいろなサイトに公開されている情報を参考にしています。ベンチマークの点数が○○点くらいとしてあるのは複数回アプリを動かすと全く同じスコアが出ることはほぼないため○○点くらいと表記いたしました。アンドロイドとiPhoneではOSが異なるためベンチマークアプリでの単純比較は正ではございませんが、今回は性能の目安として採用いたしましたことご了承ください。

カメラとディスプレイ

次はカメラとディスプレイの機能比較をして見てみたいと思います。

スクロールできます
機種名カメラF値画素数パネルインチ解像度
iPhone SE
64GB
広角1.8約1,200万液晶 4.7
インチ
1,334✕750
iPhone SE
128GB
広角1.8約1,200万液晶 4.7
インチ
1,334✕750
Galaxy
A21
広角1.9約1,300万液晶5.8
インチ
1,560✕720
(HD+)
Galaxy
A41
広角
超広角
深度測位
2.0
2.2
2.4
約4,800万
約800万
約500万
有機EL6.1
インチ
2,400×1,080
(フルHD+)
OPPO
Reno3 A
広角
超広角
モノクロ
ポートレート
1.7
2.2
2.4
2.4
約4,800万
約800万
約200万
約200万
有機EL6.4
インチ
2,400×1,080
(フルHD+)
Xperia 8
Lite
広角
望遠
1.8
2.4
約1,200万
約800万
液晶6.0
インチ
2,520×1,080
(フルHD+)
AQUOS
sense3 basic
広角2.0約1,200万液晶5.5
インチ
2,160×1,080
(フルHD+)

スマホのサクサク感での性能で圧倒的な差があったiPhone SEですが、カメラの性能ではOPPO Reno3 A やGalaxy A41に比べるとだいぶ劣ります。

OPPO Reno3 A やGalaxy A41は超広角レンズや深度即位のレンズ(Reno3 A はポートレートと呼んでいますが同じような機能)がついており取れる視野角の広い写真や、背景をボカした写真など、撮れる写真の表現力がレンズが1個のiPhone SEとは大きく変わってきます。

AQUOS sence3 basic、Galaxy A21はカメラも価格相当で現状のスマホの最低レベルのスペックといったところです。UQモバイルの中で、カメラ機能で選ぶならOPPO Reno3 A やGalaxy A41がおススメといえます。

 ディスプレイに関してはカメラ同様OPPROMeno3 A やGalaxy A41それにXperia 8 LiteがFull HD+相当の解像度でありUQモバイルの中では綺麗なディスプレイを搭載しており綺麗な画面で動画や写真を見たい方にはおススメです。

バッテリー、記憶容量他

次はバッテリー、記憶容量、そのほかの機能を見てみたいと思います。

スクロールできます
機種名連続
待受時間
(時間)
バッテリー
容量
(mAh)
ROMPD
対応
防水防塵おサイフ
iPhone SE
64GB
1,82164GB
iPhone SE
128GB
1,821128GB
Galaxy
A21
約4503,60064GB
Galaxy
A41
約4903,50064GB
OPPO
Reno3 A
約3504,025128GB
Xperia 8
Lite
約5902,87064GB
AQUOS
sense3 basic
約1704,00032GB

バッテリーは容量より連続待ち受け時間で判断すると、スマホを充電せず長く使うという視点に上手くはまります。これまでの機能では今一つパッとしなかったXperia 8 Lite が590時間ということでバッテリーが小さい割に電池が長持ちすることがわかります。
スマホを充電せず長く使うならXperia 8 Liteがおススメです。

  • 残念ながらiPhone SEの連続待ち受け時間は未公表で調べることができませんでした。

PD対応というのはUSB PDという急速充電の規格に対応し急速充電ができるというもので、対応の充電器が必要ですが急速充電ができるというご理解をいただければよいと思います。

記憶容量であるROMの大きさでは、OPPO Reno3 Aがおススメです。
逆に、AQUOS sence3 basicはROMも他機種と比べ小さくおサイフケータイにも未対応のモデルとなっております。

まとめ

UQモバイルのスマホをまとめますと、特別なことはせず、スマホを使う頻度も少ないし、機能もほどほどで十分で安価なタイプで、という方にはGalaxy A21の選択がおススメです。

また、カメラやディスプレイにあまりこだわりはないけれど、スマホをとにかくサクサク使いたいという方にはiPhone SEの選択がおススメです。

スペックと価格のバランスを考え、多少のサクサク感は気になるし、SNSにアップする写真もそれなりにきれいな方がいいし、ディスプレイもきれいな方が良いし、写真もたくさん記憶ができる方が良いという方はOPPO Reno3 A の選択がおススメといえます。

上記のセレクトは、スマホ選びにはスペック以外にもデザイン、カラー、大きさ、重さ、いままで変わらない使い勝手等いろいろな基準が他にもあることがわかった上での独断の選択でありますことご理解いただけますと幸いです。

2019年10月の事業法改正により、10万円のスマホを0円で入手することは特別の場合を除きできなくなりました。MNPを使うと最大で2万円までの値引きは各キャリアからありますが、現在のスマホ選びはユーザーである私たちに、自分の使い方(どんな機能を使うか?)を把握し、自分の価値観(大きさやどのくらいのサクサク感を求めるか等)をしっかり持った上で、気に入ったデザインやカラーを選び、自分の予算に合わせ選択していくことが求められていると感じています。


フォンシェルジュでは、これからも皆様が自分にピッタリのスマホを選んでいただく為のいろいろな情報をご案内してまいります。

また、フォンシェルジュ提携店舗のTOP1や各専門ショップでは、ご契約お手続きだけでなく、ご契約時の操作のご案内や設定サポートも承っております。

お近くの店舗までご相談くださいませ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次