【楽天モバイル”0円終了”】povo2.0に乗り換えるべき?どっちがオススメ?徹底比較!

楽天モバイルは5月13日、1GBまでは月額0円で利用できた「Rakuten UN -LIMIT Ⅵ」を2022年6月末で終了すると発表しました。

新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」では3GBまで月額1,078円(税込、以下同様)が最低金額になります。また、既存ユーザーも自動で新プランに移行されるということで大きな波紋を呼んでいます。

これに伴い、ネットでは他社への乗り換えを検討する声が多く挙がっており、中でも月額0円で楽天モバイルと競合であるKDDI「povo(ポヴォ) 2.0」は注目を浴びており、Twitterでのトレンド入りや、申し込み集中による手続き遅延を発表していました。

※5月16日19時、スタッフの増員により解消済み

そこで今回は、最低月額1,078円楽天モバイルRakuten UN-LIMIT VII」と、最低月額0円KDDI「povo 2.0」どちらを利用するべきなのかを比較してきます!

まず初めに各社のサービス内容をそれぞれ見ていきましょう。

目次

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VII

データ容量

現在、楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIを利用している場合、2022年7月1日から8月31日までは引き続き1GB以下の場合のみ0円で利用可能です。

それ以降は以下になります。

データ容量Rakuten UN-LIMIT VII
~3GB1,078円
~20GB2,178円
無制限3,278円
※表記の金額はすべて税込

注意すべき点は、楽天回線エリアでは高速データ通信を無制限で利用できますが、au回線を利用したパートナー回線エリアでは、国内5GBまで、海外2GBまでしか利用できないというところです。(通信量超過後は最大1Mbpsの速度で使い放題)

通話

通話料金は国内通話22円/30秒国内SMS送信3.3円/通(70字まで)です。

通話やSMS送信を頻繁に行う方向けには、以下のオプションが用意されています。

月間で合計25分以上通話をかける方はオプションを付けた方が安くなるので、加入する目安にしましょう。

通話定額15分(標準)通話かけ放題
料金1,100円
通話時間15分以内/回
SMS無料
※表記の金額はすべて税込

かけ放題の初回申し込み時は特典でオプション使用料が3ヵ月無料になります。

「海外⇒海外」「国内⇔海外」の通話を頻繁に利用する方向けには「国際通話かけ放題」というオプションも用意されています。

また、楽天モバイルでは「Rakuten Link」アプリをインストールし、アプリを使って通話を行うことができます。その場合、国内通話と国内SMSが無料になります。

オプション

楽天モバイルでは保障・セキュリティ・サポート・データ通信など様々なジャンルのオプションを扱っています。

保障

スクロールできます
サービス名料金内容
故障紛失保証
with AppleCare Services
715円

1,309円
修理サービスとサポート、盗難や紛失に対する保証を
Appleから直接受けられる
スマホ交換保証プラス715円楽天モバイルで購入したスマホやモバイルルーターの
故障・紛失時に一律6,600円で
最短当日に新品同等の同一機種と交換
持ち込みスマホ
あんしん保証
715円

1,309円
スマホの破損・全損・水没時に
最安6,600円で新品同等の同一機種と交換
あんしん保証
with AppleCare Services
for Apple Watch
240円

430円
修理サービスとサポートを
Appleから直接受けられる
※表記の金額はすべて税込

セキュリティ

スクロールできます
サービス名料金内容
ノートン™ モバイル セキュリティ220円スマホやタブレットを
危険なWi-FiやWebサイトから保護する
あんしんコントロール
by i-フィルター
330円お子さまのスマホ・タブレット利用を見守る
フィルタリングサービス
※表記の金額はすべて税込

サポート

サービス名料金内容
スマホ遠隔
サポート
550円専用オペレーターが
電話で問題解決をサポート
※表記の金額はすべて税込

データ通信

スクロールできます
サービス名料金内容
電話番号シェアサービス550円
90日間無料
1つの電話番号を
iPhoneとApple Watchで共有して利用できる
楽天モバイルWiFi by エコネクト398円日本全国約150,000以上のスポットで
高速インターネットを利用できるWi-Fi接続サービス
データチャージ国内
660円/GB
海外
660円/GB
パートナー回線エリアで消費するデータ容量を
必要な分だけチャージできる
※表記の金額はすべて税込

ここでは有料オプションのみ取り上げますが、便利なオプションが多く揃っており、保障やセキュリティ面でも安心して利用できると言えます。

その他オプションについて詳細はコチラ

メリットとデメリット

楽天モバイルの特徴をメリットとデメリットに分けると以下の通りです。

デメリット
メリット
  • データ使い放題なのが楽天回線エリアのみ
  • エリア内でもまだ繋がりづらいところがある
  • パートナー回線(au回線)では5GB/月まで
  • 料金プランが1つで分かりやすい
  • 無制限でも3,278円という安さ
  • 実店舗があるので店員に相談できる
  • Rakuten Linkアプリで通話とSMSが無料
  • オプションサービスが充実している
  • スマホ本体の購入ができる
  • 契約関連の手数料がかからない
  • 楽天ひかりとのセットで光回線の月額料金が1年間無料
  • 機種代値引きなどのキャンペーンが豊富

ネットの口コミでも「楽天エリアでも電波が繋がりづらい」など電波面での改善を求める声が多く挙がっています。

サービス面ではさすが第4のキャリアと言ったところで、価格に対して充実していると言えます。

povo「povo2.0」

データ容量

現在提供中のプラン「povo2.0」は基本料金0円です。使いたいデータ・通話・コンテンツを”トッピング”という形で追加課金することで利用できます。

まずはデータのトッピングを見ていきましょう。

スクロールできます
データ
トッピング
データ追加
1GB
データ追加
3GB
データ追加
20GB
データ追加
60GB
データ追加
150GB
データ追加
使い放題
使用期間7日間30日間30日間90日間180日間24時間
料金390円990円2,700円6,490円12,980円330円
高速データ
通信容量
1GB3GB20GB60GB150GB無制限
※表記の金額はすべて税込

注意すべきことは以下の2点です。

  • 180日以内に有料トッピングを購入するか、通話料とSMS送信料の合計額が660円を超えなければ、利用停止・契約解除となることがある。
  • 0円0GB時は、送受信最大128kbpsとなる。

何もしなくても0円維持し続けられるではないし、トッピングしないと速度が遅いのね…

通話

通話料金は国内通話22円/30秒国内SMS送信3.3円/通(70字まで)です。

トッピングは2種類用意されています。

通話
トッピング
5分以内
通話かけ放題
通話かけ放題
使用期間なし
毎月自動で継続
なし
毎月自動で継続
料金550円1,650円
※表記の金額はすべて税込

オプション

povoにはオプションというものは設けられていませんが、機種が故障した時に使える「スマホ故障サポート」と、動画コンテンツに特化した「コンテンツトッピング」があります。

故障サポート

スクロールできます
スマホ故障サポート
使用期間なし
毎月自動で継続
料金830円
内容iPhone・Androidスマホが故障、破損、水漏れなど
した場合交換用の端末をお届け
交換負担金iPhone:12,900円/回
Android:5,500円/1回目、8,800円/2回目
※表記の金額はすべて税込

端末交換はトッピング購入の翌月から使用可能で、最短で当日中(原則申し込み完了の翌日)に届くので、非常に対応が速く便利なサービスです。

コンテンツ

スクロールできます
コンテンツ
トッピング
DAZN使い放題パックsmash.使い放題パック
使用期間7日間24時間
料金760円220円
内容DAZNの利用と
DAZN利用中のデータが使い放題
smash.の利用と
smash.のデータが使い放題
※表記の金額はすべて税込
DAZNとは?

好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ&見逃し視聴できる動画配信アプリ。プロ野球・サッカー・F1・テニス・バスケットボールなどのライブスポーツが視聴できます。詳細はコチラ

smash.とは?

スマートフォンでの視聴に特化した短尺のバーティカルシアターアプリ。 音楽・ドラマ・アニメ・バラエティなどの様々な映像作品が視聴できます。詳細はコチラ

通常加入する場合、DAZNは月額3,000円smash.は月額550円となっています。一時的に視聴したい場合はトッピングにした方が安く利用できます。

メリットとデメリット

povoの特徴をメリットとデメリットに分けると以下の通りです。

デメリット
メリット
  • オンライン専用ブランドなので店頭や電話のサポートが受けられない
  • 180日以内に有料トッピングを購入するか、通話料とSMS送信料の合計額が660円を超える必要がある
  • 短期間で大量のデータを利用すると、混雑時間帯に通信速度を制限される場合がある
  • スマホ本体の購入ができない
  • 海外で使えない
  • 口座振替に対応していない
  • auの電波をそのまま利用しているので、MVNOよりも安定して通信を利用できる
  • 他オンラインブランドにはない「データ使い放題」がある
  • 使い方に合わせてトッピングを使い分けられる
  • 契約関連の手数料がかからない※1
  • オペレーターとのチャット相談を利用できる

※1 auまたはUQ mobileからの移行時は「契約解除料」「番号移行手数料」「新規事務手数料 (SIMパッケージ料金)」が一度請求されますが、翌月以降に利用料金から割引されます。

povoと楽天モバイルの比較

これまでの内容から、項目ごとに比較すると以下のようになりました。

それぞれオススメできる人

2社それぞれオススメできる人の特徴をまとめるとこのようになります。

楽天モバイルpovo
毎月のデータ通信を20GB以上使う人
毎月のデータ通信を無制限で安く使いたい人
国内通話のかけ放題を無料で利用したい人
自分でプランを管理するのが苦手な人
店頭でサポートを受けたい人
セキュリティなどのオプションを使いたい人
キャリアメールを使いたい人
クレジットカードを持っていない人
毎月のデータ通信を3GB以上使わない
国内通話をほとんど使わない
プランを月ごとに自分でカスタマイズしたい人
店頭に行かなくても手続きできる人
オプション使わない人
キャリアメールを使わない人
クレジットカードを持っている人

つまり、これまでのデータ使用量が1GB以下で、店頭サポートやオプションを活用したことが無い人はpovoに移行した方が向いており、安く利用できます。逆に、データ使用量が3GBを超える月があったり、Rakuten Link・店頭サポート・オプションなどを活用していたという人は楽天モバイルを利用した方が安く済む可能性が高いです。

どちらの通信会社を選ぶかは「現在の利用状況次第」になるので、まずは現在どのように使っているのかを店頭・Webなどで確認してみましょう。

利用状況によっては他の通信会社の方が向いている場合もあります。povo以外は以下の記事で比較しているので是非ご覧下さい。

フォンシェルジュ提携店舗のTOP1楽天モバイルショップでは、1人1人に合った通信会社のご案内を行っています。自分で選ぶのは少し難しいかな…と感じる方は、まずは1度店舗にお気軽にご相談下さい♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる