iPhoneストレージが急に増えた原因は?システムデータを減らす方法を解説!

  • URLをコピーしました!

本サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事の内容は公平中立を保って作成しておりますので安心してご利用ください。

目次

iPhoneストレージのシステムデータ(その他)が急に増える原因

iPhoneストレージのシステムデータ(その他)が急に増えてしまう原因は主に3つあります。

  • iOS16以降にアップデートをした
  • データの移行や復元をした
  • iPhoneの不具合

では、1つずつ詳しく解説していきます。

iOS16以降にアップデートをした

iOS16移行にアップデートすると、iPhoneのシステムデータが急に増えるという現象が報告されています。

そのため、iPhoneストレージのシステムデータ(その他)が増えた方は、直近でiOSのアップデートをしていないか思い返してみましょう。

もしも直近でiOSのアップデートを行っていた場合は、そのアップデートが原因かもしれません。

現状で具体的な対策があるわけではありませんが、iPhoneの一時的な不具合の場合が多く、iPhone本体の再起動などで、システムデータ(その他)の容量が元に戻る場合があります。

iOS16以降にアップデートした人は、一度iPhoneの再起動を試してみましょう。

48時間以内にデータの移行やiPhoneの復元をした

Appleサポートによると、iPhoneでデータ移行や復元を開始して間もない場合、iCloudからファイルをダウンロードする過程で、iPhoneのストレージ容量を一時的に確保する場合があるとのことです。

そのために確保された空き容量が、一時的にシステムデータの使用量として表示されており、一時的にiPhoneのシステムデータ(その他)の容量が増えてしまっているという訳です。

この場合、48時間を経過すると、一時的に確保されたシステムデータ(その他)は順次解放され、最終的にシステムデータ(その他)として表示されなくなるようです。

そのため48時間以内に、データ移行やiPhoneの復元をしたという場合は、48時間以上経過した後に再度確認してみましょう。

iPhoneの不具合

最近iPhoneをアップデートをしていない!

48時間以内にデータの移行や復元をしていない!

こういった方の場合、iPhoneの不具合が原因で、iPhoneストレージのシステムデータ(その他)が増えてしまっている可能性があります。

この場合、iPhoneの再起動や、iPhoneのアップデートを行うと、正常なシステムデータ(その他)に戻る場合があります。

一度、iPhoneの再起動や、iPhoneのアップデートを試してみましょう。

iPhoneのシステムデータ(その他)を減らす方法は?

iPhoneのシステムデータ(その他)とは?

iPhoneを使っていると、知らず知らずのうちに増えていってしまうデータです。

同じiPhoneを使い続けている場合、気がつくとiPhoneストレージの大容量を占めてしまっている場合があります。

そのため、システムデータ(その他)を減らすため、定期的にiPhone内のデータの整理をしましょう!

データの整理といっても、写真や動画の削除や、アプリの削除ではありません。

iPhone内に貯まっているキャッシュを削除していくことで、iPhoneストレージのシステムデータ(その他)を減らすことができます。

iPhoneストレージのシステムデータ(その他)を減らしたいときに効果的な対策をまとめてみました!

iPhoneストレージの
システムデータ(その他)を減らす方法
  • Safariのキャッシュをクリアする
  • LINEのキャッシュをクリアする
  • X(旧Twitter)のキャッシュをクリアする
  • 添付ファイル付きのメールを削除する
  • メッセージの履歴を削除する
  • 使ってないSiriの音声言語を削除する
  • 位置情報のシステムサービスデータを削除する
  • プライバシーレポートの履歴を削除する
  • ソフトウェアアップデートをしてみる

では1つずつ詳しく解説していきます。

Safariのキャッシュをクリアする

Safariを使っていると、読み込み速度の向上などのため、キャッシュが保存されていきます。

Safariのキャッシュクリアを行うと、閲覧したWebサイトの履歴や、最近の検索内容、Cookie、通知送信の許可などが削除され、データを減らすことができます。

ここに注意!

Webサイトのログイン情報も削除されるため、キャッシュクリアした後にWebサイトにログインする際は、再度ログインが必要です。
そのため、IDやパスワードが分からないWebサイトがある場合は、キャッシュクリアする前に確認しておきましょう。

Safariのキャッシュクリア方法は以下の通りです。

STEP
本体設定を開く
STEP
Safariをタップ
STEP
下の方にスクロールし「詳細」をタップ
STEP
「Webサイトデータ」をタップし「全Webサイトデータを削除」をタップ
STEP
「今すぐ削除」をタップ

以上でSafariのキャッシュクリアは完了です。

LINEのキャッシュをクリアする

LINEのキャッシュ削除はLINEホームの「設定」からできます。

LINEのキャッシュを削除すること自体にデメリットはありません!

しかし、友達から送られてきた保存期間内の写真・動画であっても一度も表示したことがないものは閲覧できなくなってしまうものもあるようなので、注意が必要です。

後で確認したい写真や動画は一度表示させてから、キャッシュを削除しましょう。

削除方法は以下の通りです。

STEP
LINEのホームから右上の歯車マークをタップ
STEP
「トーク」をタップ
STEP
「データの削除」をタップ
STEP
キャッシュの横にある「削除」をタップ

これでキャッシュの削除は完了です!

キャッシュの下にある写真や動画の横の削除は絶対に押さないようにしましょう!

写真や動画のデータを削除してしまうと、今まで送られてきた写真や動画が見れなくなってしまいます。

X(旧Twitter)のキャッシュをクリアする

X(旧Twitter)の削除は、Xアプリから行うことができます。

X(旧Twitter)のキャッシュクリア方法は以下の通りです。

STEP
Xを開き、左上の自分のアイコンをタップ
STEP
「設定とサポート」をタップ
STEP
「設定とプライバシー」をタップ
STEP
「アクセシビリティ、表示、言語」をタップ
STEP
「データ利用の設定」をタップ
STEP
「ストレージ」に表示されている「メディアストレージ」と「ウェブサイトストレージ」をタップ
STEP
タップしたストレージ内の「すべての〇〇ストレージを削除」をタップ

以上で完了です!

添付ファイル付きのメールを削除する

メールに添付されているデータもシステムデータ(その他)に含まれている可能性があるため、添付ファイル付きのメールで、不要なメールがある場合は削除しておきましょう。

削除方法は以下の通りです。

STEP
「メール」アプリを開く
STEP
左下のフィルターマークをタップ
STEP
画面下部の「適用中のフィルタ:〇〇」をタップ
STEP
「添付ファイル付きのみ」をオンにして、右上の完了をタップ
STEP
右上の「編集」をタップして、要らないメールを選択していく
STEP
選択が完了したら右下の「ゴミ箱」をタップ
STEP
左上の「戻る」や「メールボックス」をタップし「ゴミ箱」をタップ
STEP
編集を押して「すべてを選択」をタップ
STEP
「削除」をタップして「すべてを削除」をタップ

以上で完了です!

メッセージの履歴を削除する

iPhoneに標準搭載されているメッセージアプリの履歴を削除すると、iPhoneのシステムデータ(その他)を減らすことができます。

メッセージアプリの履歴削除方法は以下の通りです。

STEP
本体設定を開く
STEP
「一般」をタップし、「iPhoneストレージ」をタップ
STEP
「メッセージ」をタップ
STEP
削除したいデータをタップし、「右上の編集」をタップ
STEP
不要なデータを選択し、右上のゴミ箱マークをタップ

以上で完了です!

位置情報のシステムサービスデータを削除する

STEP
本体設定を開く
STEP
「プライバシーとセキュリティ」をタップ
STEP
位置情報サービスをタップ
STEP
「システムサービス」をタップ
STEP
「利用頻度の高い場所」をタップし、iPhoneのパスコードを入力
STEP
「履歴を消去」をタップし、もう一度「履歴を消去」をタップ

以上で完了です!

筆者のiPhoneでシステムデータ(その他)がどのくらい減るのか試してみた!

それでは今回紹介したシステムデータ(その他)を減らす方法を、筆者のiPhoneで行い、システムデータ(その他)がどのくらい減るのか検証してみましょう!

検証に使ったのはiPhone 13 Proで、iOSは17.4のiPhoneです。

現状のシステムデータ(その他)は「9.8GB」となっています。

では、紹介したシステムデータ(その他)を減らす方法を全て試してみます。

スマホの操作に慣れている方であれば、5分もあれば紹介した全ての方法を終わらせることができるでしょう。

筆者も5分程度で終えることができました。

全てのシステムデータ(その他)を減らす方法を試してみた結果、システムデータは「8.71GB」まで減らすことができました!

約1.1GBの容量をこんな短時間で減らせるのにはびっくりしました。

システムデータ(その他)の容量が多くて困っている方は、試してみる価値ありですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はiPhoneストレージが急に増えた原因と、システムデータ(その他)を減らす方法について解説させていただきました。

では、本記事のまとめです。

iPhoneストレージの
システムデータ(その他)が急に増える原因

  • iOS16以降にアップデートをすると、システムデータ(その他)が急に増えることがある
  • 48時間以内にデータの移行やiPhoneの復元をした
  • iPhoneの一時的な不具合でシステムデータ(その他)が急に増えることがある

iPhoneのシステムデータ(その他)を
減らす方法は?

  • SafarやLINE、X(旧Twitter)iのキャッシュをクリアする
  • 添付ファイル付きのメールを削除する
  • メッセージの履歴を削除する
  • 位置情報のシステムサービスデータを削除する
  • 筆者のiPhoneでシステムデータ(その他)を減らす方法を試してみたところ、1.1GBのデータを削除することに成功
店舗来店予約
  • rakutenmobilerakutenmobile
  • docomodocomo
  • softbanksoftbank
  • auau
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次