光回線の工事って何するの?新規申し込みから開通までの流れを徹底解説!

お家の固定インターネットの中で利用者数が最も多い光回線。通信速度の速さと通信の安定性がNo.1の回線で、テレワークやWeb会議などが普及する昨今、導入を検討されている方も多いのではないでしょうか?

申し込む時はまず何をしたらいいの?工事ってどんな内容?費用はどのくらい?

そのお悩み、フォンシェルジュが解決します!

今回は「申し込みから利用開始までの流れ」「工事の内容と費用」の2つにポイントを絞って解説していきます。

目次

申し込み〜利用開始までの流れ

STEP
光回線事業者を選ぶ

インターネットを利用するためには、回線事業者プロバイダー事業者の契約が必要になります。

回線事業者はインターネットの回線(線路)を提供してくれる事業者のことで、プロバイダー事業者はインターネットに接続するための窓口(駅)のような役割をする事業者です。

代表的な回線事業者
  • NTT東日本・NTT西日本(フレッツ光)
  • KDDI(auひかり)
  • So-net(NURO光※1
  • 電力会社系(コミュファ光)

()内はサービス名

※1NURO光はプロバイダーがSo-netに固定されています。

代表的なプロバイダー事業者
  • BIGLOBE
  • Yahoo!BB
  • So-net
  • OCN
  • ぷらら
  • @nifty

2015年2月からはプロバイダーがNTT東日本・西日本から光回線を借りてプロバイダーとセットで提供する「光コラボレーション」(通称:コラボ光)が始まり、今では主流となっています。こちらのサービス名も聞き馴染みがある方が多いのではないでしょうか。

代表的な光コラボレーションサービス
  • ドコモ光
  • SoftBank光
  • So-net光
  • BIGLOBE光
  • @nifty光
  • 楽天ひかり
  • OCN光
  • ぷらら光

つまり、光回線事業者を決める場合は

  1. NTT東日本・NTT西日本
  2. 独自の光回線を提供している事業者(KDDI・so-net・電力系など)
  3. 光コラボレーション事業者

上記いずれかの中から選ぶことになります。

光コラボレーション事業者と契約すると、各社スマホの料金に割引が入ったり、サポート先や支払いの窓口が1つにまとまるなどのメリットがあります。自分のスマホの料金に割引きが入る事業者がどこなのかを確認しましょう。

気になる光事業者が見つかったら、利用予定の建物が提供エリア内なのかを事前に確認する必要があります。賃貸など集合住宅の場合は、管理会社や建物のオーナーに工事をすることの確認が必要になることもあります。エリアは店頭・Web・カスタマーセンターで確認することができます。

KDDIのauひかりについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧下さい。

STEP
プランやオプションを決める

光回線のプランは、住んでいる建物によって戸建てプラン集合住宅プランかに分かれ、それにより基本料金が変わります。

オプションは数多くあり、固定電話やテレビをまとめるのかWi-Fiルーターのレンタルを申し込むのか各携帯会社とのセット割引を申し込むのかなど、お客様の利用状況によって必要なものが変わってきます。

申し込んだ後から気付くと取り返しがつかない場合もあるので、必ず事前に店頭やカスタマーセンターで最適なプランやオプションを確認しましょう。スマホを持っている方は、割引が入るプランかどうかの確認も必要ですので、まとめて相談が可能な携帯ショップの窓口での相談をオススメします。

STEP
光回線を申し込む

光回線事業者・プロバイダー事業者・プランとオプションまで選び終えたらいよいよ契約を申し込みます。キャリアショップ併売店家電量販店などの店頭か、インターネット電話で申し込むことができます。

スマホとのセット割引の相談や申し込み、請求先のおまとめなど一部店頭でしか手続きできない内容もあるため、二度手間にならないよう店頭以外で申し込む際は注意が必要です。

申し込み時に工事日程の予約も行います。申し込む事業者や時期にもよりますが、基本的に各社とも2週間後以降の日程になります。すぐにネット環境が必要な場合、光回線が開通するまでの間モバイルルーターやホームルーターをレンタルできる事業者もあるので、事前に確認しましょう。

STEP
開通工事

工事予定日に作業員が訪問してきて工事を行います。こちらの詳細は次項をご確認下さい。

STEP
ルーター等の機器の接続

Wi-Fiルーターを購入またはレンタルした場合、ONUと呼ばれるものにWi-Fiルーターを繋ぐと、スマホ・パソコン・ゲーム機・テレビなど様々な端末でWi-Fiが利用できるようになります。Wi-Fiルーターの設置は、同梱されているガイドを見ればかんたんに接続することができます。

もしどうしても難しければ、契約した光回線事業者で有料派遣サポートを行なっている場合があるので、各事業者にご相談下さい。

STEP
スマホやパソコンなどと接続

お持ちのスマホ・パソコン・ゲーム機・テレビなどの端末の設定画面からWi-Fiに接続します。ルーター背面や底面に記載されているSSID(Wi-Fi名)とパスワードを入力するだけで、かんたんに接続ができます。

ルーターをお持ちでない場合は、ONUに直接LANケーブルを繋いで有線接続をすることが可能です。※2

※2LANポートが1つしか無いので1台のみ。

STEP
利用開始

Wi-Fi環境の完成です!

工事の内容

工事当日の流れと内容は、戸建てタイプ集合住宅タイプかによって変わります。

戸建てタイプの場合

STEP
工事担当者が訪問

工事当日に作業員と工事内容の確認をし、問題がなければ工事が始まります。

立ち会いは契約者でなくても可能ですが、外壁に穴を開ける可能性もあるので、その判断が出来る方が良いでしょう。

STEP
引き込み場所の確認

作業員が光ケーブルを電柱から家の外壁に引き込みます。光ケーブルの引き込みには、空きがあれば電話用の配管を利用し、無ければエアコンダクトを利用します。どちらも不可能な場合、壁に1cm程度の穴を開けて引き込む場合があります。

また、配線を固定する引留金具などを取り付ける場合もあります。

STEP
光コンセントの設置

光ケーブルの引き込みが出来たら、宅内の作業に移ります。電話線のモジュラージャックや、コンセントのパネルを取り替え、壁に光コンセントを取り付けます。場所を選びたい方は作業員に相談してみましょう。

STEP
ONUの接続、開通テスト

設置した光コンセントにONUを接続し、開通テストを行います。

ONUは光信号とデジタル信号を相互変換するもので、インターネットの利用に必要不可欠です。

STEP
実施した内容の説明

作業員から作業内容の説明があり、工事は終わりです。訪問からおおよそ1時間で終わります。

集合住宅タイプの場合

STEP
工事担当者が訪問

工事当日に作業員と工事内容の確認をし、問題がなければ工事が始まります。

STEP
光ケーブルの引き込み

集合住宅の場合、光ケーブルは予め共有スペースまで引き込まれています。そのMDF室という集合住宅の配線をまとめている共有スペースから、各部屋に配線を行います。

STEP
光コンセントの設置

光ケーブルの配線が出来たら、宅内の作業に移ります。電話線のモジュラージャックや、コンセントのパネルを取り替え、壁に光コンセントを取り付けます。

元々光コンセントが設置されているマンションでは、立会い工事無しで済む場合もあります。

STEP
ONUの接続、開通テスト

設置した光コンセントにONUを接続し、開通テストを行います。

ONUは光信号とデジタル信号を相互変換するもので、インターネットの利用に必要不可欠です。

STEP
実施した内容の説明

作業作業員から作業内容の説明があり、工事は終わりです。訪問からおおよそ30分で終わります。

工事にかかる費用

新規で光回線を申し込む場合にかかる最大工事費とキャンペーンの有無を以下にまとめています。工事費のキャンペーンは完全無料の場合と実質無料の場合があり、還元方法も「キャッシュバック」「ポイントバック」「月額料金から値引き」など、事業者によって内容が異なります。適用条件もそれぞれですので、必ず事前に確認しましょう。

光回線戸建てタイプ集合住宅タイプ工事費キャンペーン
ドコモ光19,800円16,500円
SoftBank光26,400円26,400円
BIGLOBE光33,000円29,700円
@nifty光19,800円16,500円
楽天ひかり19,800円16,500円
OCN光19,800円16,500円
ぷらら光19,800円16,500円
フレッツ光19,800円16,500円
auひかり41,250円33,000円
NURO光44,000円44,000円
2022年4月1日時点

上記に加え、インターネット回線を通して地デジやBSなどのテレビを見る場合は追加で10,000円~30,000円程度。インターネット回線を使った電話サービスを利用する場合も1,000円~3,000円程度の工事費がかかります。

工事費は最大60回まで分割支払いが可能な事業者もあるので、その場合は初期費用の負担は少なく済ませることができます。

まとめ

今回は光回線を申し込んでから利用開始までの流れ工事の内容と費用についてまとめてみましたが、いかがでしたか。一般的に工事と言われて思い浮かべるような大掛かりな作業は無く、自分でやらなければいけない難しい作業もありません。光回線を導入すれば自宅で快適にインターネットを使うことができるので、自分にピッタリの事業者がどこなのか、是非1度店頭で相談してみて下さい。

フォンシェルジュ提携店舗のTOP1や各キャリアショップでは、光回線のご契約手続きも可能です。

今後も皆様の参考になるような記事を更新してまいります♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次